【パイロット】課題研究:昇段を目指せ!(2017年12月の課題)

今年も残すところ、あと3時間余りとなりました。
今年も1年、拙いブログにお付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(__)m今年は、当初5年はかかるだろうと思っていたパイロットで七段となり、1つの区切りがついた気がする年でした。まぁ、しかし、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」の言葉のとおり、まだまだやっと途についたばかりです。これからも精進していく所存ですm(__)m 更新が遅れ気味なブログですが、今後ともお付き合いいただけますと幸いです。

さて、今年最後の記事として、パイロット課題研究行書編の漢字比較だけ上げておきたいと思います。既に書いて提出された方も多かろうと思いますが・・・一応ね(´・ω・`)

行書比較1 行書比較2 行書比較3

皆様、良いお年をお迎えくださいm(__)m



スポンサーサイト

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2017年12月課題)

パイロット課題研究楷書編です。

年末年始が忙しいので今月は早く出すという方も多いかもしれませんが、当ブログは、いつもどおり通常営業でいきます(´▽`)

12月の級位認定課題は、「五年ぶりに、お正月を田舎で 迎える予定です。」です。

わかくさ通信の「課題の注意点」
・1行目は中心をそろえることに注意!
・「迎」は、七画で書きます!4画目のタテ画はトメます!
簡単な字ばかりなので、2つだけです(´・ω・`)

誤字・脱字・規定外注意報!
・自分も帰省するからって、いつも周りに言ってる言い方に変えないように!
○「五年ぶり・・・」 ×「六年ぶり・・・」(←間違えねーよ)
○「お正月を田舎で・・・」 ×「お正月をハワイで・・・」(←芸能人じゃねーよ)
○「迎える予定・・・」 ×「過ごす予定・・・」(←いや、ここもボケろよ!)
・「迎」の書き方に注意!

IMG_20171215_0001.jpg IMG_20171215_0002.jpg

「五」は、なんだかよく出てくる数ですね。画数が少ないので、やや小さ目に書きます。ヨコ画は、上のヨコ画が少し下へ反り(仰勢)、真ん中のヨコ画がまっすぐ(平勢)(ただし線の表情はつけます)、下の長いヨコ画が上へ反る(俯勢)形で書きます。「三」もそうですが、こんな形でヨコ画があればたいていそう書きます。もちろん、ヨコ画が等間隔となるように。
「年」は、日常でも自分の名前の次くらいに良く書く字ですね。これに関しては、ヨコ画は等間隔ではありません。上のと中のヨコ画の間隔よりも中と下の間隔の方を広く取ります。最後のタテ画は、心持ち右に書くと中心が揃えやすい・・・のですが、右過ぎてもダメで、実際に書いてみて調整しましょう。
「正」の上のヨコ画は仰勢、下は俯勢で。3画目と4画目は、図のとおり空間のバランスを考えて書きます。
「月」の1画目は、左へ払ってるように見えるのですが、実は若干反らせながらまっすぐ下へ下ろして、最後に軽く払う程度でいい感じになります。2画目の転折と下へ下ろすタテ画も難しいかもしれません。転折部分は、一瞬軽く力を抜いて柔らかく折ります。最後のハネは短くハネます。中のヨコ画は、下の空間が広く取れるように書きます。
「田」は、中の余白がほぼ同じか右側を心持ち広めに取ります。結びの向きに注意です。
「舎」は、「ひとやね」の書き方に注意します。「ひと」ですから屋根のてっぺんは、1画目が出ます。右払いは左払いよりも少し上で払います。その屋根に「土」が収まるくらいに書き、口は少し小さ目に書いて締まりをよくします。口の結びの向きもしっかりと。
「迎」は7画で書きます。筆順字典を見て確認しましょう。「卬」の部分は右と左が同じくらいの幅になるように。「しんにょう」は初心者泣かせですが、しっかりと練習しましょう。「字の綺麗な人」でも、この「しんにょう」を見るとしっかりお習字を習った人か自己流で整っているだけの人かが分かりますね。
「予」は、書けそうで、書けなさそうで、書けそうで・・・。上の「マ」の部分と下の部分のバランス、1画目と3画目のヨコ画の表情(3画目は若干上へ反る)、最後のタテ画の湾曲加減と長さ、言葉では説明できないですが・・・。
「定」は、書けそうで、こちらは書けませんね(´・ω・`)。まず、頻出の「うかんむり」。過去の課題を参考にして2画目は外向きにしっかりと、3画目の左へのハネは内向きに短く書きます。6画目の短いヨコ画はタテ画の真ん中になるように!(←ここ特に大事)そして、7画目は少し立て気味に短く、最後は、7画目の中ほどから「にょう」を書きます。

1行目の中心が揃えにくいようです。書いたものを少し遠くから眺めてみたり、写メに撮るとより一層俯瞰で見れて中心やバランスが分かりやすくなりますので、何度もチェックしましょう。

【ワンポイント講座】
ネタ切れなので、Twitterで質問のあった先月の中級課題(B系統)について・・・。

中級の11月の課題の添削結果が戻ってきていると思いますが、B系統の208課題で、どんなに上手い人でも最初ほぼ確実にお直しされる個所があります。「御中」の「御」の字の「ぎょうにんべん」です。

208-B.jpg
↑これ

初めて行書を書き始めた人が、99%(当社計測)嵌る落とし穴です。 「なんだ?これはどうなんてんの?(´Д`)」と思いながら、とにかく書いてみると、たちまち下のようなお直しが入ります。

御中_1

ここまで書いてくださる添削も最近少ないようで、あまりにみんな書けないから、先生も書き疲れて

御_直し
こんな感じのあっさりしたお直しになってしまってるようです。そのせいで、「お手本が間違ってるんじゃ!?」と誤解してる人もいるそうで・・・。

上の詳しいお直しを見れば、なんとなく分かると思うのですが、行書に慣れていない人は、この部分をきっちりしっかり書きすぎて、「にんべん」の形になってしまっているのです。

にんべんとの違い
入筆の点から続く線は、あくまで筆意で、ここをしっかり書いてしまうと「にんべん」と判別しづらくなってしまいます。また、最後のタテ画もしっかり下へ下ろしてしまうとやはり「にんべん」になってしまうのです。

パイロットのお手本では、筆意が繋がった形で書いてますが、「ここを筆意らしく書けないのなら、いっそ離して書きなさい・・・」ということで、上のあっさりお直しのように書かれていると考えます。

 はがき文は、日常の通信文ということで、楷書に近いカッチリした行書ではなく、なんなら草書も混じった崩しが大きい書きぶりで書いた方がカッコイイので、お手本もそういうお手本が多いのです。

↓上手く書けているわけじゃないですが(汗)、それを意識して書いた中級2年目の添削ではお直しは入りませんでした。
御中_2

とりわけ、楷書が得意で、しかもお手本の手書きコピーが得意な方は、とくに分かりにくい所かもしれませんが、行書や草書へ勉強が進むにつれ、崩し方が大きくなり、書きぶりや筆意が大事になってくるので慣れていきましょう。



【パイロット】2017年12月のお稽古

パイロット12月のお稽古の準備です。
師走だからというわけでもないけれど、なんだか追われてる感が抜けません(^^;

さて、わかくさ通信12月号が届いていますね。第427回級位認定課題(「友人がショパンの練習曲を・・・」)の結果は、いかがでしたでしょうか?私は、真ん中より少し上あたりだったので、まぁ満足してます。何より上手な方と並んで名前が載ってるのが嬉しい(笑)

今月は、「掲示文」を学びます。
いやー、師走って感じですね(´Д`)毎年、掲示文は、大掃除も済んで十分にスペースができたお正月に書初め代わりに書くのが恒例です。

初めて掲示文を書く方は、昨年の記事も見てください!

→こちら 【パイロット】2016年12月のお稽古

とくに、マーカー選びには注意してください。掲示文を書くマーカーは、中字の油性マーカーです。サインペンや水性マーカーは使えません。紙との相性もあるので、ボールペンの時と同様、数百円をケチらずに試行錯誤してみるのがいいと思います。


添削課題は、初級が109、中級が209、上級は309です。

B系統初級は、こちら

B系統中級は、こちらこちら

B系統上級は、これです

309_B_2016120920322962b.jpg

用紙は、B4です。油性マーカーは、裏抜けするので新聞紙や用紙数枚を下敷きに使うと良いです。当たりの線を書いた下敷きを作って書くと、一回一回当たりを付けなくて便利です。


級位認定課題は、「五年ぶりに、お正月を田舎で 迎える予定です。」です。

過去に出てきた字ばかりなので、切り貼りは楽でした(´ー`)


とりあえず作った自作手本がこちら。

自作手本

行書は、いつもと違って崩し方の大きい方の字を並べてみました。基本で画数の少ない字ばかりですね。こういう字は、B系統の三体本の字が微妙なんですよね(´・ω・`)また課題研究に載せますが、他系統の字やいろんな字形・書きぶりを見て、どう書くかを吟味した方がいいようです。




【パイロット】2017年11月の清書

パイロット11月の清書をしました。

他の競書の提出ラッシュで、締切り間際に慌てて書きました(´Д`)
ハガキ課題とか、失敗しまくりですが、そのまま提出・・・ごめんなさい、先生。

添削課題。
π_20171208_添削
一応、昨年の添削を参照して、それよりもよく書こうと思ってるのですが、今回のは昨年より悪くなってます(+_+)
そして、級位認定課題。
 π_20171208_級位認定
一応、気持ちよくは書けたんですが、1行目の字間が失敗しています。まぁ、書けただけ良しとしよう(´・ω・`)

たぶん、これが年内最後の提出となります。12月分は、どのみち年明け発送になる。今年も一年ありがとうございました、と通信らんには書きました。

年明けは、もっと忙しくなるんだけどね・・・(´-ω-`)


【ペン時代】昇段試験を受けるのだ!(五段→六段編その2)

ペン時代の昇段試験も提出しました。

いや、今回はだいぶ焦りました。まだ時間があると思っていたら、あっという間に提出間際になっていて・・・。2か月ほど時間はあったし、2回も添削には出したのですが、他の提出や仕事でバタバタしたりして、その都度感覚がリセット状態になって、提出間際に感覚取り戻すのでやっと・・・という感じ。提出までに時間がありすぎるのも、考えものです(´-ω-`)

さて、順番に・・・
第1問:熟語の楷・行・草
森_20171204_昇試0001
去年、一昨年くらいまでならこれで良かったのですが、さすがに段位も上がってきたので細かなところが気になります。気になりますが、時間切れ(;´Д`)

第2問:行書縦書き
森_20171204_昇試0002
毎回、一番力をいれてしまう行書縦書き。今回は、なんと「秋」が4つも出てくるという・・・絶対出題がSだ(´・ω・`)秋は書き方のバリエーションが多いので、なんとか変化をつけて書きました。文も長くて、4行に収まりきらないか・・・という感じでしたが、なんとか4行に詰め込みました。誌上で紹介されている優秀作品では、5行になっているものもあって、どうやら5行に渡ってもいいようですが、添削していただいている先生の様子では、4行に収まるなら収めた方が良いというようなニュアンスでした。

第3問:楷書横書き
森_20171204_昇試0003 
苦手な横書きですが、最近は少しマシになってきました。でも、縦書きに比べると全然ダメです(;´Д`)つくづく、日本語の漢字・かなは、縦書き用にできてるのだなと思います。昨日も「ペン習字では、なぜ縦書きなの?」と初心者らしい疑問のツィートを見かけましたが、もともと字が縦書きように作られているからです。正しい字形とその使い方を知るには縦書きです。いきなり横書きだと、横書き用にアレンジされた字形を先に練習することになり、学習の順番としてはあまり良くありません。

第4問:はがき文
森_20171204_昇試0004
はがき文、今回苦労しました。70~80字で文面から作らないといけないのですが、今までは100字くらいのハガキ課題を書いてきたので、80字前後だと一文字一文字を小さく書いて誤魔化すことができません(え?誤魔化してたの?(-"-))どうやら、小さく書いて誤魔化せないように、出題の文字数を少なくしたようです。なんか、最後に帳尻合わせて形にしただけ・・・という作品になっちゃいました(´Д`)

第5問:月例競書
森_20171204_昇試0005
最後に、月例競書作品です。いつものように、四字熟語を書きました。今回は、これが競書出品がわりになるので、別途11月の競書出品はしません。

今年は、手いっぱいで、自由課題を書く余裕はありませんでした(´-ω-`)

結果発表は、4月号です。



【ペンの光】2017年11月の清書

ペンの光11月の清書です。

12月号が届いています。月例の競書は、規定部、かな部ともに移動無しですが、別便で規定部の昇段試験の結果が届きました。なんと、準師範へ昇格です!(えー!?)ここは、毎月の競書で昇格するのは至難の業ですが、昇段試験は普通です。いかに、競書がインフレ起こしてるか・・・(-_-)腕に自信のある人もわんさか提出する巨大競書なのに、あの合格者数だとまぁそりゃ難しくなります。

さて、今月は書の教室もペンの光もどちらも提出しておこう、ということで、そんなに満足いくものは書けませんでしたが、とにかく出しました。

まずは、規定部。
国_20171201_規定部
後から見ると、「近」が大きすぎました(;´Д`)でも、時間切れでこれを出しました。


で、かな部。
国_20171201_かな
とりあえず、書いてみただけ・・・ですが、やっぱり自分では良し悪しが分かりません(^^;

規定部は、準師範に合格したので、次は師範試験を受けなければ上がりません。師範試験は・・・え!?講習会を受けないと受験資格が貰えない!?なに?この登録料5諭吉とかって!?( ゚Д゚)違う意味でハードル高過ぎます。講習会、受験料、合格した場合の師範登録料で合計7諭吉とかかかりますよ!?こりゃ、師範試験は受けないかもしれません(--;



【独学毛筆】2017年11月の競書

怒涛の提出ラッシュで、目を回してました(+_+)
11月分の清書をアップしていきます。まずは、書の教室。

12月号が届いていますが、先月はお休みしてしまったので何の結果も出てません。

ほぼ2か月ぶりに、ちゃんと筆を持って書いてみたのですが、当然全然ダメダメです(;´Д`)ちょっとは意識して書くようにと、バックナンバーの高貞碑の解説もコピーして、少し理屈も勉強してみましたが、まぁ理屈が分かったところで書けるはずもなし・・・。

まず、半紙漢字の高貞碑です(え?どこが高貞碑?とかはなしでm(__)m)
教室_6949_半紙漢字

そして、半紙仮名。
教室_6949_半紙かな
こちらは、単体の仮名・連綿から 歌を書く課題にアップしてきてます。現在1級なので次回の昇段試験待ちです。段位になると散らしになります。

そして、一般硬筆の部。
教室_20171129_硬筆
今回は、昇試月なので、競書の方は出さなくてもいいのですが、出さないと名前載らないし寂しいのでとりあえず書きました。

そして、一般硬筆の部、二段から三段への昇段試験です。毛筆の競書なのに、なぜか硬筆ばかり上がって行きます(笑)

昇段試験の問題は、当該月の競書課題A,C,Dとヨコ書きの自運の4品です。

1問目:月例競書課題A
教室昇試_20171205_0001

2問目:月例競書課題C
教室昇試_20171205_0002

3問目:月例競書課題D
教室昇試_20171205_0003

4問目:ヨコ書き自運(書体随意)
 教室昇試_20171205_0004

今のところ、毎月の競書も二段の上位五位以内に入っているので、まぁ受かるでしょう。

競書誌は、編入制度がない限り、たいていどんなに上手い人でも一番下の級から始めないといけません。でも、書いてる人は同じなわけですから、他の流派で五段とか七段とかの腕前ならば、余所の競書だからって実力が変わるわけじゃないので、書きぶりなどが違えどそれなりの段位までは進んで当然です。つまり、あと2~3段くらいまでは貯金があるでしょう。受験料という上納金は納めないといけないけれど・・・仕方ないですね(´・ω・`)

中には、実力者でも競書誌を転々として級位をどんどん上がって行くのを楽しんでるような方もいらっしゃるようですが・・・んー、楽しいんだろか?(~~;


プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR