FC2ブログ

パイロット ペンクラブテキスト

落札しました\(^o^)/(←何をだよ?(--;)

パイロットペンクラブのテキストです(-ω-)/
こちら
テキスト

パイロットペンクラブは、パイロットペン習字講座の前身で、こちらのテキストは1978年に作られた当時のテキストです。以前にTwitterの先輩方がAmazonで古書購入されているのを見て、いいなぁ~、欲しいなぁ~(๑¯﹃¯๑)と思ってたのですが、まぁなにしろ古いものだし、数が出回ってるでもなく、Amazonに残ってるのは「基礎編Ⅰ」のみで1諭吉近くの販売のみとなり、欲しいとはいえこれに1諭吉はねぇ?・・・と諦めておりました。値段の付け方アホちゃう?(´Д`)誰が買うねん、とか心の中で悪態ついてたのですが、先日、ヤフオクで出品されていると教えていただき、納得できるお値段で落札\(^o^)/

Amazonでご購入された、くりぼんさんの記事もご覧ください(みちくさ通信「パイロットペンクラブ」)。

さて、こちらのテキストは、かな・楷書・行書あたりまでの「基礎編Ⅰ」と草書・検定対策・古典をメインとした「基礎編Ⅱ 上級講座用」の2分冊となっていて、上のような表紙(正確にはケース箱)の写真では分からぬ厚さのかなりしっかりしたテキストとなっています。

厚さ
現在のパイロットのテキストと並べてみました。

今の方が分厚いように見えますが、現在のテキストは6分冊になっていて各巻に厚表紙がついているのと添削課題の冊子が入ってるので、テキスト自体のページ数からするとペンクラブの方が多いかもしれません。

中身ですが、かなりしっかりしたテキストになっています。現在のテキストと同じくA系統の江守賢治先生が執筆されていて、現在のテキストで見たことある内容もたくさん載っています。というよりも、このテキストを経費削減と本を読まない現代人向けに簡易版に再編集したのが現在のテキストという感じです。

よく、「パイロットのテキストは初心者に不親切だ」なんて言われますが、このペンクラブのテキストを見れば、なぜそんなことになったのかが分かる気がします(^▽^;)元はけっして不親切でもなんでもなくて、かなり詳しいテキストだったんだ・・・。中・上級以上の受講者の方は気づいてることですが、これを再編集してる現在のテキストは、硬筆書写検定の勉強として考えると、すごくいいテキストです。しっかり通読したことのない方は、是非読んでみてください。私も思い出した時に度々開きます。

今のタテ書き編にも掲載されてますが、「基礎編Ⅱ」では各系統の先生の手本も載っていて、執筆陣は次の通りです。
A系統:江守賢治先生、正田千代子先生、吉成八重子先生
B系統:大久保節子先生、高田香雪先生
C系統:狩田巻山先生
D系統:小林龍峰先生 

概ね現在のテキストに載ってることは、ペンクラブのテキストにも載ってるわけですが(ただし、実用編は後から作られたようです)「基礎編Ⅰ」に関しては、この厚さになっている理由がハッキリあります。

現在のテキストで言えば、漢字編のこの部分・・・
田のある漢字 
漢字の部分とそれを含む漢字の解説ページ

これが、旧テキストではこんな感じ・・・
田のある漢字旧

なんと、「田のある漢字」だけで見開き1ページ!(゚Д゚;)もちろん今のテキストに載っているものはすべてありますし、当時の常用漢字の基本部分は網羅してます。行書のページも「基礎編Ⅱ」には草書も同じように載っていて、このテキストが江守先生の字で三体字典としても使えるようになっています!漢字の索引までついている!(*´▽`*)ほら!親切なテキストでしょう?

それぞれの右ページには、江守先生の書き方の注意点も詳細に載っていて、楷書のバイブル「楷書の基本100パターン」も必要ないくらいに。

以前、鷹見芝香先生の「ペン習字 -基礎と応用ー」を手に入れた時にも思ったのですが、狩田巻山先生の「ペン習字精習」といい、江守先生のテキストといい、このレベルの硬筆のテキストを書ける先生は、もうほとんどいらっしゃらないのでは・・・と。いや、もちろんテキスト書く資格がある先生はいらっしゃるでしょうが・・・

1.上の先生方は、大学の先生でもあり研究者で、本を書くことが仕事だったこと。
2.硬筆の黎明期~普及期の先生方で、当時は今と違って、詳しいテキストがあまりなかった上に需要があったこと。
3.この先生方がほぼ完成されたテキストまで書いちゃったので、今新たに書いても二番煎じ、三番煎じになって、けしてこれ以上のものが書けないであろうこと。つまり、労力の割にたいした業績にならないこと。

・・・から、もうこの手の本の書き手はいないんじゃないかと思います。そういう意味で、この先生方のテキストは貴重で、今後次世代的にいつまでこの先生方の仕事に頼れるか、少し心配にもなりますね(´・ω・`)

見
こういうのとかね、普段お手本見てなんとなく気づいてたけど、ハッキリシッカリ書いてあるところが・・・

発足に寄せて

わかくさとの関係



スポンサーサイト



プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR