【パイロット】2015年5月分の添削課題が戻ってきました

パイロット5月課題の添削結果が戻ってきました。
大先生の添削で、結果は1点減の82点・・・85点なんて一生取れないのかも・・・。
同じ課題の2年目だというのに、やっぱり上手く書けず・・・お直しも進歩なしな感じです(´・ω・`)

パイロット_20150623_添削結果

「すっきりした線でよく書けています。字形も枠に対する字粒もいい」とのことですが、横にあるように左払いの次の画への筆脈が感じれるようにとのこと。練習中も、そこが上手く書けなくて・・・。
「野」は、昨年のお直しを意識しすぎた感じです(--;

ちなみに、昨年のはこちら。
昨年は、80点でした。

201405_添削結果



スポンサーサイト

【パイロット】課題研究:昇段を目指せ!(2015年6月の課題)

ぜんぜん昇段する気配も、気概もなくなっていますが、昇段を目指せ!課題研究行書編です(^^;

先日作った、自作手本Ver.1はこちら。
自作手本Ver1

またまた、画数の少ない漢字とひらがなの課題です。漢字もあまり迷うことはないでしょう。

夕
刻

夕も刻も、あまりバリエーションはありませんし、あまり崩しすぎないようにとすると、素直にB1-B1の組み合わせで良いと思います。一応、ポイントを知るために、他系統のも並べてみた・・・という感じです。

雨
音

「雨」は、B2では崩しすぎだと思うので、B1か、ちょっと変化をつけるならC2のような略し方くらいまででしょうか。
「音」も、そんなに迷うことはありませんが、B1のように3画目と4画目を離して書くよりもB2のように繋げた書き方の方がお手本には多い気がします。B2そのままでも良いと思いますが、B1とB2を組み合わせた形(C1、T1に近い)のような形で書きたいかなと思います。

心
地

「心地」も、あまりバリエーションないですし、どれでもカッコいいと思うので、書きやすい方で書きます。とりあえずは、B1-B1で。

寝

さて、問題の「寝」です。B2は崩しすぎなので、B1なのですが、「ヨ」と「わかんむり」を繋げるか繋げないか、最後の払いを止めるか払うかで、A1のような感じの方がカッコいいかなぁとも思います。字形というかかっこよく書くのが難しい漢字なので、まずはかっこよく書く練習の方が先ですが、書き慣れてきたらB1とA1を書き比べてみて決めたいと思います。

【連綿】
さて、連綿ですが、ひらがなの多い課題が続いていることもあってか、わかくさ通信で連綿の注意が強調されています。
「むやみな連綿は避けなさい」との注意に加えて、なんと前回の課題のチェックポイントの横に今月の課題の連綿チェックポイントまで載っています。例として、課題に2か所も出てくる「うた」の連綿が・・・

これは、もう、「”うた”を連綿にして、他は無理するな」とおっしゃっているのでしょう!(←ほんとに?(--;)

でも、手元の参考書では「うた」の連綿あまりないんですよね(´・ω・)
うた_連綿_田中
(田中先生「つづけ字・くずし字の書き方」

あと、繋ぎやすそうなのは、「しそ」でしょうか・・・んー、「く」繋がりはまだ書ける気がしませんし・・・(^^;

自作手本Ver2

とりあえず、これとわかくさ通信の解説とで書いてみたいと思います。


【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2015年6月課題)

たいへん遅くなりましたが、パイロット6月の課題研究楷書編です。
気候のせいか、気を遣う仕事が続いてるせいか、やることが後手後手になっています(´・ω・`) やっぱり、3つ掛け持ちは大変かも。

今月の級位認定課題、「夕刻の雨音が心地よくて、 うたた寝をしそうだ。」です。
書いてみると、画数の少ない漢字やひらがなのバランスが難しいですね。

わかくさ通信の「課題の注意点」
・「刻」は8画、「寝」は13画で書きます。筆順にも注意して!
・むやみな連綿はさけましょう!テキストかな編p.44~P.47
あれ、これだけ?

誤字・脱字注意報!
「うたた寝をしそうだ」です。これまた、いつもと少し違う文末なので「うたた寝をしてしまう」とか「うたた寝します」とか「うたまろです」とかにならないように!!(←最後のはなりません!)

では、単体漢字をば。

【夕】
部首:ゆうべ
夕

左払いは、少し開いて放射状に。角度、中心にも気を付けます・・・・以上(笑)

【刻】
部首:りっとう
刻

「亥」の左払いは、放射状じゃなく角度揃えた方が良さそうです。りっとうは、間隔をあけて堂々と書きましょう。最後の縦画は長めにして、最後跳ねます・・・以上(あれ?)


【雨】(既出:2013年6月「小雨の中、渡月橋にたたずみ・・・」)
部首:あめ
雨

渡月橋以来でしょうか。雨の構えは、右側を少し長め(広め)に取ります。中の点々の位置は、若干真ん中のタテ画寄りに書くと締まる気がします(ほんの少しだけ!)。バランス良く打ちましょう。

雨_注意_江守
(江守先生「楷書の基本100パターン」)

【音】
部首:おと
音

中心を揃えること、上の「立」の下のヨコ画は長めにとることでバランスを整えます。「立」の中のタテ画は、左を立て気味に書いて、右は中心をめがけて払います。両方内向きに書きますが、中心に集中しないように書きましょう。その2画の幅と同じくらいの幅で「日」を書きます。「日」も基本を忘れずに、中のヨコ画の右側を付けないこと、結ぶ方向にも注意しましょう。

【心】
部首:こころ
心

1画目は、下向きに少し湾曲させながら。2画目はなべ底の形で、最後少し持ち上げて(A系統江守先生のが分かりやすい)3画目に向けて跳ねます(江守先生「楷書の基本100パターン」)。最後の画は、2画目の外側に、3画目より少し高めに書きます。すべての画が、左上から右下に向けての放射状になる角度で。

【地】
部首:つちへん
地

「つちへん」のタテ画は、上を十分長く、3画目は、4画目に向けて跳ね上げます。
4画目の折り返しと、5画目、6画目のタテ画が若干開く形で書きます(「楷書の基本100パターン」)。5画目は、「つちへん」のタテ画と同じくらいの高さから、6画目はそれよりずっと低くから書いて、最後はなべ底のように少し湾曲させて、左の折れと同じくらいの高さで上へ跳ねます。最後の跳ねる方向は、もともとは外向きに跳ねたそうですが、現在では上向きに跳ねるのでOK。この旁が「也」の漢字は、偏よりも若干上に書いた方が良いようです。逆に、偏より下がらないように。

【寝】
部首:うかんむり
寝

普段よく見るのに、実はあまり書かない漢字ですね。私も物心ついてから初めて書いたかも( ゚Д゚)
書いてみると、バランス難しいです。とくに、三体本の字は若干ほげほげしてい・・・(しー!!)。
「うかんむり」ですが、これまで書いてきた「字」とかと違って、かんむりの下が画数多いのが難しいのかも。「うかんむり」はこれまでと同じく、1画目は中心あたりに打ちますが、2画目は少し外向きに書いて、3画目は右側を心もち長く取って短く跳ねます。短くですよ!わかくさ通信の注意点で筆順に注意とあるのは、この次の4・5・6画の書き方ですね。タテ画が先で、その後左の点と跳ねを書きます(ずっと間違えてました(*ノωノ))。右側の下の「わかんむり」は、上の「うかんむり」の少し外まではみ出ます。足長目「又」を書きます。最後の右払いは、「わかんむり」よりさらに外側まではみ出るくらいに、止めて払います。

今回も、ひらがなが多く、漢字のバランスも難しい課題ですね。よほど書き込まないと、締まった感じならないかもしれません(´・ω・)



【ペンの光】2015年6月の添削作品を書きました

ペンの光6月課題の添削作品を書きました。
まだ、7月号が来ないので、いったい何級に編入されるのか分かりませんが、とりあえず規定部の最初の課題を書いてます。

光_20150617_添削提出

こうして見ると、「な」が傾いたり・・・いや「な」だけじゃないですね(^^;
でも、もう封入してしまったので、添削していただいてから調整することに・・・。

【ペン時代】2015年5月の清書

ペン時代の5月の課題を清書しました。
昔よりかは書けるようになってる感じはしましたが、本庄先生のかっちりした楷書のお手本で、楷書の難しさを実感しながらの清書となりました。


時代_20150613_清書

うむむ・・・添削課題を書いた時の方が良かった気が(^^;
意識すればするほど、ダメになっていくパターンでしたorz
清書用紙3枚のうちで良いものを・・・と思っていたのが、6枚も書いて・・・仕方がないので、これで出しました。


【パイロット】2015年6月のお稽古

パイロット6月のお稽古です・・・と、その前に・・・

本日から、当ブログは、

3年目に突入しました\(^o^)/祝!

まさか、2年も続くとは思ってませんでしたが、これも一重にTwitterの同好の方々およびこんな拙いブログをご覧いただいてます奇特なあなた様のお蔭です。本当にありがとうございますm(__)m
3年目だからといって、デザインが一新するとか書きなぐりをやめて洗練するとか全然予定してませんが(^^;、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

------------------

さて、わかくさ通信の6月号が珍しく1日に届いております。

第397回級位認定課題の結果は、言わずもがな昇格はありませんでした。まぁ、そりゃね、そう簡単にはこの壁は越えられません(^^;

今月は、先月に引き続き、「漢字」を学びます。
添削課題は、初級が103、中級が203、上級が303です。
B系統初級の課題はこちら
B系統中級の課題はこちら
B系統上級の課題は、こちらです。
303_B.jpg

もちろん、今月も中級を書きます。「野球 疾走 職業 上達」・・・んー、何のことだろう(--;

級位認定課題は、「夕刻の雨音が心地よくて、 うたた寝をしそうだ。」です。
今回は、1行目は文字が詰まることはなさそうですが、2行目はひらがなが多くて長くなりそうな感じです。

取り急ぎ作った自作手本Ver.1がこちら。連綿はまだ入れてません。

自作手本Ver1
(「ペン習字三体」+高田先生「書き込みペン習字」)

なんか、三体の字がやっぱり少しほげほげしていて、書くときにはちょっと工夫が要りそうです。他の三体本やお手本で、より良い字を探したいと思います。



【パイロット】2015年5月のお清書

昨日、パイロットの5月の清書を終え、投函しました。

添削課題で85点を目指せ!と掲げましたが、なかなか思うように書けません(´・ω・`)しかも、昨年添削していただいたことを意識すればするほど、上手く書けないというジレンマに・・・

スキャナでスキャンすると、粗が隠れてしまいますが・・・
パイロット_20150607_添削清書

添削課題は、結局こんな感じに・・・やっぱりお直しされるところが見えそうです。

パイロット_20150607_級位清書

級位認定課題です。緊張してガクブルするのを防ぐために購入した予備の清書用紙も動員しましたが、結局、2枚目に書いたのが一番いいという先輩方のご意見でこれになりました。清書用紙を大人買いしたおかげで、ガクブルするのはかなり軽減されましたが、何枚書いても、どこかが上手くいけば、どこかがダメで・・・の繰り返し。それにまだまだ作品としての勢いというか工夫がないような・・・。

まぁ、少しは上達した証拠でしょうがなかなか自分で満足いく清書になりません。ダメでも満足いく清書をしたいものです(´・ω・`)


【ペン時代】2015年5月課題の添削が戻ってきました

ペン時代5月課題の添削が戻ってきました。
大きなお手本での久々の楷書。本庄先生のお手本、すごくきれいに決まってると思っていましたが・・・

時代_20150601_添削結果

添削の先生をして、「楷書の難しさをあらためて・・・初めて定規を使ってみた」と・・・。6mmと書いてあります・・・(--;
ま、まさか!

時代_20150602_添削結果
↑お手本です

おお!ぴったり6mmで等分されています(~_~;)
えーっ!フリーハンド、目分量でこれを書きますか!?
む、無理です(^^; 私には無理です!
でもきっと、コンマミリ単位で書けないと、この立派な字は書けないんでしょうね・・・(汗)
驚くとともに、無力感に見舞われる添削結果でした・・・orz



プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR