FC2ブログ

【独学毛筆】2016年3月の競書

ぼやぼやしている間に、3月も終わりです。
ぼやぼやしている2月22日に書の教室4月号が届きました。こちらの競書誌は、翌月結果発表なので、先月出した競書の初の結果が載っています。記念すべき(?)最初の結果は、「新8級」からのスタートとなりました。

書の教室を出版している、日本教育書道研究会の母体は清潮書道会と言い、故・天石東村先生という和歌山県出身の結構有名な芸術書道・教育書道の先生の会派のようです。(←誰だ?ローカルとか言ってたのは!?"(-""-)")和歌山での書道教育に尽力して、地元では資料館まで建てられています。

漢字の書の団体なので、競書誌を見て「漢字がかっこいい!お手本も漢字の書が多い!」と思って選んだのは間違いなかったようです。

級位段位は、半紙漢字の部で、10級~師範八段格まであり、新規出品者は、新10級~新6級までのいずれかから始まるようです。今回は、新7段~新8段がボリュームゾーンで丁度真ん中あたりから始めることができたということです。段位になると年2回の昇段試験を受けなければ昇段しません。


さて、ダメダメの不調なのですが、書の教室3月の課題の締め切りが迫ってきたので清書を敢行しました(´・ω・`)←なに?その顔!

今月は、中盤が忙しく・・・月末月始に締め切りが集中しているので中盤が忙しいとお稽古する期間がとくに短く感じられて、しかもなぜか書いても書いても絶不調の中、ペン時代の添削に手間取って、毛筆はほとんど練習できていませんでした(´・ω・)

なんとか、取り戻そうと書きまくって昨夜書いたのがこちら。

教室_20160329

「和」の口が横長だったり、「之」がイマイチだったり、何より「閑」のもんがまえが何度書いても上手く書けませんでしたが、時間切れです(´・ω・`)

しかも、なんと無謀にも硬筆部門の用紙を買ってしまったでの、時間がないのにも関わらず硬筆の課題にまで手を出すという・・・。

教室_20160329_硬筆

はっきりいって、練習は2,3度書いてみただけという・・・こちらは、もうお遊びと割り切っての提出です。(←審査してくれる先生に失礼だろ!)

ペン習字と違って、お道具の片づけなどで、「ちょっと手が空いた時に一文字でも・・・」というわけにいかないのが困りものです。書き始めたら楽しいんですけどね(^ω^;)とりあえず、級位の間はのんびりコツコツで行きます。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR