FC2ブログ

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2017年6月課題)

パイロット6月の課題研究、楷書編です。

4月に始められた方は、初めての級位がついて、そろそろネットでいろんな検索をし始めるころではないでしょうか。そうやって当ブログへたどり着かれた方もいらっしゃると思います。

当ブログは、パイロットの講座からペン習字を始めて5年目の私の個人的な学習ノートです。ブログで公開しているのは、通信独学では他の人がどんな練習しているのかよく分からないので、情報公開のつもりで書いています。この課題研究も、本来は自分のために書きとどめておきたいことを、皆さんにも見ていただくべくブログ向けに文章として書いています。

5年目なりに、初級の方へのアドバイスにもなればと思って書いてますが、あくまで私の学習ノートですので、書いてあることだけを鵜呑みにせず、是非皆さんそれぞれでも検証してください。

さて、今月の課題は、「夏至の夕べに、蛍狩りの会が 開催されました。」です。

わかくさ通信の「課題の注意点」
・「の」を極端に小さくしないように!(あ、自分だ(´・ω・`))
・「蛍」のかんむりや「狩」のけものへんの書き方・書き順に注意!

誤字・脱字・規定外注意報!

・課題の注意点にある、「蛍」「狩」の書き方に注意!
・○「夏至の夕べ」です!×「夏の夕べ」としないように!
・○「蛍狩りの会が」です!×「蛍狩りが」にならないように!

では、漢字比較です。

IMG_20170606_0001.jpg IMG_20170606_0002.jpg

「夏」は、1画目を長く、中心に注意して「なつあし・すいにょう」を書きます。「なつあし」は私もよく直されますが、ゆったりとお手本よく見て書きましょう。「なつあし」の1画目の左払いと2画目の左への払いは角度を変えて書きます。右払いは、1画目の終筆の高さと同じあたりから払いだします。
「至」は、扁平にならないようにしましょう。江守先生の楷書の基本100パターンによると、最終画のヨコ画はあまり長くせず、字の外形が縦長な形になるように書くのが古典の形だそうです。現代では、最終のヨコ画を長く書いてどっしりした台形に書くようになりましたが、あまりに横長だとバランス悪くなります。
「蛍」のかんむり(「つかんむり?」)は、新字体になってできた形で、元(旧字体)では違う形で書いていました。旧字体で書くと誤字になるので注意しましょう!(書かないと思うけど・・・)。書き順は、カタカナの「ツ」に「わかんむり」です。
「会」の「ひとやね・ひとがしら」の書き方に注意しましょう。頻出ですが、意外と難しいので是非何度も書いてマスターしたいものです。右払いは左払いより上になります。
「開」の「もんがまえ」もよく使うけれど、なかなか正しく書けていないので、とくに初心者の方は注意しましょう。活字では「門」の真ん中は詰まってますが、正しくは三等分になるくらいにしっかり間を空けましょう。中の鳥居は、大きくなり過ぎないように。「もんがまえ」の中にほどよく空間を作った方が綺麗です。
「催」は、「ふるとり」隹の書き方に注意しましょう。縦画は長めに下へ出ます。ヨコ画は、上から「中・短・短・長」です。

【ワンポイント講座】

ネタ切れです(+o+)
もっとレベル下げてみます。

毎年、ペン習字をパイロットの講座で始めた方とネットやTwitterでお会いします。その中には、「始めたばかりで字が汚い」とおっしゃりながら、私にはとても真似できない立派な楷書を書いていたり、逆に自分が始めたばかりの頃を懐かしく思い出すホッとする字の方もいらっしゃいます(^▽^;)

そう、同じ「初心者」とか「字が汚くて(;´Д`)」とか言ってても、スタートの時点でレベルが様々なんです。

「私字が汚くて・・・」と言いながら、お手本見ながら書いたら、そこそこ書けちゃうアナタ!そう、そこのアナタ!あなたは、既に段位レベルの実力をお持ちです。自信を持って、昇格がストップするまでペン習字の理論を勉強しましょう!昇格がストップしたところがあなたの実力です。ストップしたら、自分に何が足りないのか、蓄積した理論で分析しましょう。あなたなら、1~2年で最高段位へ昇ることができます。そしたら、是非、本格的な競書誌や展覧会への出品に挑戦しましょう。

さて、「私字が汚くて・・・」と言いながら、本当に一字一字書くのに手が震えちゃって、ペンが思うように動いてくれない、そんなあなたの練習法を今一度見直しましょう。

1、いきなり一文全部を書くのはやめましょう!

上手い人は、いきなりお手本自作して、いきなり課題文を書いて、「いやーん、汚いわ」と写真をアップします。それを真似してませんか?一字一字書くのが手が震えちゃって満足に書けていないのに、上手い人の書く真似をいきなりできるわけがありません。お手本は作ってもいいですが、まずは一字一字、それが退屈なら文節に区切って練習しましょう。

たとえば、「蛍」という字
 蛍手本2
(B系統)

お手本見て、その通りに書けますか?
蛍1
書いてみた字をお手本と見比べましょう!穴が開くまでじーーーーーっと見比べましょう。全然違うので、イヤんなってきます(;´Д`)(←そりゃそうでしょう)

これをどこまでお手本に近づけるかなのですが、そんなの簡単にはいきません!
簡単にはいかないのですが、これを毎月続けていって、何年後かにはお手本みたいに書けるようになることを目指すのがペン習字の練習です。

最初は、とりあえず形だけでも似せましょう!お手本とじーっと見比べながら、「おっ!なんか書けそう!」と思ったら、ゆーっくりお手本と同じ位置に線がくるように書いて・・・
蛍2
ほらほら、だいぶ、近づいてきました。でも、まだお手本とはなんか違います(+_+)

どこが違うか、よーーーっく見て・・・「ここだ!」と思ったら、またゆーっくり形を意識して・・・。
蛍3
とりあえず、なんかそれっぽくなりました\(^o^)/・・・これをすべての字について毎日書きましょう!

2.形が似て来たら、字のルールをチェックしましょう!

どちらの夏が綺麗ですか?
夏1

え?どっちもどっちって?(~_~;)そうなんだけど・・・いや!どっちでしょう!!?(←え、無理やりですか?)

答えは、こうです(←ほんとですかぁ?(一一"))
夏2
左は、線は綺麗かもしれませんが、字の基本ルールが分かってないので、大減点です。右は、線は歪んだりしてますが、ちゃんと字のルールを守って書いてるので線で減点されても左よりかは(たぶん、おそらく)評価が高くなります(←当社比)

字のルールについては、出来る限り上の漢字比較でチェックしてあります。まずは、これを書けるように練習しましょう。これを守らずして「さらさら、カッコよく文を書く」なんて、百万年早いのです(-_-メ)(←お前だってこういう基礎練習しなかったくせに!(-ω-))

もちろん、いきなり今回書けるようにならないかもしれません。一文字ずつ練習するのは退屈だから、文で書いても構いません。でも、文を書く練習をするとともに、一字一字こういうところを直していく努力をしないと、何百回、何千回書いても、実は字って上手くはならないんです(+o+)(←ならなかったのね(^▽^;))

↓ひらがなの「あ」一文字書けるようになるために、ここまで四苦八苦した記録( ノД`)今はもう涙なくしては読めない
【ひらがな】初級の「あ」-ひらがな練習の勘所③


・・・ワンポイント講座のネタ、引き続き募集中・・・(汗)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR