宛名書きの覚え書

今月のパイロット添削課題にもなっているはがきの宛名書きですが、硬筆書写技能検定でも出題されます。
昨年の課題は、多忙なせいもあってお手本見ただけで適当に書きましたが、検定や課題として書く場合は細かな基準がありますので覚え書に書いておきます。

宛名枠

まず、書くのに順番があります。
①宛名(一番大きな字粒で)
②宛先(2番目に大きな字粒で)
③差出人(3番目に大きな字粒で)
④差出人住所(一番小さな字粒で)

書く位置は、それぞれ図のとおりです。
宛名は、中央に書きます。
宛先は、右端から1.3cm程度離して書きます。宛先の1行目は、無理に書かずに下の部分はスペースができるようにします。2行に渡る時は、2行目は小さな字粒で書き、やはりあまり下までいかないようにします。
差出人は、はがきの縦1/2のから書きはじめ、差出人の郵便番号枠から0.5cm~0.7cm手前で終わります。左端から1.3cmくらい離します。
差出人住所は、差出人からさらに1.3cm離して一番小さな字で書き、やはり郵便番号枠0.5cm~0.7cm手間でで終えます。

注意する点は、宛名や宛先は、差出人郵便番号枠より上に収めること。昨年は、差出人郵便番号枠より下へ出てしまってお直し受けました(^^;

今回のパイロットの課題は、宛名が「株式会社パイロットコーポレーション  ペン習字通信講座事務局 御中」とか、とんでもない長い宛名になっているので、大変困ります(´・ω・`)本来、一番大きく書かないといけない宛名が、スペースの都合で一番小さな文字にまで縮小されてしまいます。字粒もともかく、こうなると中心通すのが非常に難しいし、差出人郵便番号枠より下へ出ないなんて至難の業です。

IMG_20151123_0003.jpg

パイロットのテキストにも書いてありますが、通常はがきを書くときは、ここまでしませんよね(^^; これらはあくまで検定用の話しで、理想的に書くための練習だと割り切って練習します。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR