FC2ブログ

【パイロット】ペン習字講座を受講して(2年目のまとめ)

本日届いたわかくさ通信で、2年目最後の級位認定の結果が出ました。
結果は、昇段せず、現段位の天位という結果でした。まぁ、予想通りです(^^;

さて、これでパイロット2年目のミッションは、すべて終了しました。なにはともあれ、2年も続けることができたのは、一重にTwitterとブログをご覧いただいてる同好の方々、諸先輩方のお蔭です。今年も、何かとお騒がせしましたが、暖かく見守っていただき、ありがとうございましたm(__)m

2年目のまとめです。
期間:2014年3月~2015年2月
添削課題:112-B~211-B
級位認定課題
2014年3月 「旅行の前に、東欧関係の本や 資料を集めている。」(楷書で提出)
2014年4月 「広い河原で、弟たちと並んで 水彩画を描きました。」(楷書で提出)
2014年5月  「町会の日帰りバス旅行には、 私も参加します。」(楷書で提出)
2014年6月  「次の日曜日は、 引越しなので 必ず晴れて欲しい。」(楷書で提出)
2014年7月  「塩たたきのかつおで、豪快な 皿鉢料理を用意した。」(楷書で提出)
2014年8月  「日除け用にと育てた朝顔の 花が、たくさん咲いた。」(楷書で提出)
2014年9月  「十五年ぶりに、京都の南座で 歌舞伎を楽しみます。」(これ以降、行書で提出)
2014年10月 「通学路のスズメ蜂の巣を、 早く取り除いてほしい。」
2014年11月 「マラソン大会の参加証が届き、 完走の夢がふくらむ。」
2014年12月 「母が孫のために、お正月の 着物を送ってくれた。」
2015年1月  「正月飾りを燃やす行事を、 左義長と呼びます。」
2015年2月  「大雪の日は、登山用の靴を はいて出社したい。」

結果は、このようになりました。
2年目添削カード

遙か彼方に見えていた段位にまで、なんとかこぎつけることができました(^^;
が、添削課題の点数は、ずっと低空飛行のままです。行書に慣れず、臨書で精度が期待される添削課題の方は、後回しにしてきた結果です。これまでも書いてきたとおり、中級は2年計画で考えています。ですから、今年も、中級やる予定です。

あらためて、入会当初からの変化を見てみます。

入会当時
may-sinkyukadai.png

1年修了時
201403練習


2年目修了時←今ココ
2年目修了

どうでしょう・・・まぁ、それなりにというところでしょうか(汗)1年目はゼロからなので、1つひとつが進歩として目に見える形で表れますが、2年目は要求も繊細になって1つひとつの進歩が見える形にならなかったり・・・進歩しなかったり・・・ラジバンダリ・・・

筆記具は、プラチナデスクペンとプラチナインキ(ブラック)が常用となりました。

2年目を終えて
1年目の楷書では、とにかくペンに慣れること、線をまっすぐ引けること、何度書いてもお手本どおりの形はもちろん、日常レベルの字としても形が整わず、一文字ひともじを苦労して書いていました。2年目に入って、行書になると、1行たりと書ける気がせず、どうなることやら・・・と思っていましたが、とにかく書き続けて、半年くらいもすると「それっぽく」書けるようになりました。あくまで「それっぽく」ですよ(笑)でも、そうやって書いた作品が級位認定課題で評価されて、えっちらおっちらですが昇格してきたということは、なんとか書けているということでしょうか。途中で並行してやった「ペン習字トレーニング」は、「それっぽく」書くことにかなりかなり役に立ちました。あれがなかったら、級位的には2つ3つ分届かなかったような気がします。

・添削課題やペン時代で行書の練習をしながら、8月までは級位認定課題は楷書で書きました。5月6月ごろ(パイロットを始めて15か月)になったあたりで、線がさらに少し綺麗にかけるようになり、完璧と言わないまでも楷書がそこそこ綺麗に書けるようになった気がします。

・5月から9月まで「ペン習字トレーニング」でトレーシングペーパー修行をしました。これがペン先を運ぶ練習となり、それまで以上にある程度思うようにペンを動かすことができるようになりました。そうすると、お手本を真似て書くことが、以前よりかは格段に楽になりました。

・お手本を真似て書くことがそこそこ出来るようになると、行書も「それっぽく」書くことが苦ではなくなります。ただし、あくまで「それっぽく」であって、書いた字を見るとやっぱり自分のクセがあるし、もちろん先生が書いたものとは比較にならないので、満足いくことはありません。「何か足りない・・・」という感じが付きまといます。ただ、それは自分の目が肥えたからだと信じましょう。上手くなってるはず・・・と信じましょう(^^;

・ここから先に進むには、また基本に戻って、もっと字形の精度を上げること、線をもっと繊細に書けるように筆圧や姿勢に気を付けること、余白を見る目や感性を養うこと・・・という地道な精進が必要になるのだと思います。「初心忘れるべからず」なのだと実感しています。

ただ、パイロットの清書用紙には、未だに慣れずガクブルするわペン先が動かないわ・・・が続いています。これを克服しないとこの先進めない気がしてきています(汗)

さて、3年目に突入していますが、この先の課題を上手く設定して3年目の壁をなんとか突破したいと思います。今年は、級位認定課題よりも添削課題や基本を重視して直面してるなんだか見えない壁を乗り越えたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いしますm(__)m


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR