FC2ブログ

ペン習字必携参考書(再編集)

長らく参考書の記事を書いてませんでしたが、うちの書棚には着実にお習字の参考書が増殖しています。そのうち床が抜ける(´・ω・`)

過去の記事を再編集して、とくに、パイロット(およびその系統)の初学者の方のために、独断と偏見による必携参考書を必要度順に再掲しておきます。

■各系統の三体字典
必要度:★★★★★
どの系統・流派を学ぶにしろ、三体字典は必携です。通常は、自分の系統・流派のものを持っていたら十分ですが、他の系統・流派のと見比べることで、系統に関わらないポイントを知ることができます。また、行書などは幾通りも書き方がありますので、1冊ではカバーしきれないこともあります。

A系統
三体字典「改訂 ペン字常用漢字の楷行草」 江守賢治著
江守本

冒頭に4ページ書体について、パイロットテキスト漢字編に書いてるような記述があり、その後おもむろに字典が始まります。楷書、行書、草書を崩す度合いによって5種類ずつ並んでます。要所に別字体や注意点が書かれているので、他系統でも非常に参考になります。各ページに読みのインデックスはついてますが、索引はありません。

B系統
三体字典「ペン習字三体」 高田香雪・大久保 節子・長尾 敏子・宮崎 倫子著
高田本

4人の先生の共著三体字典とあって、少しずつ書きぶりが違うとの声もあるが、他の系統と比べると大判ですこぶる見やすい字典。入手のしやすさもいい。最初に2ページほどで楷書行書草書の説明はあるけれど、他の系統と違い研究家の先生方ではないので解説や説明はほとんどありません。索引があって引きやすい。

C系統
「ペン字改訂常用漢字の三体」狩田巻山著
20160113 102453
C系統の三体字典改訂版。追加された常用漢字を小林操子先生が補追されています。索引もあって見やすい。

六体字典「常用漢字の六体」 狩田巻山著
狩田本

改訂版の三体字典が出たことは知ってましたが、古書でいいのであえて六体本の方を購入しました。冒頭に9ページにわたって、書体と字体、常用漢字と筆写体、新字体と旧字体、書写体、行書体と草書体、人名用漢字について氏の解説が載ってます。いわく、本書の六体とは、字体である「新字体、旧字体、書写体」と書体である「楷書、行書、草書」を表します。索引がないのが難点です。小型の単行本になってます。

D系統
「漢字三体ペン字典」和氣正沙著
D系統の三体字典は、市販されていません。「わかくさ通信」の広告欄に載っている申し込み先に郵便振替で申し込むと購入できます。部数が限られているとのことで、私は購入を遠慮しました。

■ペン習字総合参考書
「楷書の基本100パターン」江守賢治著(1987年)
必要度:★★★★★
楷書の基本100パターン
独断で必携書と断言します。楷書を学ぶ上では一読すべき本です。
既に絶版ですが、Amazon等で古書購入できます。値段も今のところ妥当なお値段。
楷書をきれいに(正しく)書くための要点を100パターンにまとめてあります。
毛筆を手本に書かれていますが、読めばペン字においても江守先生がそのパターンを貫いておられることが分かります。
江守先生いわく
「パターンは便宜都合のよい100パターンまとめたまでであって、その外にはもうパターンはないかといえば、ないことない。しかし、この100で足りると思われる。」
つまり、必要十分な100パターンを網羅した本ということです。
この100パターンは、先生が私淑(直接教えを受けるわけではないが、密かに師と仰ぎ模範として学ぶこと)とする欧陽詢の書を生涯かけて研究し、夢枕にまで立つ欧陽詢と対話して得た数々の疑問の集積でもあります。


「ペン字精習 上」狩田 巻山著(6月29日Amazonでポチ)
「ペン字精習 下」狩田 巻山著(6月29日Amazonでポチ)
必要度:★★★★☆
ペン字精習上
ペン字精習下

これもご存知、狩田巻山先生の完璧ペン字本です。パイロットのテキストでは不十分と思われる方は、この上下巻があれば他のテキストは必要ない、というくらい完全版となっています。今は絶版となっている佐藤先生の「ペン習字のすべて」なども含めて他の先生が書かれた類似本は、すべてこの狩田先生の簡略版になっている、と言っても過言ではありません。
書店で下巻だけみかけ、パラパラと見てみたところ、評判通り非常にいいテキストな感じでしたが、佐藤先生の「ペン習字のすべて」をポチしたばかりでしたので、書店での購入はジッと耐えました。
耐えたはずでしたが、Amazonなどで見るに「上巻」がもう品薄のようで、これを逃すと手に入らなくなるかもしれない、という言い訳をしながらポチっとしてしまいました(^^;
しかし、テキストの出来としては佐藤先生には失礼ながら「ペン習字のすべて」よりも内容が濃く、とくに私にとっては上巻p.10の「線質のいろいろ」この1ページを見れただけで収穫でした。個人的に「そうそう、これを誰か先生に説明して欲しかったんです!」という感じでした。

■辞書類
「楷行草 筆順・字体字典」江守賢治著
必要度:★★★★☆
104639.jpg

こちらも定番の江守先生の筆順・字体字典。お決まりの楷書の筆順などは、他の本でも載っていますが、行書や草書の筆順を全パターン網羅している必携字典。筆順だけではなく、あらゆる字体や解説など江守先生の研究を網羅した字典となっています。行書や草書をやり始めたら、必然的に欲しくなる本です。

「角川書道字典」
必要度:★★☆☆☆
角川字典

こちらは、字典です。書道をやっておられる方は座右の字典。必要度は低いですが、個人的には度々引いています。
ペン字やるために古典を見るとしても、師範でも目指さない限り、わざわざこんな大きな辞典は必要ないと思われます(^^;
中身は、こんな感じで漢字ごとに古典から集字されたものが並んでいます。
角川サンプル
件の「好」の字がいろんな古典から集字されています。

ご参考までに。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR