【ペンの光】2017年4月の清書

ペンの光4月の清書をしました(+_+)(←疲れたようです)
ごめんなさい、今回は毛筆競書と同様、やっつけ提出ですm(__)m

5月号が届いてます。規定部は昇試の結果待ちです。ここは変わってて、作品を提出したあとに受験料の請求がきます。5月19日以降に順次結果を個人に返送してくれるようです。仮名部は、昇格して3級となりました。

規定部
国_20170429_規定部
もちろん、20回くらいは書いて形整えたつもりです。いつもはこの段階からさらに修正箇所をチェックするのですが、今回は、これで終了(+o+)ちょっと見ただけでも「したごころ」とかペンの光の書き方じゃないし・・・。

仮名部
国_20170429_かな部
こっちは、さらに酷いのかも。全然分からないもんで、それっぽく書けた段階で終了(~_~;)

ちなみに、モザイクかけてますが、今回は落款印を押してます。こちらは、ペンの光で広告が出てるやつです。注文していたのが届いたので押しました。落款印お高いですよね(´・ω・`)いくつかお店でお値段聞いてみたのですが、1cm角くらいでゆうに1万円超えたりします。結局、ペンの光で新鋭作家さんに頼んだ方が安いということになりました。自分で良し悪しも分からないし、デザインについてもこだわりはないので、2.5分の白文でお任せ依頼にしました。

毛筆の半紙かな部門でも使えたら・・・と思っていたのですが、どうもやっぱり2.5分では小さい(´Д`)もう一回り大きいのをもう一本買うには、やっぱりお高すぎる・・・ということで、半紙用には篆刻セットを買って自分で彫ろうとしていますが・・・難しい(~_~;)

話が逸れました・・・ペンの光の記事だった・・・

とりあえず、次回冊子で自分の名前を探す楽しみだけは確保しました(+_+)





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

落款印高いですよね。ご自分で作られるのもいいですね。
私は印刀で指に豆ができてペンが握れなくなったりしました。
男の人だと違うのかな?
作品に使うのに小さいのが欲しくて、いろいろ探して最安堂(もあんどう)さんでお願いしてみました。
安いので、不安でしたが、きれいに作ってありました。
大きさもいろいろありますが、1万円あれば白文と朱文両方作れると思います。
ちなみに印泥使ってますか?半紙だといいんですが、ペン字の紙だと
なかなか乾かないので、シャチハタのスタンプ台の赤使ってます。
すぐ乾くし、いい感じです。ご参考までに。
(既に使っていたらごめんなさい。)

Re: No title

コメントありがとうございます。
高いんですよね(^^; まだ、印にこだわるほど立派な作品も書けていないし、
赤いのがついてたらいいかな・・・程度なので余計に高く感じます。
最安堂さんですか、名前からしてお手頃感がありますね(笑)
一度見てみます。

彫りやすい青田石だからか、指はそんなに痛くなりませんでした。
シャチハタスタンプ!そうですよね、ペンの光でわざわざ印泥使って、
あちこちにベタベタ朱をつけてしまいました(^^;
やっぱり普通の紙にはスタンプの方がいいんですね。
勉強になります。ありがとうございます。

初めまして

私もペン習字を習いたいと思い、いろいろ調べていたところこちらのブログにたどり着きました。とてもお上手なので惚れ惚れしています。
私は、ペンの光を始めたいと思っているのですが、毎月の競書の提出の際、規定部、漢字部、筆ペン部・・・など、いくつか郵送する際に一つの封筒でまとめて送って良いのでしょうか?それとも、部門ごとに封筒も分ける必要がありますか?

すみません。教えていただけたら幸いです。

Re: 初めまして

noritamaさん

閲覧いただき、ありがとうございます。
たいていの竸書誌は、出品する作品をまとめて送ることができます。ペンの光もまとめて1つの封筒で送れますよ。

竸書誌を購読して、自宅で独学されるご予定でしょうか。
日ペン系は、字形がかっちりしていて人気ですが、かっちりしてる分書き方の決まりも細かいので、最初は通信で添削してもらうか日ペンの講座を受講するかした方がいいかもしれません。ペンの光誌に添削していただける先生が紹介されてますので、その中から先生を選んで一枚1,000円で添削していただけます。もちろん、労力をいとわなければ、添削や指導を受けなくても、日ペン系のテキストを入手して独学することもできます。
日ペン、ペンの光は、やってる方多いので、ネットのブログなど参考になる情報が多いメリットもありますね。

お仲間になれるとうれしいです(^^)是非、ご検討を。

ありがとうございます

いろいろ教えていただいてありがとうございます。
添削も考えたいと思います。

「書の光」の見本誌も送っていただいたのですが、書の光の方の競書の出品は、半紙などかなり大きくなりますが、作品を折って郵送しても良いのでしょうか。(賞状部なども折って構わないのかどうなのかなと・・)
いろいろ聞いてしまいすみません。

世の中にこんな講座があるとは知らず、今まで生きてきました。ペンの光誌や書の光誌を見るととても素敵な字ばかりで、わくわくします。

Re: ありがとうございます

noritamaさん

「書の光」はやってませんが、毛筆の半紙作品は、これまでは二つ折りにしてクリアファイルに挟み、封筒に入れて送ってました。最近は、やっぱり折らない方がいいかもしれないと思い、角0サイズの封筒に厚紙と一緒に入れて折らずに送っています。

折るか折らないかは決まっておらず、人によってさまざまかと思います。でも、せっかくの作品なので、できれば折らずに送って見てもらった方がいいよね、ということのようです。先生について習ってる方は、先生から折らずに出すようにと言われてる方もいらっしゃるようです。

半切とか全紙作品とか、半紙よりずっと大きいものの場合、どうやって送るのかは、私もまだ知りません(^^;

ありがとうございました

やはり作品は折らない方がよさそう、という事ですね。
ありがとうございました。

@Saiさんのブログ、これからも楽しく読ませていただきます。
プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR