FC2ブログ

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2017年5月課題)

パイロット課題研究楷書編です。

5月の課題は、「空を泳ぐ鯉のぼりを背景に、 写真を撮りました。」です。
字は、方形のバランス取りやすい字が多いですが、1行目が字数が多くて詰まりそうです。

わかくさ通信の「課題の注意点」
・1行目を枠内にバランス良く配字する!
・行頭の「空」「写」が大きくなり過ぎないように!
・字形がまとめにくい漢字が多く出てきます。パイロットテキスト漢字編を見ましょう!

誤字・脱字・規定外注意報!
・○「鯉」ですよ!×「鮎」でも×「鮪」でも×「鯖」でもありません!(←間違えねーよ)
・「背」の上の「北」の部分の書き方に注意!
・○「撮ました」です。×「取りました」とかにならないように!


では、漢字比較です。
漢字比較1 漢字比較2

「空」は、線が直線的になると子供っぽい字になってしまいがちです。「うかんむり」のヨコ画や「工」のタテ画に線の表情・変化をつけて大人っぽく書きましょう。
「泳」の「さんずい」の書き方と、「永」の字の書き方に注意して、バランスを偏と旁のバランスを練習しましょう。
「鯉」は、偏と旁の位置関係に注意。画数が多いので、字的には大きく見える字ですが、大きくなり過ぎないように慎重に書きます。
「背」の上の「北」は大きさに注意して。右側の「ヒ」は、「ヒ」の形で書いても「匕(あいくち)」の形で書いても構わないようですが、書き方が違いますので注意します。
「撮」の書き順に注意します。書き順は、文科省で定めた小学校書き順の他にも多数書き順があります。検定試験を視野に入れている人は、「書き順字典」は一冊手元に置きたいですね。

【ワンポイント講座】
ネタ切れなので、今回の課題の1行目の調整について、書いてみます。

パイロットの級位課題は、1行目の文字数が変わります。少ない時は読点を除いて10文字だったり、今回のように12文字入ると1行に収めるのがギリギリになります。

私のように、パソコンなどで実寸大のお手本を作ってる方は、だいたいの配字の目安を確認できていると思いますが、三体をコピー&切り貼りしただけの実寸大ではないお手本やもともとお手本を作らずに書いてらっしゃる方もいるかと思います。その場合は、配字について何度も書いてみて吟味してから実際の練習に入るのがいいと思います。

経験上、練習当初から、ある程度考えて練習しないと、大きなズレがあるまま練習して変なクセがついて、清書前に直そうとしてもすぐには直らなくなるということがあります。

Twitterなんかで誰かに見てもらう場合も、指摘されたことを修正できる時間があるうちにアップしてみてコメントを貰う方が断然イイかと思います。慣れてくれば清書直前でも修正できるようになりますが・・・。

さて、一行目を書いてみました(右から左へ)。
一行目
右の黒が、自作手本を見ずに「なんとなく」で書いたものです。全然、収まってません(´・ω・`)前半の「空」や「泳」が大きいようです。

右から二つ目は、それじゃあと「空」「泳」を小さ目に書いたのですが、それで安心して「鯉のぼり」を大きく書いてしまった失敗です。

「鯉」は画数が18画と多いので、小さくするには限界があるので、「のぼり」で調整しようとしたのが右から3つ目です。それでもギリギリになっちゃいました。「背景」の縦長な字なので、勢いよく書くと詰まってしまいます。

少しずつ抑えて、一番左くらいに収まればOKです。本当のバランスの調整は、ここからになります。


1行目が収まると、次はその1行目に合わせて2行目のバランスをとらないといけません。パイロットでは2行目の途中で文が終わるので、最後の方に安心して気を抜いて字が大きくなってしまう傾向が強いです。

2行目の失敗例
二行目失敗
最後、スペースを気にしなくて良くなったので、木が大きくなったパターンですね。練習のうちに早めに気づいて、修正しておいた方がいいです。清書の時は緊張するので、字粒の調整が一番難しくなります。

「撮」は15画ですが、幸い、1行目の近い位置に鯉(18画)があるので、それと見比べて字粒に注意して書きます。つづくひらがなも、「のぼり」あたりと見比べながら字粒・字間を調整します。

二行目調整
意識しすぎて、「撮」の字の偏と旁が離れすぎちゃいました(´Д`)が、字粒はこんなもんじゃないかと思います。でも、まだ5画の「写」を心持ち小さく書いてみた方がいいか・・・とか、「背」の字が細身すぎるかな・・・とか、ここから微調整を練習しながら試行錯誤するわけです。

漢字とひらがなの大きさについても、気になる人はこの段階で調整しておきます。とくに初級の人は、字形をとるのに必死でバランスにまで気が行かないのですが(私もそうだった(>_<))、最初の自作手本作成の段階(手作業なら上記のこの調整)でしっかりとバランス調整してから練習した方がいいと、今になって思います。

ワンポイント講座、ネタ切れなので、これはどうなの?とかあれば、リクエストお待ちしておりますm(__)m手に負える範囲で調べます。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR