FC2ブログ

十五夜

いよいよ、今夜は中秋の名月、十五夜です。

今月のお題、「月見だんごを味わいながら、十五夜を楽しんだ。」を実践しましょう。

そもそも、月を愛でる習慣は、日本だけではなく中国やアジアの国々で昔から行われています。
とくに、この中秋の月を愛でる習慣は、中国の中秋節(陰暦8月15日)で月を祭る習慣からきているのでしょう。中国では、この中秋節に月餅を食べて、月を祝います。

陰暦(旧暦)では、月の満ち欠けで新月から満月を経て次の新月に至るまでをひと月とし、
1~3月・・・春
4~6月・・・夏
7~9月・・・秋
10~12月・・・冬
としていました。

このうち、秋にあたる旧暦7~9月については、
7月 初秋
8月 仲秋
9月 晩秋
と呼び、その真ん中の仲秋の満月の日を「秋の中日」ということで「中秋」と呼びます。現代の新暦では、一月遅れて9月が仲秋にあたり、今年は、本日9月19日がちょうど満月となります。もちろん、旧暦では満月となるのが15日ですから「十五夜」です。

ですから、「仲秋の名月」と書くと間違いで、正しくは「中秋の名月」です。

十五夜

中国から伝わった中秋節のお祝いは、平安時代に貴族の宴などに取り入れられ、観月の宴や舟遊びの歌会などに取り入れられ、それが一般に広まったようです。ちなみに、当時は、直接月を見るのではなく、盃や池の水面に映った月を愛でたようです。

一般に広まった「お月見」は、ちょうど秋の収穫の時期であることから、収穫の感謝を表して芋や米粉で作っただんごを月にお供えする習慣となったようです。
つまり、「お団子は、お供え物」であって、けっして「味わいながら観月する」わけではありません!(笑)

ススキを飾るのは、稲穂に似ているからだそうですが、昔はやたらと生えていたススキも、最近は都会では「購入する」ものになってしまいました。


普段は、十五夜なんて気にもせず過ごしてきましたが、今年はせっかくですので、パイロットのお題のとおり、月見だんごくらいは用意するとしましょう。

月見だんごも、地域によっていろんな形があるようです。
一般的なのは、三方の上に丸いおだんごをピラミッド型に積んだものですね。

いくつ積むかにも、諸説あるようです。
その年に出る満月の数・・・12個(うるう年は13個)
十五夜にちなんで・・・・・15個
が一般的なようです。

だんごは、収穫の感謝を表す意味で、米粉である上新粉を使います。最近は、「だんご粉」として売られているものもあります。

だんご粉

200gほどを150mlの水で練り、適当な大きさに丸めて茹でます。

茹でる

最初は、沈んでるだんごが、浮いてきたらさらに2~3分茹でて水にとって冷やします。

月見だんご

本来は、三方に紙を敷いて並べますが、普通にお皿やお盆に半紙を敷いて積みました。
月の良く見える場所やそこから近い床の間など、「お供え」に相応しいところに供えましょう。
もちろん、お供えした後は、餡やきなこ、みたらしなどをつけて美味しく頂きましょう(^^)



・・・あ、月見酒を買うの忘れてる!こっちの方が大事!!
行ってきま~すε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR