【ペンの光】2015年10月の清書

ペンの光の10月の清書をしました。
季節は秋で、湿度も乾燥してますが、大量に購入した競書用紙Aが滲んで使えません(´・ω・`)ボールペンなら問題ないのでしょうが、万年筆だと書いた後からじわじわと滲みます。最初にもらった競書用紙A-1はそんなことないのに・・・
ペンの光の用紙は、小さく、10冊組で大量に買えるのですが、何しろ梱包送料が高い!買いなおすと千円近くかかります。今まで非商用主義のパイロットや芝風会になれてるので、なんかムカつきます"(-""-)"

・・・え、っと清書です(~_~;)
国_20151027_清書

見と頃の間が開いちゃったかな。用紙Aにムカついて、これで投了・・・いや書了。

んー、しかし、大量(10冊×2セット)に買った競書用紙Aどうするか・・・売るほどあるとはこのこと・・・誰か買ってくれませんか・・・orz
仕方がないので、次回から、ボールペンで書きます(´・ω・`)


スポンサーサイト

【パイロット】課題研究:昇段を目指せ!(2015年10月の課題)

パイロット課題研究の行書編です(こちらも久しぶり)。
自作手本Ver.1は、こちら。

自作手本Ver1

相変わらず、三体本はほげほげした感じですが・・・簡単な字ばかりなので迷うことはあまりないかもしれません。迷うとしたら「歌」くらいでしょうか。

澄
切
(B:B系統、A:A系統、C:C系統、T:ペンの光田中先生)

澄は、B2だと崩しすぎなので、B1でいいでしょうね。右払いを止めるか払うか・・・。切は、偏と旁を繋げるか、離すか・・・。書きやすい方で良いと思います。しかし、こうして並べてみると、けっこうバラバラな書きぶりで、コンマ数ミリ単位はこだわらなくてもいいんじゃ・・・とか思ってしまいます(--;

澄を自分の書きやすいように、こんな書き方してましたが・・・
澄自筆
よく見ると、他系統の字も全部赤〇部分が繋がってます(゚д゚)!
澄_p

念のため、書道字典で調べてみると・・・
澄字典2
登_字典
繋げて書いた方が良さそうです。

秋
空

こちらも、素直にB1-B1で書きます。B2は崩し過ぎな気がするので。「空」は、B系統以外は5画目と6画目が繋がってます。B1のように筆意だけでも良いのか、繋げた方が良いのか・・・。上手く書ければ、繋げた方が良さそうです。

指

指は、簡単なようで、意外と悩ましいかもしれません。素直にB1で良いように思いますが、B2で書く場合、「ヒ」から「日」へ繋げるときに、線の上を戻るように折り返してるようです。B2の形で書くなら練習が必要かも。

孫

パイロットでは、年に1回は「孫」が出てくる気がします(^^; 書き慣れるまでは、字形が難しいかもしれません。また、書き慣れても微妙にお直しが入りそうな字です。素直にB1で書きます。

歌

今回は、この字が偏側がバリエーションあって、人それぞれで書きやすさや好みが分かれる字ですね。前回出てきた「歌舞伎」ではどう書いたか見直すと・・・

歌舞伎

B2で書いてました。今回は、B1で書こうかと思います。


【連綿】
今回の連綿ポイントは、「さして」「たちが」「ている」あたりでしょうか。促音の入った「った」「って」を繋いでもいいのでしょうが、無理はしないでおきます。

今月のわかくさ通信のチェックポイントのやさしい連綿コーナーに、「さして」の部分の連綿が載っています。
やさしい連綿5

これはもう、ここで書け!ということでしょう(笑)問題は、「さし」で書くか「して」で書くか、それとも「さして」といくか・・・。
今のところ、「さし」で書いてます。

もう1か所、やはり文末の「いる」あたりを繋げたい。今年5月の「なる」を参考に「いる」の連綿を書いています。

初書き



【ペン時代】2015年10月課題の添削用作品を書きました

ペン時代10月課題の添削を出しました。
先月は、結局添削に出せず、久しぶりに先生にお手紙を書いたのですが・・・手紙と宛名書きのへたくそなこと(´・ω・`)
手紙も宛名書きも万年筆で書いてるのですが、運筆の速度が遅いのか滲む滲む・・・こんなに滲んだっけ?

森_20151023_添削

「火」とか、まっすぐ下ろしたつもりなのに、曲がって見えます。「意」などは楷書と行書で字粒がそろってません。「如意」も中心そろってないし・・・ダメダメですな(--; 苦手な字が多く、字形も全然掴めないし、字粒をそろえるのも難しいです。

ペン習字始めるまで「自分の字が汚い」と感じてきたのは、この字粒を揃えるのが苦手というのが8割方の原因だとペン習字始めて分かったのですが、これまで字形をなんとかするので手いっぱいで、字粒を揃える感覚がまだぜんぜん身についてません。この四字熟語は、字形をしっかり整えつつ、縦横に字を揃えつつ字粒を揃えつつ・・・面白くない課題なのにとても難しいです(´・ω・)。


【ペン時代】2015年10月号のお稽古

あっという間に18日です。そろそろペン時代の添削を出す準備をしなければっ!
ペン時代は、この間1つだけ昇段しまして、ただいま二段です。

10月の課題、準初段から7段までのお手本は・・・・・四字熟語!(←いつもです)
隣の頁に検定試験向けのヨコ書きお手本もありますが・・・四字熟語で行きましょう。

森_20151018_手本
(倉島須美子先生:トレペなぞり書き)

なぞり書きですでに難しいです"(-""-)"
書いてみたら、もっと難しかったです(´・ω・`)
はたして、出せるところまで行けるのか?というくらい、現在書けていません。

でも、先月は添削も出せなかったので、今月こそ出さないと先生にも見放されてしまうので、頑張って書きます。


あ、そうそう、今月の表紙裏の参考作品に鷹見先生のひらがなのお手本が載っていました!!!
美しいです。ひらがなの練習は、もう何度となく挫折していますが(だって、いろんな書きぶりがあるんだもの(´・ω・`))、そうだ!鷹見先生のひらがなを習得すれば間違いない!

鷹見ひらがな

来月号で、後半部分も載せてもらえることを期待して・・・



王羲之「快雪時晴帖」(故宮博物院見学)

先月の台北出張で、10年ぶりくらいに故宮博物院に行ってきました。
台湾には何度か行ってますが、ペン習字を始める前だったので一度見たからもういいか・・・と観光ルートからは外していましたが、今回は習字に興味を持ち始めてから初めての台湾。王羲之の「快雪時晴帖」が展示されているということで、見に行こう!と・・・。

故宮博物院は、中華民国の国立博物館で、台北市内の北側「士林」から少し山側へ行ったところにあります。
元々紫禁城にあった清国所有の古美術品を戦乱から守るためにあちこちへ避難させた末、1948年に蒋介石が精選した2,972箱を台北へ運んでできた博物館です。

10年前に行った時は、ちょうど改装工事中で、半分しか見れなかったのですが、内部は古い建物で狭くてギシギシ軋む階段を上がりながら、薄暗い館内を見学したのを覚えています。

そのイメージで今回行ったら、あらびっくり(゚д゚)!すごく近代的な博物館に生まれ変わってました。

故宮2015

さて、今回の目的の王羲之「快雪時晴帖(かいせつじせいじょう)」は、書聖王羲之がしたためた書簡で、雪の止んだ晴れた日に書かれたものであることから、「快雪時晴帖」と呼ばれています。

え?なんで雪の止んだ晴れた日って分かるのかって?・・・そう書いてあるからです(笑)

残念ながら、館内は撮影禁止になってました。数年前は撮影可能だったそうです。
なので、作品は、こちらからご覧ください。

故宮博物院「快雪時晴帖」

「快雪時晴帖」

こなんなに長い書き物ですが、王羲之の書いた本文は、ここ!真ん中あたりのこれだけです(^^;

快雪

その他のごちゃごちゃ書いたりいっぱい印が押されているのは、歴代の所有者が感極まって書き添えたものだそうです・・・え、バカじゃない!?(; ゚Д゚) 中でも、最後の所有者であった清の乾隆帝なんて「神!」とかデカデカと恥ずかしいこと書きこんちゃってます(--;

「義の頓首・・・」(王羲之のこと)から始まる行書の4行24文字の手紙です。
内容は、こうだそうです。

”羲之頓首、雪がやみ、晴れ間が出てとても心地よい気分です。
あなたはご無事のことと存じます。さて、お約束の件については力及ばず、まだ果たしておりません。
羲之頓首。
山陰の張侯”

なんだそりゃ( ゚Д゚) しかも、書き始めにも書き終わりにも自分の名前書いて・・・どんだけ「義の頓首」自慢?

王羲之の書は、何千点もあったそうですが、コレクターだった唐の太宗皇帝が「わしが死んだら、一緒に埋葬してくれ」とか勝手なこと言ってアノ世に持っていってしまったり、戦乱で消失したりで、本人が書いた現物(真筆)は残っていないと言われています。そんな中、この「快雪時晴帖」は真筆じゃないかと最後まで言われていたのですが、これもやっぱり精密な双鉤填墨等の手法による模写だとされているそうです。

売店に寄るといっぱい面白そうな本が売られてました。お土産に2冊を購入しました。
IMG_3116.jpg
王羲之「快雪時晴帖」の写真集

IMG_3118.jpg
原寸大で写真が載っています。


IMG_3119.jpg
こちらは、「趣味の甲骨金(碑)文」

IMG_3120.jpg
甲骨文字からどんなふうに漢字になってきたのかを、元の甲骨文字の成り立ちから紹介してる写真集です。面白い(^o^)

今回は、王羲之くらいしか知らずに行ったのですが、もっといろんな書家や画家を知って行くともっと楽しいでしょうね。次回行く機会があれば、勉強していきたいと思います。


【パイロット】2015年9月の添削結果

パイロットの9月課題の添削結果が戻ってきました。
御大HJ先生でした。なんと、1点アップしていただけました\(^o^)/83点!(←え、目指せ85点とか言ってなかったっけ?)

Π_20151017_添削結果

「すっきりとよくまとまって書けてます。字粒も中心に揃い、字形も取れています。」とのお褒めのお言葉(^^;え、持ち上げすぎでは・・・
「漢字粒が整うと申し分ない清書になるでしょう」とのこと。まだ、一字一字の字形で四苦八苦してるので、周りの字を見て書けてないってことですね。


【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2015年10月課題)

ひっさびさの課題研究です(^^;
まずは、楷書編。

今月の課題は、「澄み切った秋空を指さして、 孫たちが歌っている。」です。
書いてみたところ、そんなに難しい字はありませんが、基本と全体のバランスが勝負になりそうですね。

わかくさ通信の「課題の注意点」
・「切」は4画、「孫」は10画で書きましょう!(え?何のこと?と思いますね。)
・中心を通しやすい課題文です。行の中心をまっすぐに!
これだけです(^^; やっぱり、基本とバランスの課題ですね。というか、久しぶりにこの欄見た気がする( ゚Д゚)

誤字・脱字注意報!
・「指さして」ですよ、”ゆびさして”。「指して」とか「指差して」とかにならないよう!

では、漢字単体で・・・

【澄】
部首:さんずい
澄

初心者には、難しいさんずいです。ラインの角度になるように書きましょう。三画目は、一、二画目より少し離して。
初頭の一画目は、横向きに入ります。初頭の書き順は、いくつかありますが、学校で教える書き順は、上のとおりです。右払いは、左払いよりも少しだけ長く、最後は止めて払います。豆の部分は細かいですが、「口」の結ぶ向きは基本に忠実に書きましょう。

【切】
部首:かたな「刀」
切

画数も少なくて簡単そうですが・・・。二画目は、タテ画から右にしっかり折ってやや右上に上げます。
切のダメな例
ダメな例・・・こういうことです。右のように、偏を3画で書いてはいけません(課題の注意点)。旁の「刀」は、偏の一画目と同じくらいの高さから書きます。

【秋】
部首:のぎへん
秋

のぎへんは、一画目を押さえるように入って、寝かせて払います。左右の払いは、余白が同じくらいの間隔になるように。偏の右側は揃えます。「火」は、左右の点の位置と角度に注意。「人」の部分は、タテにまっすぐ下ろして、途中から払います。もちろん、右払いは止めて払いましょう。

【空】
部首:あなかんむり
空

うかんむりではなく、「あなかんむり」ですね。二画目は、少し外向き気味に、三画目は、右側の方を少し長めに書いて、最後は短く折り返します。B系統の三体本の字は、四画目が若干行書チックに次の画への筆意が出てますが、楷書では止めておくのが無難じゃないでしょうか。

【指】
部首:てへん
指

こちらもとくに難しいところはありません。てへんの二画目の最後は軽く跳ねて、三画目は、次の画に向かって右上に跳ね上げます。四画目のヨコ画は、左から右ではなく、右から左へ少し払い気味に書きます。「日」の結びに注意します。B系統の字では、「日」の中の上下の間隔が同じくらいになっていますが、他系統の字のように、上の方をやや小さく、下を広めに取るのが基本です。

【孫】(既出:2014年12月「母が孫のために・・・」)
部首:こへん
孫
(2014年12月バージョン)
孫

「子」は、3画で書きます。2画目は肩を作って、3画目は肩を通るように旁の1画目に向けて跳ね上げます。
旁の1画目「ノ」は寝かせて左へ払い、その下に「糸」を書きます。1画目の左払いと「糸」は接していません。「糸」の下の部分は、「小」の字と同じで左右の払いの位置に気をつけます。偏が画数が少なく、旁が画数の多い漢字ですから、偏と旁のバランスは偏を小さく旁を大きくします。


【歌】(既出:2014年9月「十五年ぶりに・・・歌舞伎を楽しみます。」)
歌
(2014年9月バージョン)
歌

細かいですが、各画の起筆をしっかり書きましょう。
偏側は、上の「可」を小さ目に、下の「可」は少し大き目に書きます。
旁側の「欠」は、偏側に対して小さ目に書きます(ただし、小さくなり過ぎないように)。「欠」の二画目は、折り返した後、左へ払うように書きます。
最後の払いは、C系統のように止める形もありますが、B系統で楷書で書く場合は、普通の左払いのように止めて払います。


画数の少ない字は小さ目になりますが、全体のバランスを考えて字粒を調節するのが難しそうですね。


【パイロット】2015年10月のお稽古

パイロット10月のお稽古です。
わかくさ通信が届いています。
第401回級位認定課題の結果は、昇格せず。Twitterの方々は、どんどん昇格しています。昇格された方、おめでとうございます!
私は、この辺でしばらく引きこもります(´・ω・)

さて、今月は9月に引き続き、「ヨコ書き」を学びます。ただし、油性ボールペンです!
あぁ、今年もこの時期が来たのですね(; ̄ゝ ̄)秋だなぁ・・・欠損、欠損!
(油性ボールペンの覚え書)

添削課題は、初級が107、中級が207、上級が307です。
B系統初級の課題は、こちら
B系統中級の課題は、こちら
B系統上級の課題は、これです。
307_B.jpg

もちろん、今月も中級で行きます・・・・欠損、欠損!

級位認定課題は、「澄み切った秋空を指さして、 孫たちが歌っている。」です。
孫とか多いなぁ・・・(--; せんせ!もっと若々しい課題を!

とりいそぎ作った自作手本がこちら。
自作手本Ver1

まだ書いてませんが、一行目、並べるのきつかったので、書いた時にもひょっとするときついかもしれません。
文字の大きさとバランスをもっと工夫しないといけないですね。
連綿ポイントは、「さして」、「たち」、「って」、「いる」あたりでしょうか・・・。


【パイロット】2015年9月のお稽古と清書

でもって、ついにお稽古記事までサボってしまったパイロット9月の課題です。

9月の中級添削課題については、過去記事をご覧ください。←手を抜いたな!"(-""-)"

9月の級位認定課題は、「校舎の裏で咲いているのは、 ガザニアの花です。」でした。
一応、自作手本は作成したんですよ。
こちら。
自作手本Ver1

いろいろ気に入らないところもあったんですが、作り直す手間と書く時間と考えて、結局作り直さず・・・

添削課題、級位認定課題ともに、それぞれ20回くらいしか書いてませんが、時間切れで清書しました。
大人買いした清書用紙も2枚しか使ってません。

Π_20151008_9月添削課題清書
Π_20151008_9月級位認定課題清書

「咲」は、丁度ペンの光で書いていたので、そちらで使ってる字体にしました。
連綿は、「いる」「です」の2か所。ほとんどぶっつけで書いたようなもんですので、書きやすい方で書いちゃいました(^^;
ここまで手を抜いたら、昇段はともかく、順位的にもどうなるのやら・・・ある意味、これが今の実力だというバロメータにはなるかも・・・。


【ペンの光】2015年9月の清書

ペンの光です。今回は、スターターキットについてくる6回分の添削券の最後の回でしたが、結局添削に出すのは諦めました(´・ω・`)
これって、何月分とか書いてないから、また次回使えるのかしらん・・・

「書いて出すことに意義がある・・・」という神様の言葉を信じて、とにかく書いて出しました。
規定部の9月の課題の清書がこちら。

国_20151002_9月清書

添削に出してないので、どこまで調整できたのか自信はないですが・・・これまでの提出から言うと、ぜんぜんダメでしょう。
ペンの光は、編入後からまったく昇格する気配なしです(´・ω・`)


【パイロット】2015年8月の清書と添削結果

ご無沙汰しておりますm(__)m
久々のブログ更新です。結局、9月の出張ラッシュの後、ブログの更新する精神的な余裕が持てないまま、秋となってしまいました(^^;

練習不足も祟って、昇格もせずかなりスランプですが、それでもなんとか、課題は提出し続けています。
とりあえず、この間提出した課題を載せておきたいと思います。

まずは、パイロットの8月課題から(笑)

Π_20150908_清書添削課題
Π_20150908_清書

練習不足過ぎて、ここのところ清書用紙でガクブルしないのはいいのですが、まったく進歩なし・・・どころかどんどん下手に・・・Σ(゚д゚lll)

で、戻ってきた添削がこちら。
Π_20151011_8月添削結果

久しぶりのKT先生。点数は、今年に入ってずーっとキープの82点(--;
「落ち着いて書けました。・・・ペンの動きになれ、なめらかに書けると良くなるでしょう。」とだけ。

こちらが昨年の添削結果・・・
IMG_20140919_0001.jpg


・・・全然進歩なし(--;

プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR