iPhone5s(SIMフリー)を買いました

今回は、ペン字の話ではないのですが、個人的な日記ということでご了承くださいm(__)m
しかも、長くなってしまいました(^^;

11月22日に速報で入ってきたApple SIMフリー版のiPhone5s日本発売のニュース。
DocomoからiPhone5sが発売されて、購入を考えていたのですが、飛びついて買わなくてよかったです。早速ネットのAppleストアでポチっとしてしまいました。

本日、無事届いたので、早速用意していた画面保護シートを張り、nanoUIMカードの調達にドコモショップへ。

iphone5s


ちなみに、保護シートは、開けてすぐに埃の少ない風呂場で一気に貼らないと気泡ができてしまいます。貼るつもりなら、本体が届く前に保護シートを調達しておきましょう。

SIMカード(ドコモでは、UIMカードと呼ぶ)は、大きく分けて3種類あります。
標準の大きさのSIMカード(UIM)
microSIMカード(miniUIM)
iPhone5から採用されているnanoSIMカード(nanoUIM)

これまで香港の正規Appleストアで買ってきたiPhone4sにminiUIMを挿して使ってたので、そのままではiPhone5sには挿さりません。ICチップを傷つけなければ周りのプラ板をカットしてもいいのですが、ドコモのminiUIMではチップ部分が大きいのでnanoサイズにはカットできなさそうですし、失敗すると怖いのでそもそもやりません(^^;

ドコモショップへ
昼過ぎに近所のドコモショップへ。
平日の昼間なのに、1時間待ちになってました。客の人数は6名ほどでしたがほとんどがiPhone目当てのようでした。とりあえず、整理券だけもらってお昼ご飯を食べに外出、1時間後戻ってくるとまだカウンターはいっぱいで、一人待ち状態でした。

そこからがまた長い・・・(--;何色にするか、10分以上も悩んでる30代くらいの男性や料金体系について”ゼロ”から説明してもらってる主婦や・・・結局、そこから30分も待って、さすがにお店の人も申し訳なく思ったのか、順番まだだけど対応してくれました。

が、まだ正規販売のSIMフリーiPhone5sを持ち込んだ人がいないらしく、お店の人も何がどうなのかわからないようで、しきりと本部に問い合わせてくれることに。
私は、待ってる間にドコモiPhone5sがどういうサービスになってるか質問して、なんとなくイケる確信をしてたのですが・・・(^^;

問題は、以下のとおりです。

1.DocomoのLTEを掴んでくれるのか

これは、ちゃんとAppleが日本のキャリアの電波に対応してものを販売してるし、ドコモで取り扱ってるわけだから大丈夫!

2.プロバイダはどうなるのか

SPモードは使えるのか?iPhone4sのときは、当然にして使えなかったので、もしSPモードが使えなければ引き続きmoperaを使う予定でしたが、こちらもドコモ版のiPhone5sが動いてるのだから、きっとイケる!と思ってました。
事前の下調べでは、Appleからダウンロードできる構成ユーティリティを使ってAPNを設定すれば大丈夫とのこと。ショップ店員に聞いたところ、「たぶん、大丈夫」と言いながら、本部へ問い合わせてくれました。なんと、「SPモードもiモードも可」という返事でした。

3.キャリアメールは?
これが一番、心配しながら期待していたことです。もうiモード.net経由なんてトリッキーなのはイヤ(><)
昨年末から、spモードメールもクラウド型になってるというのは、プレス記事で知ってたのですが、待ってる間にデモ機を見ながらフロア店員に聞いたところ、「お客様サポートページ」にアクセスして、spモード使用設定をして、後はiPhoneのメールソフトで読むことになるとのこと。苦笑しながら「プッシュじゃないんです」と。
まぁ、それは覚悟してるので構いません。とにかくドコモ版iPhoneと同じようにイケそうです。

いちいち本部に問い合わせて確認して教えてくれるのはいいのですが、ここまで2時間くらい待ってる身としては「イヤ、大丈夫でしょ、さっさとnanoUIM出してよ(--;」って気分です。
ようやくカウンターが空いて、nanoUIMに交換してもらいました。以前にminiUIMに交換した時は無料でしたが、SIMフリー化が進んで要望が増えたので現在は手数料2,100円取られます。


早速、挿してみる
早速、iPhone5sに挿入します。
電源を入れると、各国語でウェルカムメッセージが表示され、スライドすると初期設定とアクティベーションが始まります。やたらと長いですが、指示に従って各種設定をします。

設定の途中で、「データの復元をするか---新しいiPhoneで使う・iCloudから復元・iTunesから復元」という画面が出てくるので、iTunesから復元を選びiPhone4sのデータを移行することに・・・これがイケなかった(>_<)

復元が済んで初期設定も終えると、ホーム画面になります。
自宅のWiFiは、当然つながりますし、左上には、「NTT Docomo LTE」とも表示されてますが、WiFiを切るとネットに接続しません。この段階では、プロバイダのAPN設定がされてませんので当然です。

事前に見ていたサイトのとおり、Appleサイトから構成ユーティリティをダウンロードして、APNの構成プロファイルを作成し、インストールしようとしますがエラーが出て設定できません。

iPhone4sでは、本体の設定画面にAPNを設定する画面がありましたが、iPhone5sではドコモが対応したせいでしょう、ドコモのUIMを挿すとAPN設定の画面が現れません(きっと、海外のSIMなどを入れると現れるのだと思いますが)。このままでは、spモードどころかmoperaまで使えないではありませんか!!!(^^;

かなり焦って、何度も試してみましたが、どうしても構成プロファイルを受け付けてくれません。


仕方がないので、初期化・・・
エラーが出るということは、どこかのプロセスが間違ってたかで、設定がおかしくなってるのでは?と思い、最初からやり直すことに。

iPhoneを出荷時の状態に初期化するには、
1.iTunesの入ったPCに接続して、
2.ホームボタンとスリープボタンを押し続け、
3.10秒後にスリープボタンだけ離し、
4.さらに10秒ほどホームボタンを押し続けてると
5.iTunesが起動して初期化が始まります。

さて、しばらく待って、システムが一から全部インストールされなおされると、初期状態です。
(この段階で「いやSIMフリーまでオジャンになってたりして・・・(^^;」とかなり不安。そりゃないとは分かってても(笑))

もう一度、初期設定とアクティベーション
ふと気がついて、今度は、初期設定の途中で「新しいiPhoneとして使う」を選択・・・しようと思ったら、PCに接続したままになっていて、iTunesの画面に「キャリアのための新しい構成プロファイルがあります。インストールしますか?」的なメッセージが出てるではありませんか。
もちろん、インストールします。どうやら、自作で構成プロファイルを作成するのは古い情報だったようです。

インストールと初期設定、アクティベーションが終わると、ホーム画面が表示されます。
iPhone5sホーム

WiFiをOFFにして、さらに「ひょっとして」と思い「LTE通信もOFF」にして、3GだけでSafariを起動すると、無事ネットにアクセスできました(^^)v

ドコモSPモードの構成プロファイルをダウンロードする
ここで終わってはいけません。
そのままSafariでドコモの「お客様サポートページ」にアクセスします。
spモード利用設定

ページを下がっていくと、「spモード利用設定」というメニューがあるので、メニューのボタンをクリックします。構成プロファイルがインストールされ、spモードメールの設定とおそらくドコモ版iPhoneにプリインストールされてるであろう「dメニュー」「dマーケット」「ドコモサポート」などのクリップのアイコンがホーム画面にインストールされます。

dメニューホーム


ついでに、その下にあるドコモWiFiの構成プロファイルもインストールしておきましょう。

これで完了!無事、ドコモiPhone5s状態になりました!
spメールもバッチリです!

追記:11月29日
【LTEを掴むように、LTEを使用するに戻しておきます!】

最近、海外から取り寄せる以外にも、nexus7やなんかでもSIMフリー端末が国内で販売され始めました。
そうした端末用のSIMカードも発売されています。
そして、今回ついにキャリアの砦であったスマート”フォン”の雄であるiPhoneがSIMフリー販売を開始しました。きっと、ドコモは、このこともあって無理やりiPhone販売でAppleと交渉を合意したのではないでしょうか。

iPhoneは、これまでのドコモ端末とは違って、Apple主導の端末なのでプロファイルを入れるだけで簡単に動かせます。今後は、海外と同じようにハードウェアがキャリアに縛られない形になっていくんでしょうね。



追記:11月29日
なんと、ドコモが急ごしらえでiPhoneに対応したためでしょうか、iPhone5s+spモードメールは、使えるには使えるのですが、絵文字がほとんど使えない様子です(こちらを参照)(^^;
もちろん、このままではユーザが黙ってないでしょうから、そのうち改善されると思うのですが、しばらくの間はiモードメール+サーバも使うことにしました。
スポンサーサイト

【ぺん時代】2013年11月課題の添削用作品を書きました

ペン時代12月号が届きました。
9月号の課題「山頂から遠く雲海を眺める」の結果は、「4級下」と順調に一歩ずつ昇級していました。

↓これです。んー、この頃の方が良く書けてます(^^;
ペン時代20139月清書


今月は、さらに遅れ気味ですが、ペン時代11月号の添削していただくための作品を書きました。
ペン時代11月添削

なんだか、「穫」も「終」も字形が崩れてます(´・ω・`)
画像を縮小してるせいで、なんだかきれいな線で書けてるように見えますが、線もイマイチです。

↓実際は、こんな感じ(クリックorタップで大きい目の画像が開きます)。
ペン時代11月添削2



だけど、いつものように5枚書いた中から選ぶと決めてますので、とにかく出してみたいと思います。


【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(11月課題)②

全然練習できてません(--;
が、パイロット課題研究の後半です。

【事】
部首:はねぼう
事

ご存知、一画目が一番長くなるように書かねばなりません。
よこ画が多い字なので、間隔を均等に。
口のむすびと6画目と7画目のむすびに注意。7画目のよこ画が出ます。

【故】
部首:のぶん
故

そんなに画数が多い字ではありませんが、バランス良く書くのは難しそうな字です。
古の方は、下の口のむすびを注意します。1画目のよこ画は、木偏と同じように左側を長く(2)右側を短く(1)。
旁の「のぶん」は、古と同じくらいの高さから始まって、左払いは中塚先生がよく説明されてるように、よこ画の真ん中あたりから古の下あたりを目指して払います。

【全】
部首:いる(入)
全

部首は「ひとやね」かと思いきや、「いる(入)」なんだそうです。
どう違うのか分かりません(^^;
「入」のくせに、一画目が飛び出ます。左払いは、右払いよりも少し上で止めて払います。

【不】
部首:いち(一)
不

二画目は、一画目の真ん中より少し右側から、右へ押さえるように入ってから左へ払います。
三画目も二画目の上から三分の一あたりから右へ入ってすぐに下へ下ります。
最後の画は、たて画から話して、左払いと同じくらいの高さで止めます。
画数が少ないので、バランスよく書きましょう。


【通】
部首:しんにょう・しんにゅう
通

そこそこに頻出漢字です。
何度も書いてるはずなのですが、ビシっとは決まりません(´・ω・`)
「マ」と「用」のバランスも難しいですし、しんにょうは、最近よく直されます。
しんにょうの二画目の角度と最後の位置をしっかりと決めたいです。練習あるのみです。
しんにょうの三画目(最後の払い)は、いったん持ち上げてからグイっと右へ下ろして「止めて払う」です。
三体の手本では、そこまではっきりとは止めてるように見えませんが、同じような書き方をすると必ず直される気がします。
課題では、大げさなくらい止めて払った方が良いようです。


課題研究だけで、練習量は追いついてません(--;
もう22日だというのに・・・
追い込みで頑張りましょう。

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(11月課題)➀

たて続けですが、10月ではサボってしまったパイロットの課題研究もしておきます。

「駅員に尋ねると、架線事故で全線が不通らしい。」

わかくさ通信の「課題の注意点」
・楷書での右払いは止めてから払い、行書では止めたり払ったりと変化をつける。
・漢字のよこ画(の間隔)は均等になるように。
・「事」は一画目が長く。

【駅】
部首:うまへん(馬)

駅

今回は、田中鳴舟先生のお手本も入れてみました。
「うまへん」の書き順に注意します。よこ画の間隔は均等に!
中のよこ線は、二画目よりも少し短めに書きます。
旁の「尺」は、左払いの付け根かその下あたりから出てますね。止めて払います。

【員】
部首:くち(口)
員

部首は、貝じゃなくて口なのだそうです。
口、貝のむすびに注意します。よこ画の間隔は均等に。
最後の左右の足は、払って止めます。
私のクセですが、上の口が大きくならないように注意します。

【尋】
部首:すん(寸)
尋

中塚先生がよく言ってますが、「最初の一画目は、少し斜めに書くと立体感が出る」パターンでしょうか。他系統の字でも少し下がり気味に入ってます。また、中のよこ画は右側の線にくっつけていません。
部首は、「寸」でこのよこ画が長くなるように書きます。思い切って長く!

積み重ね型の字なので、上下のバランス良く。「エロ」の下のラインが上下の中央あたりに来るのが良さそうです。

【架】
部首:き(木)
架

単純な字なので、そんなに注意点もなさそうですが、上の「加」のバランス、口のむすびには注意しましょう。
「木」は、B系統以外ではすべて跳ねてますが、B系統ではペン時代の課題でも跳ねてません。

【線】
部首:いとへん(糸)
線

いとへんは、いつもの点のいとへんです。江守先生によると「いとへん」の場合は上の一画目の部分が大きくなります。線の頭の「白」は、それぞれの系統で書き方が微妙に違ってるように見えます。中のよこ画が左に付くのか付かないのか。下の水は、足長にして右払いはあまり長くしないのが良い感じです。

(次回へつづきます)

【ぺん時代】11月のお稽古

何かと遅れ気味ですが、ペン時代の11月号のお稽古の準備です。

今月も縦書き課題を選びます(新しいことに挑戦する余裕がない(^^;)
11月の課題は、こちら。

ペン時代11月号

秋らしい課題です。倉島須美子先生のお手本です。

いつもどおり、練習枠用紙を作成しました。

ペン時代201311練習用紙

お手本の漢字と「ペン習字三体」の漢字を拾ってみました。

ペン時代201311漢字

「終」の「いとへん」は、点じゃなくて「小」になっているので注意です。
並べてみると、ちゃんと芝風会の字ですね(当たり前だけど)。

自分では注意して書いてるつもりなのですが、最近、基本的な細かいところを注意されることが多くなってきたので、しっかり課題研究したいと思います。

ペン時代11月課題研究

右払いが多い課題になっています。
とくに「収」「穫」「終」の右払いは、始筆のところから美しく書きたいですね。

「終」のいとへんは、いつもと違う「小」の字のいとへんです。
現在一般では「小」のいとへんを書きますが、江守先生によるとこのいとへんは、「九成宮醴泉銘」以外ではほとんど出てこないそうです。「九成宮醴泉銘」では、
「級、終、線」などの旁が右下へ延びる字は「点」のいとへん、
「紹、維、編」などの旁が垂直な感じのものは「小」のいとへん
がもちいられているとのこと。したがって、本来は「終」のいとへんは「点」が望ましいはずですが、ここでは一般に書かれている「小」のいとへんを使っています。

【パイロット】10月分の添削課題が返ってきました

パイロット10月の添削課題が、返ってきました。

練習不足なうえに、嫌いな油性ボールペンの速書き課題でした。
しかも、長い(--; 出来はひどいもので、開封に勇気が要りました。


2013年10月添削結果


初めての先生による添削で、いつもよりも沢山お直しとアドバイスが。パイロットでこんなにしっかりご指導いただけたのは初めて・・・(すみません、いつもの先生方(^^;)
点数も、加減していただいたのでしょう。前回を維持して80点でした。だけど、自分が満足していない作品での点数は、あまり意味がないかもしれませんね。

講評には、「中心が通り、すっきりまとまりました。字形・字間もよく・・・流れもあり・・・」と俯きたくなるような過分なお褒めの言葉です(^^; 「細かいところを注意して、精進するように」とのご指導で、本当に細かい基本的なところを沢山お直しいただきました。

自分で分かっていたダメなところの他にも、初めて知る字形の注意も書いていただいていて非常に勉強になりましたm(__)m


ちょっと雑感。
 
【点数について】
点数の付け方には、ある程度基準があるそうですが、まぁでもそれはざっくりしたもので、数学のテストの点数のようにはいかないでしょう。

普通に考えて、100点というのは「この上ない」わけですから、それこそ開祖である故・鷹見芝香先生の絶好調の作品で100点がつくかどうか・・・ということでしょうか。
3月から始めて今までの「わかくさ通信」で見た最高点が「90点」でした。コメントは、まさしく「この上なし」といった内容でしたが、それでも「こうした方がもっと美しい」というお直しの余地がありました。
私の開始時の点数が78点で、段位を持つ先輩方や経験者の方で85点前後ですから、出発点はそれぞれにしても、この10点はざっくり言って「5年10年の密度」があるわけです。1点上げるのに、半年、1年の努力が必要という感覚です。もちろん、半年、1年の努力を3か月で得る人もいるのでしょうけれど・・・。私が85点に到達するには、まだ数年はかかりそうです(^^;

【ペンの持ち方について】
最近、自分のペンの持ち方が変わっていることに気がつきました。
以前は、産まれたてのバンビのように手がプルプル震えたり、紙のひっかかりに負けてペン先があらぬ方向へ進んだりするので、ペン先に近いところを持ち筆圧も高めでペン先の動きを押さえつけて書いてましたが、本当にこのひと月ふた月くらいでテキストの「ペンの持ち方」の写真くらいペン軸をゆったり持って線が引けるようになっているではありませんか。

1つには、ペン時代を始めて、大きな課題を書くようになって、ペン先があまり震えなくなったことが大きいようです。もう1つには、練習用紙をディスカウントショップで購入してたコピー用紙からコクヨのコピー用紙に変えたのもあるかもしれません。練習用紙選びも大事なようですね。
もちろん、完璧ではありませんし、ペンの持ち方の基本を知るのは有用ですが、練習を重ねていけば自然と「書きやすい持ち方」=「正しい持ち方」になっていくのでは、と感じています。

【ぺん時代】2013年10月の清書

ペン時代の10月号の清書をしました。

練習不足なのか、慣れてきたからのマンネリからなのか、最初のころに書いてたものが一番いいような・・・
いや、自分でそう感じるだけかも・・・
なんて葛藤しながら、時間が来てしまったので踏み切りました。

ペン時代10月清書

「の」は開ける、しんにょうは気を付ける・・・とか考えてたら、ペン先が迷います(´・ω・`)
「は」も「気」もあんまりですが、とにかく投函しました。

だいぶこの大きさにも慣れてきましたが、その分パイロットが小さく感じてしまいます。
 
最初はかなり戸惑った大きさでしたが、この大きさで書くことの意義は、字形をはっきりと把握することの他にも、この長い一画一画をスラッと書く練習をすることによって、ペンの勢いやまっすぐに線を引く練習にもなっているようです。この大きさで書いたあとでパイロットの字を書くと、短い線が怖くなくなっています。
もちろん、字自体がうまくなるわけではありませんが(^^;

【パイロット】2013年11月のお稽古

わかくさ通信11月号が届いてます。

9月の課題「月見だんご」は、完全に進級ストップ状態です。
当初予想していた通り、7級あたりまではとにかく丁寧に字形を追っていれば進級できるだろうけど、そこから先は自分にない感性や運筆、線質が必要・・・のようです。練習あるのみなのですが、時間が取れない日が続いています。

さて、今月は、ハガキ(の宛名書き)を学びます。
添削課題は、初級が108、中級が208、上級が308です。
初級B系統は、「松井佳子さんから、舟木浩和さんへ」の(誰?(--;ハガキでラブレター?)宛名書きです。
級位認定課題は、「駅員に尋ねると、架線事故で全線が不通らしい。」と何とも不穏な文章です(^^;
漢字が多い・・・基本画数の多い漢字の方がバランス取りやすくていいのですが、これが吉と出ますか凶とでますか・・・。

108-B

うむむ、これまた練習用紙がたくさん要りそうな・・・。


級位認定課題の自作手本(要微調整)は、こちら。
パイロット201311級位認定課題

漢字の多さが吉と出るかもしれないので、ちょっと頑張ってみますか・・・。
目標は、めざせ!年度内初級卒業!

【ぺん時代】10月号の添削が戻ってきました

ペン時代の10月号課題の添削結果が戻ってきました。
もちろん、こちらも練習不足でしたが、とにかく少しでも書いてみて見ていただく方針です。

ペン時代10月添削結果


コメントが変わりました(笑)
「端正で明快な文字は素晴らしいです」とのことです。「美しい運筆」じゃなくなったのは、進歩なのか後退なのか・・・関係ないのか?(^^;

「水」は、羽が上になってしまったのは自覚してましたので、やっぱり直されてます。
「しんにょう」もいつも直されるところです。どうも、「しんにょう」の2画目が定まりません。

「の」の「開ける」が、最初なんのことだか分からなかったのですが、お手本を再度見て納得(^^;
そうでした、「お手本に忠実に!」が方針でした!

の
↑確かに!開いてます!(笑)

ペン時代は、15日が締め切りなので、今週末には清書をしたいと思います。

【パイロット】10月のお清書

パイロット10月号の清書をしました。
今月は、さらに練習不足です。おまけに、添削課題は大嫌いな油性ボールペン(--;
まぁ、ゲルインクや水性でも添削はしていただけるのではないかと思うのですが、このために油性ボールペンも買ったことだし、逃げずに油性で頑張りました(いや、頑張ってないかも・・・)。

パイロット11月添削課題清書

本課題は、硬筆書写検定の速書きを想定しているようですが、なんとも中途半端なスピードで、中途半端な作品となってしまいました(--; 同じヨコ書きでも前回のデスクペンで書いたものよりもダメダメな気がしますです。
せっかく、前回相性の良いK先生に80点いただきましたが、今回で点数落ちるかも(汗)

パイロット11月級位認定課題

級位認定課題は、いつもどおりデスクペンです。
春と比べて、線が震えずに書けてきているのは実感していますし、自作手本を見てすぐにある程度の水準で書けてる感はするようになったのですが、それだと今の級位から進級するための「何か」が足りないのも存分に感じています。

おそらく、練習時間を取って書き込むしかないのだろうとわかってはいるのですが、今のところそれが困難な状況です。こうなったら、開き直って進級を焦らずに楽しんで継続することにしよう!と気持ちの切り替えをしました。

練習不足に開き直りが加わったおかげで、清書もほとんど緊張せず書けました。8月のあの大騒ぎしながら清書してたのは何だったんだ?(--;っていうくらい、心穏やかに書きました(あまり良いことでもないかも)。
結果は、ご覧のとおり。1行目と2行目のバランスが悪かったり、字形も微妙だったりしますが、自分ではのびのび書けたつもり(笑)

課題研究もサボって申し訳ありませんが・・・
初心者脱出の光が見えるところまではきましたので、しばらくは焦らず楽しみながら頑張りたいと思います。
プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR