FC2ブログ

【独学毛筆】2016年2月の競書

とまぁ、言うわけで(どういうわけ?)、毛筆競書誌の2月号が届いたわけです。

教室_表紙

いろいろ出品できるわけなんですが、やっぱり漢字楷書から始めます。

半紙漢字は、AからHまでの8つのお手本が載っています。
A・・・高貞碑
B・・・前後赤壁賦
C・・・智永真草千字文
D・・・封龍山頌
E・・・説文解字
D・・・「時来命即通」楷書
E・・・「時来命即通」行書
F・・・「時来命即通」草書

となっています。どれを出してもいいようですが、A~Eが(5段以下)、D~Fが(1級以下のみ出品可)となっているので、Dの楷書を選びました。

201602_課題


ところで、12月に悪戦苦闘していた基本点画ですが、あれからどーなったのか・・・(←そうだ!そうだ!確か縦画の記事を書くとか言ってたじゃないか!)

ちまちま記事書くの面倒なので、こんな感じで勘弁してくださいm(__)m

[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS

まだまだ、この程度での無謀な挑戦です(´・ω・`)

とりあえず、お手本を半紙大に拡大コピーして書いてみたのがこちら・・・

教室_2月_初書き

なんだこりゃーーーー!(; ・`д・´)これは、出してはいけません!絶対ダメです!

そもそも、一般の競書課題は、中学・高校生用の課題の上に位置してるわけで、さらに中学・高校生用の課題は、小学生用の課題を経たものなわけで・・・大のおっさんと言えど、小学生レベルなのにいきなり一般用の課題が書けるわけがない!(>_<)おっさん向けの幼稚課題を作ってくれ~!

・・・とか言ってても始まらないので、とにかくそれっぽく書けるように書きこみます。途中、本当にこんなレベルで出していいのか悩みながら、書きます・・・書きます・・・ひたすら・・・( 一一)

yatara.jpg

途中、Twitterの先輩にいろいろ教えていただきながら、たどり着いたのがこちら。
教室_2月_清書1

いろいろ気になるところはありますが・・・これが限界(´・ω・`)出品締め切りは、月末29日です。これで諦めて出します。左の方が良さそうです。

教室_2月_清書

競書券張って、落款書いて・・・うぉ、墨が乾いて紙がシワシワして書きにくい!"(-""-)"そうか、乾かないうちに落款書かないといけないんだ・・・と小さなことを学習しながら、なんとか記念すべき初出品を投函しました。結果は、今月20日ごろに届く4月号で発表ということになります。はてさて、どうなりますことやら・・・。

書いてる最中に、3月号が来た(´・ω・`)せわしないなぁ・・・


スポンサーサイト



【独学毛筆】競書誌を選ぶ

思ったように線を引くのも四苦八苦している毛筆ですが、年明けからの仕事のバタバタと手を出しすぎてるペン字の課題とでなかなか筆を持つ時間も取れていませんでした。だって、後片付けが面倒くさいんだもん・・・(´・ω・)

こりゃ、何かノルマを課さないとあかん!

ということで、年末にお取り寄せした競書誌から1冊選んで出品することにしました。

ペン字の競書誌は、数もそんなに多くないし、有名どころやパイロット関係の中から選べばよかったのですが、毛筆となるとたぶん無限にあってどれを選べばいいのかも分かりません(~_~;)なんだか、このあたりが有名どころのようではありますが・・・まったく予備知識なしの状態からなのでさぱーり分かりません。

分からないなら、もうテキトーに「えい!や!」と選ぶしかありません。検索でヒットした中から、フィーリングでビビッときたところから、見本を送ってもらいました(←ええのんか?それで?)。

今回送ってもらった見本誌は、こちら。


【書の光】日本書道学院
競書誌1

おなじみ、ペンの光の「がくぶん」系列の競書誌です。ペンの光でもおなじみの石川芳雲先生が学院長です。
B5サイズの冊子で、次の8つの部門があります。
①漢字規定部
②漢字随意部
③漢字条幅部
④かな規定部
⑤かな随意部
⑥かな条幅部
⑦賞状部
⑧暮らしの書部・調和体部
冊子の構成は、概ねペンの光と同じような感じです。漢字規定部とかな規定部については、巻末に原寸大の手本が織り込まれています。

購読料:半年4,656円/1年10,089円
有料添削【有】:半紙1枚 700円 半切1枚:2,000円
模範手本【有】:半紙1枚 2,160円 半切1枚:5,400円

漢字規定部のお手本は、ペンの光と同様「癖のない」オーソドックスな書きぶりです。
光_サンプル
競書の出し方も分かりやすいし、商売志向の「がくぶん」ですから初心者にも敷居が低くて入りやすいですが、何しろ普段「ペンの光」の方で辛酸を舐めているので気持ち的に抵抗が・・・・ということで却下です(笑)(←え?そんな理由?)


【不二】日本書道教育学会
競書誌3

こちらも、「ペンの力」でおなじみの日本書道教育学会の競書誌です。A4サイズで大きくて見やすい・・・はずなんですが、構成がお堅い感じでとっつきにくい誌面かもしれません。
①漢字半紙
②かな半紙
③新和様半紙
④漢字条幅
⑤かな条幅
⑥新和様条幅
⑦細字研究室
⑧篆刻研究室
⑨一字書
とあるようです・・・なんか分かりにくい(´・ω・)

購読料:1冊800円
有料添削【有】:1枚 1,400円
模範手本【?】:見当たりませんでした。

字の方は、こんな感じ・・・あんまり好みじゃないかも。
huji_サンプル

Webで競書結果を見ることができたり、運営もカッチリしてそうですが、何しろここはやたらと面倒くさい。会員登録してバーコードを発行してもらって・・・で、お堅すぎて紙面も見にくい・・・ということで却下(笑)

【水明】水明書道会
競書誌4

京都の書道団体です。ホームページがセンスいい感じです。B4サイズの冊子で、ようねん部から一般部までこの1冊にまとめられています。京都ということと名前がクールなので惹かれました(笑)
一般部で出せるのは、次の部門
①条幅研究(漢字・かな)
②現代書研究
③小作品研究(漢字・かな)
④臨書
⑤実用書
⑥硬筆
⑦漢字規定
⑧かな規定
現代書や小作品など、少ない誌面ながら内容豊かです。紙面も見やすいですが、他の雑誌にくらべたらコンパクトにまとまり過ぎてる感もあります。
魅力的なんですが、漢字規定部を見ると・・・
suimei_サンプル
いきなり、難しそうな行書が・・・(~_~;)月ごとに変わるのか分かりませんが、やはり楷書から練習したいので・・・却下(^^;んー惜しい!

購読料:1年 7,800円(送料別)
有料添削、模範手本:見当たりませんでした。

【書の教室】日本教育書道学会
競書誌2

検索でたまたま見かけた競書誌。ホームページダサいです(笑)和歌山の会社で、大阪南部から和歌山にかけてのローカル団体な感じ。会の名前・・・紛らわしいです(-ω-)姉妹誌に、「学生書の教室」「ペン字教室」を発行しています。

冊子はA4サイズより微妙に大きいサイズ(笑)ケチョンケチョンに言ってる割には、冊子は思いのほか充実しています。微妙に大きいサイズが何より見やすい!カラーページで書のふる里中国の訪問記や初の歴史漫画まで掲載されていて、読み物も充実しています。ローカル一派だけど、教室も多くて門下生も多いようです。

①半紙漢字
②実用書
③条幅漢字
④条幅かな
⑤半紙かな
⑥半紙小字
⑦手紙
⑧硬筆
⑨篆刻
と、課題も充実しています。とくに半紙漢字は、たくさん課題が載っています。級位漢字課題も同じお題で楷書、行書、草書と手本が載っていて自由に選べます。

購読料:1冊 800円  半年 4,800円 1年 9,600円
有料添削【有】:半紙1枚 1,000円  条幅1枚 1,500円
参考手本【有】:半紙1枚 2,000円  条幅1枚 5,000円

漢字の楷書手本はこんな感じ。
kyousitu_サンプル
キリっとしていて、カッコいいです!こういうの書きたい!(*´▽`*)

しかも、ここの何がいいって、パイロットと同じでなんと競書結果が翌月号発表なんです!スピード審査がウリです!察するに、和歌山市内に先生が沢山いらっしゃって、集まりやすい上に人海戦術で一気に審査できるということだと思います。

なんと、どうやらこのローカル競書誌が一番良さそうという結論になりました。早速、1月に1年分の購読料を支払って、2月号から開始しています。

長くなったので、2月号の競書提出については、次記事に分けて書きます。


プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR