【パイロット】課題研究:昇段を目指せ!(2015年2月の課題)➀

パイロット課題研究、行書編です。

とりあえず作成した自作手本Ver.1は、こちら。
自作手本Ver1


今回は、さらに書き方のバリエーションが多くない字ばかりですが、各系統の字を並べることで何がポイントかより分かりやすくなるので、とにかく並べてみました。

大雪

「大」は、右の払いを払う形にするか止める形にするかですね。今のところ止める形で書いています。次の「雪」の字が四角く大きくなるので、止めた方が収まりいいかもしれません。
「雪は、B1・C1・T1の形か、A1-A2・C2・T2のように点々を省略した形かです。B2になると草書に近くなるので避けましょう。
B1の形で良いと思うのですが、以前に添削課題で微妙なお直しを受けたのがトラウマになっていて、書けてる自信が今のところありません(^^; 省略して誤魔化す手も捨てきれない・・・

日

「日」は、既出ですね。今更な字ですが、「ペン習字三体」には、B1の形とB2の形しか載っていませんが、むしろC1やT2の形の方がオーソドックスな気がします。前後の字がそんなに崩れないので、B1かC1・T2の形くらいが良いと思います。

登山用

「登」は、はつがしらの左払いを止めるか払うかでしょうか。「大」で止めて書いてるので、「登」は払う形で書いています。B2は草書に近くなるので使いません。
「山」は、B1で書いています。B2の形で書く場合は、最初のタテ画を斜めに書きます。
「用」は、B1でもB2でも良いと思いますが、今のところ好みでB2を書いています。

靴

「靴」も意外とバリエーションはありません。B1で練習してますが、B2でもいいのならB2で誤魔化したい気もします(^^; でも、他系統の字典には出てこない書き方なので・・・

出社

「出」は、B1の形を使っています。B2はやはり崩し過ぎな感じですね。A1やC1、T1のように楷書に近い形で書いても良さそうです。
「社」は、しめすへんの書き方ですね。B1でもいいんですけど、B系統ではあまり見ないので、よく見るB2で書くことにします。


さて、問題は連綿ですが・・・

今回は、ひらがなが続いている個所が「はいて」と「したい」の2か所です。
イメージとしては、文の最後の所で連綿を入れるのが王道な感じなので、「したい」のうち続けやすい「した」を連綿にするパターンでしょうか。

好評でした
(第376回認定課題「冷製パスタが好評でした。」模範手本より)
用意した
(第388回認定課題「豪快な皿鉢料理を用意した。」模範手本より)

今回は、「出社したい」となりますが、「し」を揺らしながら「た」に繋げるところ、「し」を少し長めに書くのか、それとも短く書くか、書き方悩ましいです。

パイロットの級位認定課題では、連綿は無理に入れる必要もないので、普通ならこれで終わりなところですが・・・
普通は「履いて」と漢字表記にする個所をあえて「はいて」とひらがなにしていて、ここが見た目間延びした感じになります。ここにも何かアクセントを付けたい衝動に・・・とすると、「いて」あたりも連綿にした方がいいかもしれません。
いて
(第391回認定課題「スズメバチの巣を早く取り除いてほしい。」模範手本より)

ここまでを参考に書いてみたのがこちら。
練習

自作手本Ver.1では、ひらがなに「高野切れ風」を使ってますが、今のところまったく無視状態です(^^;
まだ全然書けてませんが、こんな感じで行きたいと思います。



スポンサーサイト

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2015年2月課題)

パイロット課題研究の楷書編です。

第395回級位認定課題は、「大雪の日は、登山用の靴を はいて出社したい。」です。
初見で書いてみましたが、今回はそんなに難しい字もなく基本と布置さえ気をつければ、それなりの形になる感じです。ただし、それだけに周りも書けてると思ってよりよい作品に仕上げないといけないかもしれません。

わかくさ通信の「課題の注意点」
・「あめかんむり」の字形をよく調べましょう!
・「靴」は13画で書きましょう!
・二行目が間延びしないように!(とくに上級者の連綿は工夫が必要!)

誤字・脱字注意報!
「大雪の日は、」です。「日には、」とか「日とかは、」とか、勝手に文を書き換えないように!
「登山用の靴をはいて」です。「鞄」じゃないですよ!
「登山靴をはいて」とか「登山用の靴を履いて」とかじゃないですよ!

ではでは、個別漢字に・・・

※訂正:田中先生の欄にB系統の字が貼り付けられていました。お詫び申し上げます。(2月20日訂正)
【大】(既出:2013年10月「大好きなワレモコウ」、2014年11月「マラソン大会」)
部首:だい「大」
大

(左から、B系統「ペン習字三体」、A系統「常用漢字の楷行草」、C系統「常用漢字の六体」、田中鳴舟「ペン字三体字典」、以下同順)

基本漢字で既出なのですが、どちらも忙しくて課題研究をサボった月だったので、今回初めて掲載です(^^;
活字では、最初のヨコ画が水平なので、左右の払いも左右対称になりますが、手書きの場合、ヨコ画を少し右上がりに書きますから、左払いを立て気味に、右払いの方を広めに引っ張ります。最後は止めて払いましょう(楷書の基本100パターン)。
ちなみに、ヨコ画の右上がりなのを、右払いを大きく右下へ引っ張ることでバランスをとっていますので、右上がりが急になってしまったら、その分右払いを引っ張ればバランス取れます(清書ではバランス良く!)。

【雪】
部首:あめかんむり
雪

意外と級位認定課題では初登場です。
「あめかんむり」は、2画目を少し外へ開き気味にしっかり書きます。3画目は、右側をやや長めに書き、短く跳ねます。右側を長く書く書いても、3画目を外側へ向けているのでちょうどバランスが取れるわけです。4つの点々を心もち中心のタテ画側に配置して、下に「ヨ」を書きます。「ヨ」の幅が広がり過ぎたり、ベチャッと潰れないように注意しましょう。


【日】(再掲:2014年5月「町内会の日帰りバス旅行」、6月「日曜日は、引越し」、8月「日除け用の朝顔」)
部首:ひ(日)
日

基本頻出漢字ですね。結ぶ方向に注意しましょう。
中のよこ画は、右にはつけません。左側は、楷書では一般的にはつけて書くのがよいですが、つけなくても間違いにはなりません。B系統ではつけなくても良いようです。
また、中のよこ画は、上下の中央に書くのではなく、気持ち上に書き、本当に気持ち下の余白の方を広く取るのが美しいです(参:江守先生「楷書の基本100パターン」)。



【登】

部首:はつがしら
登

「はつがしら」に「豆」ですね。
「はつがしら」は、最初横向きに入り、左へ払います。その後の書き順は、調べると一瞬「え?」と思うものが出てくるかもしれませんが、いずれもOKのようです。左右の払いは、原則右払いの方を左払いより少し高い位置で止めて払います。左右の点々の位置に注意しましょう。左の2画目の点は、右の下の点と同じくらいの高さです。
豆がひらべったくなると変な形になるので、全体的に縦長になるように横幅に注意します。

【山】
部首:やま
山

簡単だし小学校以来数えきれないくらい書いてきた字ですが、意外と慣れるまでは難しい字かも知れません。
タテ画はすべて押さえてから入ります。2画目のヨコ画は、グイッと反らせて、少しだけ右上がりにします。左右のバランスに注意です。

【用】(再掲:2014年7月「塩たたきのかつお」、8月「日除け用の朝顔」
部首:もちいる
用

こちらも、書き慣れた単純な字です。
1画目は、少しそらせて払います。1画目と2画目のたて画の最後を同じくらいの高さに。
中のよこ画の間隔を等しくして、よこ画は右に付けません。最後のたて画は、囲いの左右の足から出ないように止めます。抜かないように!


【靴】
部首:かわへん
靴

13画で書きます。「革」の部分や最後の「ヒ」の部分で画数間違えないように。
日常では、「あれ?どうだっけ?」と思いそうな字ですが、たぶん書いてみるとバランスはとりやすいのではないでしょうか。
横幅は、パーツが3つあるので、三分割・・・じゃなく、「革」を細めに書いて、「化」を書くイメージの割合ですね。「ヒ」の部分は、「革」や「イ」のタテ画よりも上の位置になるように曲げたあと、少し上へそらせて跳ねます。


【出】(再掲:2014年12月「インド出張」)
部首:うけばこ(凵)
出


こんな小学生1年生漢字なのに、「うけばこ」という部首を初めて知りました(^^;
「山」と同じく、よこ画はぐっと上へあげて、右のたて画は下へ出ます。
真ん中のたて画は、上と中、同じくらいになるよう。
上の「山」と下の「山」は同じくらいの大きさか、江守先生などはむしろ上の「山」が大きくなるくらいでも良いようです。
ただし、B系統は、同じくらいに。



【社】
部首:しめすへん
社


「しめすへん」は、名前のとおり「示」という字を崩したものです。1画目の点は、3画目のタテ画の真上に来るように書きます。2画目の折り返しは、鋭角に書き、角度をあまり大きくしないように。旁の「土」は、偏のタテ画より少し上の位置になります。


既出漢字も多く、よく書く漢字ばかりで書きやすいと思います。漢字も少ないですね。しかし、基本を確認しながら書きましょう。


【ペン時代】昇段試験を受けるのだ!(其の三)

ペン時代昇段試験用作品の添削が戻ってきています。
まったく手探り状態で出したので、なんとかヒントを・・・と思ってましたが・・・

➀二字熟語の楷書と行書
試験漢字

自分でなんだかおかしいと思っていた字が見事に直されています。なんとなくどこがおかしくてどう直せばいいかが分かって収穫ありました。これを反映できればいいですが・・・。

②タテ書き行書文
試験タテ書き

さて、気持ち的にはメインの課題となっているタテ書き行書です。「月」って実は苦手かも(´・ω・)
沢山「月」を書いていただいてますが、どうやら中のヨコ画が楷書からどう崩されているのかを示していただいてるようです。他の形、とくに中がクルンと輪っかになってるのとか、1つひとつ変化をつけた方がいいのかとか、教えていただきたかったのですが、それはとくに示されてません。(ただ、他の情報では「適当に変化をつけると良い」とご教示いただいてます)
中心線を引いた紙を下敷きにして、中心は取ったつもりですが、三行目は中心を直されています。

③ヨコ書き楷書文
試験ヨコ書き

一番自信がなかったヨコ書きですが、なんともあっさりした感じで戻ってきました(--;
本当は、もっと直すところがあるんだと思いますが、タテ書き行書の方が大変だからそっちをもっと頑張りなさいという感じなんだと思います。

ところで、画像では切り取ってますが、用紙には支部名、一般、特選、氏名を最後に書かなければいけません(そこがむしろ上手く書けずに困ってますが・・・)。

また、用紙の使い方として、タテ書きとヨコ書きに関しては、1行目は開けた方がよいようです。タテ書きについては、過去の参考手本を見て1行空けたのですが、ヨコ書きは最初から書き出しています。ヨコ書きについても1行目は空けるのが良いようです。そして、最後の支部名、氏名等も最後から1行空けて書くようです。

これに、400字の作文と全記事の2月の課題も添えて、3月5日までに書かなければいけない・・・・
果たして間に合うのか!?(^^;


【ペン時代】2015年2月号のお稽古

でもって、ペン時代2月のお稽古です。

第七四五回の課題(古典は時代を超えて)も昇段待ちで昇級なしです。

2月の3級上から特選までの課題は次のとおりです。

201502_加藤
(加藤玲子先生、なぞり書き)
201502_倉島
(倉島須美子先生、なぞり書き)

いつものとおり、どちらもなぞり書きです。
審査対象になりますから、どちらを選ぶか重大です。気持ち的には、倉島先生の「文章を暗唱」の方が好きな漢字なのですが、好きと上手いは違いますから・・・んー、とりあえず両方書いてみて良さそうなのを選びましょう。



【ペン時代】2015年1月の清書

ペン時代1月の清書をしました。
1月はバタバタしてたのと、パイロットやペン時代の昇段試験などもあり、ぎりぎりで気の抜けた清書になってしまいました(^^;
まぁ、出すことに意義があると・・・先人の言葉を信じて・・・(汗)

IMG_20150213_0001.jpg

添削していただいた成果がほとんど出てません(先生ごめんなさいm(__;)m)。
ひらがなの「び」が書けずに苦労しました。「題材」もどうしても歪んで見えてしまいます。「説」も偏と旁が離れすぎてるし、「書」も決まってません(汗)時間切れで、それでも一番マシだったこれで出しました。

・・・気を取り直して(←いつも言ってる気が・・・)昇段試験に臨みたいと思います。


【パイロット】2015年2月のお稽古

後日と書きましたが、さっそく2月のお稽古です。
わかくさ通信が2日に届いております。

第393回級位認定課題(「お正月の着物」)は、昇段せずでした(´・ω・)しかも、目の前でシャッターを下ろされたような残留のし方・・・これが今日の清書にもプレッシャーになった原因でしょう・・・いくら「焦らず、昇段を意識せず」、とは思ってるけれど「あ~惜しい!後一歩ですよ!(^o^)」と言われたら力入りますって(--;

さて、気を取り直して・・・
今月は、「漢字」を学びます。
添削課題は、初級が111、中級が211、上級が311です。
B系統初級の課題は、こちら
B系統中級の課題は、次のとおりです。

211B.jpg

二字熟語を楷書と行書で書きます。硬筆書写技能検定でも出てきますし、今取り組んでるペン時代の昇段試験の1問目でも出題されています。テキストのお手本は、こうして見ると行書が後半配置が良くない気がしますね。書くときには少し微修正した方がよさそうです。

級位認定課題は、「大雪の日は、登山用の靴を  はいて出社したい。」です。
と、登山用の靴で出社!?どなたが考えたんでしょう・・・この課題(--;
まぁ、文章よりも書かせたい字で決めたのかも知れませんが・・・

取り急ぎ作った自作手本Ver.1がこちら。
自作手本Ver1
(右楷書「ペン習字三体」+「書き込みペン習字」、左行書「ペン習字三体」+佐藤先生「ペン習字教室」高野切れ風)

今回は、行書のひらがなを佐藤友里先生の「ペン習字教室」から高野切れ第三種風のものを使ってみました。また、変えるかもしれません。今回も「ペン習字三体」では行書の書き方があまり気に入らない感じのものが多いような・・・字典の掲載されてる順ではなく、書きたい字形を拾いました。
また、課題研究で他の字典も見比べてバージョンアップしたいと思います。




【パイロット】2015年1月のお清書

パイロット1月課題の清書をしました。

今回は、練習中はそこそこ気持ちよく書けていたのですが、いざ清書用紙に向かうととんでもなく苦労しました(´・ω・`)
今日1日がかりでしたよ・・・(--; 久しぶりに清書で寿命をすり減らしましたよ・・・
なんでしょう、ペンが引っかかって動かない。ん!?清書用紙が湿気てる?と2枚目、そして禁断の3枚目を書いてみるも、まったく変わらず。使わない清書用紙に書くと上手く書けるのに、本番の清書用紙に書こうとすると書けないという・・・orz

今回も、10回くらいしか書いてない添削課題がこちら。
パイロット添削20150208

3回くらい書けば、これくらいはなんとなく書けちゃいます。だけど、きっとこれにお直しがどっと入ります。でも、たぶん100回書いたとしても、これ以上にはならないし、お直しも同じように入るだろうな・・・(--;って感じです。

で、苦労した級位認定課題がこちらorz
パイロット20150208

いつものとおり、スキャンして画像が小さくなっているので分かりませんが、線もガクブル状態です(--;
とても有段者の作品とは思えません・・・
1つは、たぶん、微妙な線のズレで大きくバランスが変わってくる難しい字が多いことと、もう1つは先日届いたわかくさ通信の認定結果がプレッシャーとなったことが原因かと思われ・・・(わかくさ2月号についてはまた後日)
「昇段しないぞ作戦」をまた発動しないといけないかも・・・(^^;


【ペン時代】昇段試験を受けるのだ!(其の二)

でもって、今日、昇段試験の問題、➀~➂を添削に出しました。
文章も長いし、3種あるので、添削作品書くのも1日仕事です(@_@)

本当は、もっと字形の種類も調べて記事にしようとか思ってたんですが、結局1月は仕事に追われて取り急ぎ作った自作手本を元に練習しただけです。そろそろ添削していただかないと、時間も限られてますので、とにかく書いて出してみます(^^;

➀二字熟語の楷書と行書
20150203_問題1

本当は、楷書と行書で同じ形がベースになっていないといけないんだと思いますが、「道」とか全然形が整っていません(--;


②タテ書き行書文
20150203_問題2
もう、「月」が多すぎです(´・ω・`)行書の場合、同じ字が出てきたときには、できるだけ変化をつけた方が良いと聞いているので、一応書き分けたのですが、知ってる書き方全部使っても足りないです(苦笑)どうすればいいのか、同封する手紙に質問を書いてみました。

本紙に時折掲載される参考手本よりも、字が大きかったかもしれません。書き方の注意でも、罫と文字のバランスに注意することが強調されています。パイロットの課題では罫に対してできるだけのびのび大きく書くことを心がけているので、その癖が出てしまってるかもしれない。


③ヨコ書き楷書文
20150203_問題3

パイロットでもタテ書きばかり練習してきてるせいか、ヨコ書きがすごく苦手になっています(^^;
字粒もそろわないし、中心も取れていないし、何よりもヨコ書きのポイントですが行末をそろえることができてません(--;
添削が返ってきたら、これを一番猛特訓しなければならないかも・・・

提出は、さらにこれらに加えて作文(400字)と2月号の競書課題も提出しなければなりません・・・orz ハードル高過ぎ!
しっかり直されておいで・・・(´・ω・`)



【ペン時代】2015年1月課題の添削が戻ってきました

ペン時代1月課題の添削が戻ってきました。

IMG_20150203_0001.jpg

細かなところに微妙なお直しが入ってます。微妙に歪んでた「題材」のところ、「頁」の部分を直すとだいぶマシになりますね。
最近、この微妙な字形の誤差や微妙な布置のバランスが壁になってる気が・・・
もっと神経集中して細かな字形に気をつけないといけないのでしょうけど、なかなか難しいです(--;


【ペン時代】2015年1月課題の添削用作品を書きました

ペン時代1月課題の添削作品を書きました。
1月は結局忙しく、あまり練習出来てません。昇段試験の練習もしないといけないので、もういっぱいいっぱいです(@_@)

201501ペン時代添削

「題材」がなんか歪んでる(--; 書いてる時には気づかなかったバランスや歪みが、画像にするとよく分かります。書いた作品を少し離して見たり、写メにとって見たりというのは、作品のチェックに有効ですね。

毎回、一筆箋でお手紙を同封するのですが、前回までは楷書で小学生みたいな字で書いていたのですが、今回から思い切って行書で書くことにしました。今年は年賀状を文面だけは手書きで書いたのですが、習ったことを課題以外の文でも書いてみるのは結構有効だと思いました。今回は、前払いしていた添削料が切れましたので、3千円分の小為替を同封しました。




【パイロット】2014年12月分の添削課題が戻ってきました

パイロット12月の課題の添削が、22日に戻ってきてます。
添削は、久々のKD先生。添削課題は最近おサボりなので出来はよくありませんが、お正月のご祝儀で2点もアップしていただきました(^^;)

201412添削結果

コメントは、「このように書かれた掲示があったら自然と参加したくなる作です」という、煙に巻いたようなお褒めの言葉(笑)
昨年も掲示文は同じ優しいKD先生だったので、他の先生に添削していただいたらきっとケチョンケチョンなんだと思いますが、ひょっとすると掲示文あたりで点数アップしておかないと3月入会の私にゃもうチャンスないので、あえて高評価にしていただいてるのでは?と思います(^^;

来年がんばります・・・


プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR