【ペン時代】2015年6月号のお稽古

まだ、5月の添削も戻ってきていませんが・・・
ペン時代6月号が届きまして、昇段試験の結果が分かったので、ご報告とともに早いですが6月の課題を見たいと思います。

3月に提出した昇段試験の結果がやっと発表されました。結果は、無事昇段\(^o^)/しかも、優秀作品に選ばれてしまいました!

苦労して書いたので、もちろん嬉しいのですが、優秀作品として誌上に載ったりするとさすがに

「やめてぇ~(*´Д`)ノノ」

となります(~_~;)できが悪いのは、自分が一番よく分かってる・・・

さて、ついに初段となりましたので、これでどの課題をやればいいかがハッキリしました。すっきり!

・・・とおもいきや、初段の課題は実は二つあることが判明・・・


「高校・一般の1級上から初段まで」の課題
時代_20150527_0001
(宮崎倫子先生のお手本のなぞり書き)

「高校生有段者と一般の準初段から7段まで」の課題
時代_20150527_0002
(大久保節子先生のお手本のなぞり書き)

え、どっち書けばいいの?(^^;
上の課題は、先月から書いている5号の楷書と行書の課題です。初段までの課題なので、なんと短い期間のためのお手本でしょう。6月は行書ですが難しそう・・・。
下の課題は、楷書と行書の四字熟語書き比べです。こっちは7段までの人が書くという、逆になんて長い期間をカバーする課題!

なぞり書きした感じでは、どっちも難しそう。両方書いてみて、添削も時間があれば両方出してみようか・・・そして出来の良い方を清書に出すか・・・とか、5月の課題も出していないうちから悩んでます(^^;


--------------------------
【追記】2015年6月2日
これでどの手本を書けばいいかハッキリしたと書きましたが、ぜんぜんハッキリしてませんでした(^^;
6月号の提出の前に、7月号が来るわけですが、もし7月号で昇段していたら「初段」ではなくなります。そうすると、「高校・一般の1級上から初段まで」の課題ではダメですね(←取らぬ狸のナントヤラ)。

で、紙面を見ますと、今月は「高校生有段者と一般の準初段から7段までの競書手本」として、こんなのが載ってました(隣のページだったんですけどね・・・(^^;)

時代_20150529_0003
(田丸憲子先生のなぞり書き)

時節柄の暑中見舞い手本です。今年は年賀状で手書きに挑戦したので、これを練習するのも良いのですが、競書用紙(6号はがき)を持ってません。
・・・ということで、今回は、四字熟語の練習となりそうです。次の機会のために、6号用紙買っておこうかな・・・。


スポンサーサイト

【ペンの光】2015年5月の清書

少し早いですが、ペンの光の5月課題を清書しました。
添削で指摘していただいたことがどれほど反映できているか分かりませんが・・・こちらは早めに仕上げて、月初めはパイロット、ペン時代の清書の方に傾注したいので。

光_20150526_清書

清書用紙を大人買いしたので、7、8枚は書いたのですが、何度書いてもこんな感じです(^^;
単純な文章だけに、一度書き癖がついてしまったら、なかなか脱却できません。なんでしょう・・・パイロットともペン時代とも違う感覚で練習しないとダメな感じです。

まだ、級位もついていないので、モチベーションも中途半端なのもあるかもです。来月には級位がつきますので、それまでは気楽に手探りでやってみたいと思います。




【ペン時代】2015年5月課題の添削用作品を書きました

ペン時代5月の課題の添削作品を書いて、昨日投函しました。

時代_20150523_添削

久しぶりの大きな楷書で、線をまっすぐキビキビ書くのに苦労しました。
どうも、直線のタテ画が左へ傾くクセが・・・。ちゃんとペン先が稼働していないです・・・。きっと、初級のころより、もっときちんと書かないとダメです(^^;


【ペンの光】2015年5月の添削結果

ペンの光の添削結果が戻ってきました。

光_20150523_結果

カットしてありますが、横にはマズイ字のお手本が書かれています。
まぁ、ほとんど想像通りのお直しですが・・・

光_20150523_す

これは、初めて知りました(゚Д゚;)

行書課題の時は、名前も行書で書くようにとの注意が・・・πも時代も楷書なので、おもいっきり楷書で書いてました(^^;


【ペン時代】2015年5月号のお稽古

忘れてました!ペン時代5月号のお稽古です(^^;
第七四八回級位認定課題(2月の課題)は、昇段試験の問題となっていてまだ昇格は保留です。

今月も、「高校生・一般の1級上から初段までの競書手本」5号用紙作品を書きます。

IMG_20150520_0003.jpg
(本庄加津子先生、のなぞり書き)

いつものように、なぞり書きです。ちょっと力が入ってお手本よりもずっと劣化してますが(^^;サイズは、B5サイズです。
本当のお手本は、本庄先生のかっちりした楷書です。どうやら、この級位のお手本は、楷書や行書がローテーションで出題されるようです。前回とはうってかわってきっちり楷書を書かないといけません。

既に何度か練習して、そろそろ添削に出さないといけない時期に来ています。練習あるのみです。


【パイロット】課題研究:昇段を目指せ!(2015年5月の課題)

パイロット課題研究の行書編です。
とりあえず使っている自作手本Ver.1はこちら。

自作手本Ver1

漢字も少ないですし、字形のバリエーションもややこしいものはないので、漢字については素直に選べばいいと思うのですが、一応各系統の字を見比べておきます。自系統の字だけではつかみきれない字形の共通のポイントを知るために。

日
差

日は、いつも中のヨコ画をどう書くか悩むのですが、長文で何度も出てくるときは変化をつけ、B2のような形も使った方がいいのかもしれませんが、現代文で単体で出てくるときは、B1やC1、T2の形で書いた方がいいように思います。
差の「工」の部分が上手く書けません。書けるように努力はしたいですが、ダメなら無理せずA1の感じで書きたいと思いますC1やT1なんかもカッコいいのですが・・・日をあまり崩さず書くなら、差もB1やA1くらいで書くのがいいでしょうね。

柔

柔は、B2の形だと草書寄りになってしまいますから、素直にB1の形で。「木」の部分を「ホ」の形にするかB2やA2のように払いの形にするかはありますが、これも素直にB1で行きたいと思います。

気
持

これらも、あまりバリエーションありません。「気」を旧字体で書くパターンがありますが、他の漢字を楷書寄りで書きまし、危険は冒さない方がいいかと。

穏

穏は、旁の頭の崩し方が3つくらいパターンがあるようです。でも、B2はともかく、A2やC2のような形で書いたことありませんし、やっぱり他の字が楷書寄りなのでB1の形で書きます。

漢字は今回もあまり悩まないですね。

【連綿】
悩ましいのは、連綿です。最近、わざとか分かりませんが、ひらかなが多い課題が続いてます。ひらがなの練習しなさい!ということでしょうか・・・。さらに今回の課題は、続くひらかなが多く、どこを連綿にしたらよいのやら・・・わかくさ通信の課題の注意点にも「連綿は工夫しなさい」とありますが・・・。

工夫もなにも、どうしていいやらも分からないのですが、とりあえず、手元の手本から参考にできるものを選ぶしかないですね(^^;

3文字以上の連綿は危険すぎるので避けるとしたら、2文字連綿ポイントとしては、
「しが」、 「らか」、 「かい」、 「いと」、 「やか」、 「かに」、 「にな」、 「なる」
でしょうか。多すぎます(--;

とりあえず、書けそうなところで、「いと」「なる」あたりに絞って、サンプルを探しました。

いと_ペン時代
(ペン時代より)

「いと」の連綿です。他にもいくつか見ましたが、こんな感じですね。ちょっと古筆調になりますが、これなら書けるかも・・・

なる_ペン時代
(「ペン時代」より)
なる_田中
(田中鳴舟「つづけ字・くずし字の書き方」)


感動する_ペン時代
(「ペン時代」より)

文末は王道の連綿ポイントですが、今回は「る」で終わってるのが味噌です。「る」が連なる連綿では、形が絵描き歌で耳を書くような形になることが多いです。上のペン時代のような感じですね。下の田中先生のは、若干「る」っぽい形ですが・・・。
しかし、古典的な文章や文章の途中などに出てくる場合は、崩した「る」でもバランス取れるように思いますが、現代文の文末でこの「なる」を使うと少し違和感あります(使ってるお手本はいっぱいありますので、全然かまわないのですが・・・)。

ペン時代をめくっていると、こんなのもありました。
良くなる_ペン時代

ちょうど文末が「なる」で終わってる文です。これだと普通の「る」ですね。そうやって見ると、この普通の形の「る」に繋げている例は沢山見当たりました。こんな感じが良いかもしれません。

古典的な作品では、「る」は連綿によって右へ寄せて書きますが、上の例のように、現代文で罫線がある場合は、あまり寄せ過ぎず、少しだけ引っ張られて右寄りかしら?というくらいが良さそうです。

連綿を入れた自作手本Ver.2です。

パイロット_級位認定課題_自作手本Ver2
(右から:楷書、行書Ver.1、行書Ver.2)


どうでしょうか・・・。書きながら、さらに迷いたいと思います。


【パイロット】2015年4月分の添削課題が戻ってきました

パイロット4月課題の添削が戻ってきています。
2度目の中級のひらがなの課題です。昨年はわけわからずに書いてましたが、2年目なので、「目指せ!85点!」を目標にしたのですが・・・結果は、83点(--;まぁ、二年目の最初の点数(3月入会)が82点始まりでしたので、1点アップはしたのですが・・・。B系統では神様レベルの方しかいただけない85点を取れるのはいつになることやら・・・

パイ_20150516_添削結果

久しぶりのOKMT先生で横には綺麗なお手本が書かれてますが、いったいどう直されてるのやらやっぱり私の感性では分かりにくいです(^^;

「字形よくすっきりと書けました。線の張り滑らかさはすばらしい。」とのコメント・・・の割には直されてますが・・・
「細かい部分を意識して精進しなさい」とのこと・・・するしかありませんね(´・ω・`)


ちなみに、昨年のと並べてみます。

比較

進歩したのかどうかも、うーん、分かりません(^^;困った


【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2015年5月課題)

遅くなりましたが、パイロット5月の課題研究楷書編です。
今月の級位認定課題は、「日差しが柔らかいと、気持ちも 穏やかになる。」です。

初見で書いてみると、1行目が漢字少ないのに文字数が多くて、キツキツです(^^;

わかくさ通信の「課題の注意点」
・「差」は楷書で10画で!
・「持」は、つくりの3画目が一番長く
・「と」「る」は小さく書いて、「か」の中心線を考慮する
・上級者は、連綿に工夫を!
最後のが難しい!(><)

誤字・脱字注意報!
送り仮名に注意!「日差し」を「日差」とか「陽射し」とか・・・「気持」は「気持ち」とか・・・書かないように!
ちなみに、文科省の標準送り仮名では、「気持ち」ですが、明らかな場合は「気持」など送り仮名を省略してもよいのだそうです。「振り込み」も「振込み」「振込」どちらでもよいのと同じ。

【日】(既出再掲:2015年3月「昨日の朝、プードルを」、2014年5月 「町会の日帰りバス旅行・・・」、2014年6月 「次の日曜日は、・・・」、2014年8月 「日除け用にと育てた朝顔の・・・」)
部首:ひ(日)
日
(左から、B系統「ペン習字三体」、A系統「常用漢字の楷行草」、C系統「常用漢字の六体」、田中鳴舟「ペン字三体字典」、以下同順)

基本頻出漢字ですね。結ぶ方向に注意しましょう。
中のよこ画は、右にはつけません。左側は、楷書では一般的にはつけて書くのがよいですが、つけなくても間違いにはなりません。B系統ではつけなくても良いようです。
また、中のよこ画は、上下の中央に書くのではなく、気持ち上に書き、本当に気持ち下の余白の方を広く取るのが美しいです(参:江守先生「楷書の基本100パターン」)。


【差】
部首:え・たくみ(工)
差

部首は、「ひつじ」ではなく、「え・たくみ(工)」なんだそうです。
1画目は立て気味に、2画目は入筆に気を付けて中心に向かって払います。
上のひつじの部分は、ヨコ画の間隔に注意します。ヨコ画は、真ん中がやや短く、三本目を少し長く書きます。7画目の左払いは、中心より少し左から払い、その分、「工」を右側に寄せて書きバランスを取ります。

【柔】
部首:き「木」
柔

画数が多いながら、バランスは取りやすいのではないでしょうか。
上の「矛」は、中心と2段に重なる左への折り返しの角度に注意します。4画目のタテ画は最後小さく跳ねます。
上の「矛」に対して、下の「木」のヨコ画を十分に長くします。「木」のタテ画は最後跳ねて、左右の払いもその長さに合わせて大きく払います。右払いの「止めて払う」をしっかり。「矛」と「木」の高さは同じくらいに。

下の「木」の部分は、他系統では、点々の形になっています。もともとは点々の形だそうですから、他系統のように書いても良いと思います。
柔_江守_解説
(江守先生「常用漢字の楷・行・草」)

【気】
部首:きがまえ
気

2画目から4画目のヨコ画を等間隔で右上がりに書きます。4画目は長く書き、右下へ反らせて最後は「メ」への筆意を意識して跳ねます。4画目が右下へ長く伸ばしているので、構えの中の「メ」は衷心より左へ書きます。

【持】
部首:てへん
持

てへんは、タテ画を跳ねます。3画目は、少し左下から、タテ画の真ん中あたりを目指して跳ね上げます。その時、タテ画を長く突き抜けないように、偏の右側が揃うように注意します。「寺」は、「土」の二段目のヨコ画が一番長く、下の「寸」のヨコ画が左右にそろったりはみ出したりしないように、逆三角形になるように書きます。最後の縦画も跳ねます。

【穏】
部首:のぎへん
穏

旁が大きいので、のぎへんは少し控えめに書きます。最初の左払いは、少し寝かせ気味に。「きへん」と同じく、左右の払いは○の空白部分が均等になるように書きます。偏の右側は揃えましょう。
旁は、大きいので、中心より左側へ少しはみ出るくらい。「心」の最初の画は下、二画目は底を若干下へ反らして、筆意を意識して、最後の点々を書きましょう。


今回もひらがなが多いので、漢字よりもむしろひらがなとバランスが難しいですね。とくに1行目は、詰めて書くと漢字まで小さくなってしまいそうです。漢字が小さくなると、作品が委縮して見える気がします。漢字とひらがなは、10:8ですが、いつも思うのですが、ひらがなは少し小さ目に書いても許されるのかな?って感じです。だけど、あまり小さくなり過ぎないように。


【ペンの光】2015年5月の添削作品を書きました

立て続けですが、ペンの光の5月の課題の添削用作品を書きました。
5月の課題は、こちら・・・

ペンの光_20150515
スキャンするの忘れて、添削券に貼って折っちゃいました(^^;

今回は、行書のタテ書きで「ご無沙汰しております」です。なんだか、中塚先生の番組を思い出します(笑)

いつものコピー用紙での練習では、そこそこ書けてたつもりなのですが、いざ清書用紙に向かうとグダグダで・・・
こちらはパイロットと違って用紙は何枚もあるのだからと、用紙に慣れるまで何枚か書き直しましたが、結局これで時間切れです。やっぱり、まだダメです。でも、少しはマシになったんですよ(´・ω・)

こんな調子で清書用紙を使っていたら、最初にもらった清書用紙なんてすぐに使い切ってしまうかも、と思って清書用紙を追加発注しました。10冊1組(1冊32枚)で453円です。血迷って大人買いで2つ発注!(20冊!)(~_~;)←いいのか!?オイ!
噂には聞いていたけど、送料が540円とバカ高いです。商売上手だなぁ・・・(´・ω・`)


【ペン時代】2015年4月の清書

ペン時代4月の清書をしました。

急遽、5号課題に取り組んだ今回の課題ですが、添削作品を書いていた時よりも清書の時の方が調子が悪くて・・・(--;
仕事が立て込んだり、朝顔の種まきにかまけたり(←それは、自分のせい!)してるうちに、時間切れとなりました(´・ω・)

時代_20150514

う~ん、添削で指導していただいたところどころか、添削時よりも悪くなってる(--;
この回から、また次の昇級の審査が始まるはずなので、大事な清書だったはずなのですが・・・
とにかく、投函してしまったのもは戻せません。次の課題がんばります。


【パイロット】2015年5月のお稽古

パイロット5月のお稽古の準備をします。
5月4日に届いたわかくさ通信、第396回級位認定課題の結果は、昇段せず、地位でした。

今月は、「漢字」を学びます。
添削課題は、初級が102、中級が202、上級が302です。
B系統初級の課題はこちら
B系統中級の課題はこちら
202-B.jpg
B系統上級の課題は、こちら。
302_B.jpg

もちろん、今月も中級課題で行きます。目指せ!85点!

級位認定課題は、「日差しが柔らかいと、気持ちも  穏やかになる。」です。
チェ、つまんない課題だ(´・ω・) ←なにが?

とりあえず文字を拾った自作手本Ver.1は、こんな感じです。

自作手本Ver1
(「ペン習字三体」+「書き込みペン習字」+「し」だけパイロット)

またまた、ひらがなが多いです(><)なんか、作為を感じます。ひらがな練習しなさい!と。
しかも、1行目が文字数多いです。ひらがなばかりですが、並べてると窮屈です。文字のバランス考えないといけません。2行目は短いのに・・・。

こうやって見ると、まだ綺麗に並べることができてません。、課題研究もしながら、バージョンアップしていきたいと思います。


【パイロット】2015年4月のお清書

パイロット4月の課題の清書をして、6日に投函しました。
少し良くなったかな?と思っていた時に清書をすればよかったのですが、その後、なんだか調子が悪くなって、時間切れでイエヤと。

清書用紙大人買いしたお蔭か、あまりガクブルすることなく書けたのは書けたのですが、これ以上はよく書けそうになく、結局一枚書いてそのまま提出です(^^; なんなんだ・・・

パイ_20150504_添削

昨年、あまり良くなかった添削課題です。苦手なひらがなな上に、昨年添削されたところが、何度見ても「んー(--;これはどう直したらいいんだろう。」という感じで、あまり良し悪しが分からぬまま。少しは進歩したのかどうか・・・戻ってくるのが怖いような楽しみなような・・・。

パイ_20150504_認定

そして、級位認定課題です。いつもよりはガクブルしませんでしたが、やっぱり二行目あたりまでくると、力が入ってしまいます。画数が少なく小さ目に書くはずの「大人」が、小さすぎてしまったような気も・・・経験から言えば「のびのび、大き目に」書いた方が評価高いのですが、少し委縮してしまってます。字形もこれでは、天位にも入らないかも。いや、きっとこういうのは他の方が綺麗に書けていて、ずっと下になるかもしれません(^^;

気持ち切り替えて、次の課題の準備します。


【パイロット】2年目の認定証が届きました

パイロット2年目が終了しましたので、認定証を請求し、昨日届きました。

パイロットでは、1年修了時に採点表を送って申請すると認定証がもらえます。もちろん、ちゃんと提出し続けたらです。
申請しないともらえませんので、1年修了したら忘れずに申請しましょう。採点表と一筆同封して事務局あてに送ります。返送用切手は要りません。

昨年は、送られてくるまでにひと月半かかったのですが、今年は早く届きました。
修了時の級段位が記された立派な認定証でパイロットの社長の名前で発行されてます。
認定証20150501

一年間頑張ったいい記念になりますよ。
昨年のは、こちら。


プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR