【独学毛筆】2017年4月の競書

書の教室4月の清書をしました。
ペンの光の昇段試験を書き終えて、すぐにパイロットの昇段試験も用紙が送られてきて、その合間に今月は本当に間に合わせに書いてしまいました(´・ω・`)提出を見送ろうかとも思ったのだけど、次回の誌面に名前が載らないのが寂しいので・・・

と、その前に5月号が届いています。
今月号は、昇段試験シリーズ第3弾の半紙漢字部門の昇試発表です。結果は・・・なんとか入段してましたε-(´∀`*)ホッさすがに、添削も何も受けずなので毛筆の昇格はホッとします(^^;後日、例のごとく成績表が送られてきました。
seiseki2.jpg
97位(^▽^;)あまりいい成績とは言えません。やっぱりよく分からず書いている草書や行草体は点数低いです(+o+)

半紙仮名部門は、昇級して6級に、一般硬筆部門は今月号でまた昇段試験の発表が・・・(+_+)昇段試験地獄や。もーいや(;´Д`)

では、4月の清書です。
教室_20170427_漢字 
前回と同じく高貞碑で書こうかと思ったのですが、難しくて(´・ω・`)趙孟頫の赤壁に逃げました。逃げてもあまり変わらないのですが・・・まだ行書だと誤魔化しが効くので(←おい)

教室_20170427_かな
半紙仮名部門は、ひきつづき変態がな(いや変体)の「いろは」の続きです。前回よりはマシに書けたかな?毛筆のかなは、ヘタッピでも思い切ってそれっぽく書くとカッコよく見える気がします。

教室_20170426_硬筆
で、一般硬筆部門です。ごめんなさい、無謀な一発勝負書きです(+_+)彼方此方ダメですが、今回は出品したというだけです。

出してから気になったのですが、「さ緑」ってなに?(~_~;)「早緑」で若葉の緑のことだそうです。


スポンサーサイト

【独学毛筆】2017年3月の競書

書の教室3月の清書をしました。

なんだか先月の昇段試験の反動で、今月は毛筆の練習が疎かになってた気がします(+_+)
そんな中、4月号が届きました。半紙漢字部門は試験の結果待ちなので昇段はなしです。先々月から出し始めた半紙仮名部門は、無事昇級で7級になりました。

そして、一般硬筆部門は昇段試験の発表です。結果は・・・無事昇段して初段となりました\(^o^)/まぁ、他流派とはいえ初段の審査で落ちたら芝風会の先生方に顔向けできないので、そんな大喜びなことではないのですが(^▽^;)っていうか、書の教室は毎月何かの試験をしてるので早速次回5月号で今度は硬筆初段以上の昇段試験があって、次々行かなければなりません・・・。

また、書の教室では、試験結果は本誌発表とは別に個々に点数と順位が記載された合格通知が届きます。昇試の問題を担当の先生方が採点し、ちゃんと点数がついて順位が決まるようです。今回は、1問目から3問目の合計点が228点、31位という結果でした。ちなみに、1位243点~112位219点までが合格だそうです。まぁまぁ、普段の競書の結果と同じくらいの位置で合格ということで・・・(´-ω-`)なお、この競書誌では、入段すると「登録番号」なる番号が付与されて、本格的にこの競書の有段者登録メンバーになります。これから出品時にはこの登録番号で出品し、管理されます(イマイチ、何の意味があるのか分からないのですが・・・(´-ω-`))

さて、3月の清書・・・
教室_20170330_漢字
半紙漢字部門です。今回は、5月号発表で昇段する(かも)と見越して、高貞碑を書きました。書の教室ではこれまで書いてきた1級以下のみ提出できる楷書・行書と草書の課題と、有段者が出す古典の課題とがあります。次回5月号で入段すれば古典の課題で出さないといけません。

なんとなくそれっぽくは書けるのだけど、どこかが上手くいくとどこかが失敗し・・・を繰り返してます(;´Д`)ほんでもって、やっぱり毛筆の場合は筆使いが難しいです。

教室_20170330_かな
半紙仮名部門は、引き続き「いろは歌」です。今月は変態がな(←いやもう変態です!)で書きます。難しい(´Д`)何が難しいって、どう書いていいか書き順すら分からないのが・・・。なんとか一字一字をそれっぽく書くことに気をとられて中心も取れてないし行間もバラバラ事件になってます(+_+)

教室_20170329_硬筆
いち早く入段した一般硬筆部門です。これからは昇試を受けないと昇段していかないので、またお気楽に戻って「書けたとこ勝負」で出します。

次号、5月号では半紙漢字部門の昇試結果と一般硬筆の次の昇試の発表があります。昇試地獄や(;´Д`)


【独学毛筆】2017年2月の競書

ブログの更新をサボってましたm(__)m
この数カ月、昇段試験続きで、そっちに気をとられてパイロットの課題研究もできないままです(´・ω・`)ごめんなさい

書の教室の3月号が届いています。競書は、半紙漢字部門、硬筆部門ともに昇段試験の結果待ちです。初めて出した半紙仮名部門は、他の部門と同じく「新8級」からスタートとなりました。そして、これで書の教室も丸1年やったことになります。

さて、2年目の最初の出品となる2月号の課題の清書です。
半紙漢字部は、今月昇段試験ですが、競書は競書で出品しないといけないようなので、行書課題で書きました。
教室_201703_半紙漢字
昇試の方ばかりやってたので、ほとんどぶっつけです。
墨って、乾いた方がカッコよく見えるのだけど、乾くとシワシワになっちゃうので、写真撮るの難しいです(´・ω・`)展覧会で飾ったりする場合は、シワシワしたのを伸ばしたりするようですが・・・。

教室_201703_仮名
半紙仮名の部は、先月に引き続き「いろは歌」の後半です。形は取れてる気はするのだけど・・・いいのかどうか分かりません(´-ω-`)まぁ、でも8級なのでこんなもんでしょう。

教室_20170227_硬筆
そして、硬筆の部です。昇試の結果は次号発表なので、昇格はかかっていません。

■半紙漢字部の昇段試験

2月号で半紙漢字部の昇段試験が発表されていました。
実力は全然ついてないのですが、まぁ、せっかくなので受けることにします(-ω-)

半紙漢字部門の昇段試験の受験要領は、硬筆部門と同じく受験料3千円で、次の5つの課題を書きます。

①2月号課題A 高貞碑(こうていひ)より
②2月号課題B 趙孟頫 前後赤壁賦(ちょもうふ ぜんごせきへきのふ)より
③2月号課題C 智永 千字文より
④自運課題 「歳月浩莫測」楷書
⑤自運課題 「歳月浩莫測」行草体

多い(´Д`)行草体ってなに?
・・・っていうか、高貞碑とか趙孟頫とかいきなり書けっていわれても(;´Д`)

とにかく、お手本見て、練習書けるだけ書いて清書しました。


教室_201702_昇試1


教室_201702_昇試2


教室_201702_昇試3


教室_201702_昇試4


教室_201702_昇試5

なんだいこりゃ!?(´・ω・`)って感じですが、限界です。
今までの昇格具合からすれば、こんなもんかもしれませんが、これで入段していいのかは甚だ疑問です(--;入段からいきなり厳しくなることも予想されるので、今回はとりあえず出してみた・・・って感じです。

・・・っていうか、とりあえず疲れました(+_+)発表は、5月号です。



【独学毛筆】2017年1月の競書

書の教室1月の課題の清書をしました。
この間、年末の清書ラッシュでヒィヒィ言ってたと思ったら、もう1月も終わって、今日から2月だそうです(;´Д`)・・・ということは、あまり練習できかなったということです。

一応、反故紙が詰み上がるくらいは書いてみたのですが、そんな簡単に書けるようにはなりません(+_+)

まず、半紙漢字の部
教室_201702_半紙漢字

とにかく書いて出したのですが、なんだいこれは?(-"-)練習はじめの頃の方がよほど書けてました。

書の教室では、半紙仮名部の初級課題が1月号から初心者用の「いろは」の課題にリセットされるようで、これは始めドキか?ということで、書いてみました。
教室_201701_半紙仮名
ダメダメっぽいですし、オーバーワークで続くのかどうか分かりませんが、ちょっぴりずつでも書いておけばペン習字の方にもイイコトあるかな?と期待して、とにかく書いて出してみることに。

一応、お道具として小筆と仮名用半紙と仮名用墨汁は買ってありました。

■硬筆部門の昇段試験
さて、硬筆部門の昇段試験です。
月例課題のマス目課題と行書文課題、そして自運の横書き課題の3問を提出します。

受験料3千円と少しかかりますが、せっかくなので受けてみます。

①マス目課題
教室_20170130_試験1

②行書文
教室_20170130_硬筆試験2

③自運ヨコ書き(書体自由)
教室_20170130_硬筆試験3

マス目課題は、楷書と行書があるのですが、どちらも同じ文で、楷書か行書かどちらかを選んで書きます。今回は、楷書を書きました。
自運の横書き課題は、書体自由とあったので、楷書で書きました。苦手な横書きな上に、文章が長くて入り切りません(´・ω・`)これ、出題ミスでは?・・・なんとか無理やり詰め込んで書きました。ダメダメですが、詰め込むので力尽きてこれで出しちゃいました(+_+)

ここは、普段の競書昇格もそんなに厳しくないので、これで大丈夫なのでは?(←甘いのでは?)
合格発表は、4月号(3月末発行)の誌面上で発表だそうですが、成績が4月10日ごろに各自に返送されるとのことです(どーゆーこと?(。´・ω・)?)ここは、段位になると登録番号が付与されて本格的に「仲間入り」させてくれる制度のようなので、番号が送られてくるのかな?




【独学毛筆】2016年12月の競書

書の教室12月の清書をしました。

気がつけば、今年も残すところあと2日(´Д`)この独学毛筆も1年経ちました。今回届いた1月号で書の教室もなんと丸一年です。「矢の如し」すぎます(+_+)

1月号の競書結果は、半紙漢字の部は1級となって昇段試験を受けるまで昇格はありません。1級からはここは「天・地・人」ではなくて「A・B・C」に分かれており、初めて出した行書作品でしたがB判定となりました。毛筆半紙漢字の部の次回昇段試験は、2月号(もうすぐじゃん!(゚Д゚;))です。

硬筆の部は、やはり初めて出した行書課題で、なんとか昇格し、こちらも1級となりました。硬筆の部の次回昇段試験は・・・ぇ、1月号に載ってんじゃん!(;´Д`)良いのか悪いのか、すぐさま昇段試験です。

昇段試験については、下に書きます。まずは、今月の清書を・・・
教室_20161227_半紙漢字

ぜんぜんダメです(´・ω・`)なんか、練習途中の方が上手く書けてたような・・・でも、時間切れなのでこれでだしちゃいました。

硬筆の部も、前回に引き続きタテ書き行書課題で・・・
教室_20161227_硬筆

ここのタテ書き行書は、草書っぽい字も混じって、ご覧の通りシブい書きぶりです。前回は、上手く書けずに少し芝風会風にアレンジしてしまいましたが、昇格したものの競書の順位ではそんなに良くなかったので、今回はできるだけ書きぶりを変えずに書きました。


■硬筆部門の昇段試験

さて、硬筆部門の昇段試験です。この会では、毎号どれかの部門の昇段試験をやっていて、それぞれの部門で年に2回チャンスがあります。審査もスピーディーだし、精力的です。先生多いんだろうな・・・。

試験問題は、次の3問です。
①1月号の課題AもしくはB
②1月号の課題D
③横書き文(書体自由)
 「紙に書かれた思想は砂に残った歩行者の足跡以上ではない。歩行者の辿った道は見える。だが、歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いねばならない。」

締切:2月10日必着
受験料:3,000円

課題A・Bは、以前に提出していたマス目に字を書く課題で、Aが楷書、Bが行書です。どちらかでいいので、楷書で出そうと思ってます。課題Dは、今出している縦書きの行書文です。クセモノは、3問目の横書き文、自運で書かねばならないのですが、ここの会の三体字典はありません。いや、どなたか先生が書かれてるのかもしれないけれど、今のところ分かりません(´・ω・`)

仕方がないので、一応対策として、会から出てる硬筆のテキストを購入することにしました。ちなみに、この会のための毛筆の参考書としては、清潮会の創始者である故・天石東村先生のご著書、「書の教室Ⅰ楷書編」「書の教室Ⅱ行書編」を入手しています。
book_教室

book_硬筆

なんと、タテ開き(゚Д゚)
book_硬筆2

横へ紙を置いて、見ながら練習できるようにということですね。専用の練習用紙も別売りで販売してくれるようです。中身は、ご覧の通り、書道会派の硬筆です。普段見慣れてる参考書の解説とは少し様相が違いますね。

とりあえず、これを参考に書いてみます。




プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR