FC2ブログ

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2014年4月課題)

今月の課題研究です。

今月の級位認定課題は、「広い河原で、弟たちと並んで 水彩画を描きました。」です。
最近は、課題研究にまつわる記事を書きにくいお題が続いてますね。架線事故とか東欧旅行とか・・・(--;
嵐山とか冷静パスタとか、懐かしい(笑)

わかくさ通信の「課題の注意」
・ひらがなは、小さめに書きましょう。漢字10:ひらがな8
・「河」の筆順に注意!
・「弟」と「並」の字形に注意!

【広】
部首:まだれ
広_比較

(左から、B系統「ペン習字三体」、A系統「常用漢字の楷行草」、C系統「常用漢字の六体」、田中鳴舟「ペン字三体字典」、以下同順)

簡単そうに見えますが、まだれの中の画数が少なく、書いてみるとバランスがとりにくい字です。
青○のところ、まだれの左肩の書き方が系統によって個性がありますね。
だけれど、たれの払いは、どの系統も同じ角度と長さです。ここに注意しないといけないわけです。
「ム」は、お尻が少しだけ中央線の左側に出てますが、全体的に右寄りで、最後の画が「まだれ」から出るくらいでちょうど良さそうです。この「ム」が平べったくなってしまうと、気持ち悪い字になります。「ム」の下が気持ち下に反りつつ「△」の形になる感じですね。

広_失敗
下の形だと気持ち悪い(^^;


【河】
部首:さんずい
河_比較

おなじみの「さんずい」ですが、全体の字形のバランスを見ると、「さんずい」を少し小さめに書き、旁の「可」の方が下に長くなる感じですね。わかくさ通信の注意の通り、旁の筆順は、横画-「口」-縦画の順です。中の「口」の結ぶ方向、最後の縦画の始筆の書き方、終筆のハネに注意しましょう。

【原】
部首:がんだれ
原_比較

こちらも、「がんだれ」の左肩が系統で個性があります。
また、筆順は、横画-左払いの順です。だから、払いの始筆は横画より下でなければなりません。フォントなどは、左払いが先かのような形になってますが間違えないようにしましょう。
原_フォント←ダメ!
原の中は、「白」に「小」ですが、この「白」の一画目の書き方が問題です。「白」と同じように左肩に向かって払うのか、それとも狩田先生のように真ん中に打つのか。「がんだれ」の中は、実はもともと「泉」という字だったそうです。「泉」の上の部分は意味としては「白(しろ)」ではないのですが、「白(しろ)」と同じ形で書くのが本来のようで、真ん中に打つ形ではなかったのですが、真ん中に打つ形も広まってしまったので、現在ではどちらでもOKになっています。下の「小」の部分は、点線の補助線のように左右の点は真ん中の足より高い位置に書くべきですが、三体本の字では分かりにくいですね。真ん中の足の終筆は、ハネます。

【弟】
部首:ゆみ「弓」
弟_比較

部首は、「ゆみ」だそうです。
わかくさ通信の注意にもあるように、最初の2画は、内側に向けて書きます。立てて書かないということでしょうか。
「弓」の部分の形に注意しましょう。横幅や最後の右側の突き出したお尻の形が悪いと全体がバランス悪くなります。
縦画の足は、B系統ではハネて、最後の左払いは根元より少ししたから払います。

【並】

部首:いち「一」
並_比較

部首の「一」は、どちらの横画なんでしょう(^^;
こちらも、わかくさ通信の通り、一画目二画目、六画目七画目は、内側に向けて45度くらいに書きます。
筆順にも注意です。

【水】
部首:みず
水_比較

昨年8月の課題、「むすこの水着」で既出です。
水

左の羽は、縦画につけない。右の羽の書き方に注意しましょう。最後は止めて払う!
慣れると書きやすい字ですね。

【彩】
部首:さんづくり
彩_比較

書けそうでいて、書いてみると「さんづくり」が難しい(^^;
偏の方の二・三・四画目の書き方に注意しましょう。点線のように二画目より三角目四画目は少し高い位置から書きます。
下の「木」は、よく出てくる形なので大丈夫でしょうか。

さんづくりは、お手本では分かりにくいですが、若干放射状に書くのがいいです(「楷書の基本100パターン」江守著)。上と真ん中は、同じくらいの長さで、下の最後の画は若干長く書くと良いでしょう。どうすればバランスよく書けるのかは練習あるのみな感じです(^^;


【画】
部首:た「田」
画_比較

点線の枠のように四角い形になるように書くときれいです。
部首は、田なので、一画目の横画を書いた後は、「田」と同じ筆順になります。つまり、真ん中の縦画は、四画目となります。
下の受ける箱の部分は、左右の縦画が少し外側に開くような形で、中の「田」の画と並行になるように書きましょう。最後の結びの方向にも注意です。

【描】
部首:てへん
描_比較

「てへん」の三画目は、お手本の角度にしっかりハネ上げましょう。「てへん」の縦画の終筆はB系統でもハネます。
「苗」の部分は、手偏の横画と同じ高さに「くさかんむり」の横画を描き、下の「田」は結ぶ方向に注意します。
「てへん」は細長く、「苗」は四角い字なので、下にの方に書いた枠のバランスで書くと字形が整います。


ふぅ、思ってたより時間がかかりました(^^;
週末の練習に間に合ったでしょうか・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

勉強になります

@Saiさん
はじめまして。horiと申します。
今月からパイロットのペン習字を始めたのですが、@Saiさんのブログをおおいに参考にしています。手本の見方や練習の進め方など、本当に勉強になります。ありがとうございます。

Re: 勉強になります

コメントありがとうございます。
私も先輩方のブログも参考にしながら、試行錯誤してます(^^;
自分のやり方が良いのかどうかわかりませんが、試行錯誤がどなたかの参考(反面教師でも)になればいいなと思ってます。
だから、そう言っていただけると嬉しいですね。
お互い、頑張りましょう!
プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR