【独学毛筆】2017年1月の競書

書の教室1月の課題の清書をしました。
この間、年末の清書ラッシュでヒィヒィ言ってたと思ったら、もう1月も終わって、今日から2月だそうです(;´Д`)・・・ということは、あまり練習できかなったということです。

一応、反故紙が詰み上がるくらいは書いてみたのですが、そんな簡単に書けるようにはなりません(+_+)

まず、半紙漢字の部
教室_201702_半紙漢字

とにかく書いて出したのですが、なんだいこれは?(-"-)練習はじめの頃の方がよほど書けてました。

書の教室では、半紙仮名部の初級課題が1月号から初心者用の「いろは」の課題にリセットされるようで、これは始めドキか?ということで、書いてみました。
教室_201701_半紙仮名
ダメダメっぽいですし、オーバーワークで続くのかどうか分かりませんが、ちょっぴりずつでも書いておけばペン習字の方にもイイコトあるかな?と期待して、とにかく書いて出してみることに。

一応、お道具として小筆と仮名用半紙と仮名用墨汁は買ってありました。

■硬筆部門の昇段試験
さて、硬筆部門の昇段試験です。
月例課題のマス目課題と行書文課題、そして自運の横書き課題の3問を提出します。

受験料3千円と少しかかりますが、せっかくなので受けてみます。

①マス目課題
教室_20170130_試験1

②行書文
教室_20170130_硬筆試験2

③自運ヨコ書き(書体自由)
教室_20170130_硬筆試験3

マス目課題は、楷書と行書があるのですが、どちらも同じ文で、楷書か行書かどちらかを選んで書きます。今回は、楷書を書きました。
自運の横書き課題は、書体自由とあったので、楷書で書きました。苦手な横書きな上に、文章が長くて入り切りません(´・ω・`)これ、出題ミスでは?・・・なんとか無理やり詰め込んで書きました。ダメダメですが、詰め込むので力尽きてこれで出しちゃいました(+_+)

ここは、普段の競書昇格もそんなに厳しくないので、これで大丈夫なのでは?(←甘いのでは?)
合格発表は、4月号(3月末発行)の誌面上で発表だそうですが、成績が4月10日ごろに各自に返送されるとのことです(どーゆーこと?(。´・ω・)?)ここは、段位になると登録番号が付与されて本格的に「仲間入り」させてくれる制度のようなので、番号が送られてくるのかな?




スポンサーサイト

【独学毛筆】2016年12月の競書

書の教室12月の清書をしました。

気がつけば、今年も残すところあと2日(´Д`)この独学毛筆も1年経ちました。今回届いた1月号で書の教室もなんと丸一年です。「矢の如し」すぎます(+_+)

1月号の競書結果は、半紙漢字の部は1級となって昇段試験を受けるまで昇格はありません。1級からはここは「天・地・人」ではなくて「A・B・C」に分かれており、初めて出した行書作品でしたがB判定となりました。毛筆半紙漢字の部の次回昇段試験は、2月号(もうすぐじゃん!(゚Д゚;))です。

硬筆の部は、やはり初めて出した行書課題で、なんとか昇格し、こちらも1級となりました。硬筆の部の次回昇段試験は・・・ぇ、1月号に載ってんじゃん!(;´Д`)良いのか悪いのか、すぐさま昇段試験です。

昇段試験については、下に書きます。まずは、今月の清書を・・・
教室_20161227_半紙漢字

ぜんぜんダメです(´・ω・`)なんか、練習途中の方が上手く書けてたような・・・でも、時間切れなのでこれでだしちゃいました。

硬筆の部も、前回に引き続きタテ書き行書課題で・・・
教室_20161227_硬筆

ここのタテ書き行書は、草書っぽい字も混じって、ご覧の通りシブい書きぶりです。前回は、上手く書けずに少し芝風会風にアレンジしてしまいましたが、昇格したものの競書の順位ではそんなに良くなかったので、今回はできるだけ書きぶりを変えずに書きました。


■硬筆部門の昇段試験

さて、硬筆部門の昇段試験です。この会では、毎号どれかの部門の昇段試験をやっていて、それぞれの部門で年に2回チャンスがあります。審査もスピーディーだし、精力的です。先生多いんだろうな・・・。

試験問題は、次の3問です。
①1月号の課題AもしくはB
②1月号の課題D
③横書き文(書体自由)
 「紙に書かれた思想は砂に残った歩行者の足跡以上ではない。歩行者の辿った道は見える。だが、歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いねばならない。」

締切:2月10日必着
受験料:3,000円

課題A・Bは、以前に提出していたマス目に字を書く課題で、Aが楷書、Bが行書です。どちらかでいいので、楷書で出そうと思ってます。課題Dは、今出している縦書きの行書文です。クセモノは、3問目の横書き文、自運で書かねばならないのですが、ここの会の三体字典はありません。いや、どなたか先生が書かれてるのかもしれないけれど、今のところ分かりません(´・ω・`)

仕方がないので、一応対策として、会から出てる硬筆のテキストを購入することにしました。ちなみに、この会のための毛筆の参考書としては、清潮会の創始者である故・天石東村先生のご著書、「書の教室Ⅰ楷書編」「書の教室Ⅱ行書編」を入手しています。
book_教室

book_硬筆

なんと、タテ開き(゚Д゚)
book_硬筆2

横へ紙を置いて、見ながら練習できるようにということですね。専用の練習用紙も別売りで販売してくれるようです。中身は、ご覧の通り、書道会派の硬筆です。普段見慣れてる参考書の解説とは少し様相が違いますね。

とりあえず、これを参考に書いてみます。




【独学毛筆】2016年11月の競書

書の教室11月の課題の清書をしました。

ペン時代の昇段試験が切羽詰まってきたのですが、やっぱり出さないというのも気持ち悪いので、不出来でも出すことに(´Д`)月始めには、そこそこ練習したもので・・・

とその前に、12月号が届いています。10月課題の結果は、半紙漢字の部、硬筆の部ともにまだ昇格させていただけました。ここは、本当にお優しい(^▽^;)級位の間は、各級位の半数が昇格してる感じです。本当にどこぞとはえらい違い。でも、段位に上がると大変なんだろうな。これで、半紙漢字の部は一級まできてしまいましたから、次は昇段試験を受けないと上がれません。これが結構大変のよう。硬筆は二級となりました。

さて、今月の清書、今月は思い切って行書課題を書きました。
教室_20161128_半紙漢字
はぅ、それっぽいけど・・・こんなん出していいのん?(´Д`)

・・・楷書ばかりで一級まで来てしまったのですが、よく考えると昇段試験では楷・行・草を書かないといけないし、さらには高貞碑だの趙孟頫だのも書かないといけないらしいのです(+o+)まぁ、すぐに受けないにしても、行書、草書も書く練習しないとね・・・。

で、硬筆の部もそれにつられて行書課題を・・・
教室_20161127_硬筆
うひゃ、ここまで一発勝負で書いてきましたが、さすがにこちらは用紙を何枚も無駄にしました(^_^.)だって、お手本がこんなんだもの・・・

行書手本

だいぶ、お手本無視して普段の字に変えて書きました(^^; 優秀作品を見ていると必ずしもお手本通りに書いていない方も多くて、大丈夫かな?と。それと芝風会風の書き方が教室でどう評価されるのかも知っておきたいので、あえてこれで出します。

さぁ、ペン時代、ペン時代・・・



【独学毛筆】2016年10月の競書

書の教室10月課題の清書をしました。
ペン時代の昇段試験とペンの光をやっつけるので、今月も全然ダメでした(´Д`)先月はなんだか気持ちよく書けたのに・・・

でもって、11月号が届いています。半紙漢字の部、一般硬筆の部ともにまだ昇級しています(゚д゚)!しかも、一般硬筆は優秀作品として載りました\(^o^)/(←段位持ちなんだから、控えなさい!)いや、ほんとに他流の段位持ちが級位を荒らしてるようで申し訳ない気持ちになります(+o+)毛筆がメインなので、硬筆の部などは各級位1人しか誌上に載りません。教室で頑張ってらっしゃる方もいるので、こういうのは安易に喜んではいけないなぁ・・・と反省です(´・ω・`)やっぱり編入のシステムは要るかも。

半紙漢字の部は、そろそろ昇級止まってくれないと、昇段試験を受けなければいけなくなります。楷書もろくすっぽ書けないのに、昇段試験以降は北魏楷書やら隷書やら古典の臨書になっていきます。登録制でいろいろとお金もかかっちゃいます。この辺であと1年くらい逗留したいのだけど・・・あかんのかな・・・昇段試験受けなければいいのか?(-_-)

さて、今月のダメダメです。
教室_20161030

硬筆の部は、いつも通り、あたりつけるために一度だけ試し書きしただけのほぼ一発勝負です。教室_20161030_硬筆
つくづくヨコ書き楷書が下手くそだ(;一_一)

来月は、ペン時代の昇段試験の締め切り前なので、毛筆はお休みするかもしれませんm(__)m



【独学毛筆】2016年9月の競書

書の教室10月号が届いています。
もう練習不足でダメダメ(´・ω・`)だったのに、8月競書の結果(「大雅久不作」)は、半紙漢字、硬筆ともにまだ昇級させていただいてます。硬筆部門はともかく、半紙漢字の方は少し畏れ多くなってきた(´Д`)

まぁ、同級のうち半数が昇格しているので、まだ字形がそれなりに取れていればOKな段階なのかもしれません。ここは、段位から氏名が登録されて昇段試験となるので、それまでは緩く褒めて育てる方針なのでしょう。なにせ、教育書道研究会ですから。

これで、半紙漢字は3級、硬筆は4級となりました。

さて、今月の清書です。先月よりかは頑張ったつもりです(笑)
教室20160929半紙漢字

スキャンでは分かりませんが、ペン字と同じで、どうも線や起筆収筆の部分がゴチャゴチャして見えます(´Д`)

そして、硬筆部門は、いつもの通り、ほぼ一発勝負です。お手本コピーした際に一度書いてみたきりです(^^; とりあえず、1級くらいまではこれでいければと期待してます。先月から、楷書の文章を書いています。最初の行が詰まってしまったのと、最後の行が大きくなっちゃったかな・・・。
教室_20160929_硬筆


【筆と紙】
毛筆ですが、先月まで明らかな練習不足ではあったのですが、なんかイメージ道理に書けずに苦心していました。とくに、筆・・・何度も触れてますが、筆は全下ろしなのかそうでないのか・・・全下ろしの筆で書くと墨含みが多すぎて、最初の書き出しなんかとくにボタボタになっちゃうじゃない(;´Д`)

だから、全下ろしはせずに、使いたいところまでを下ろして書いてきているわけですが・・・それでも書き味というか筆の運びが気持ちよくない(´・ω・`)いろいろと筆をとっかえひっかえしてみても、なんか気持ちよくありません。

ちなみに、筆は、鳩居堂さんの鳳陽3号というのを使っています。
IMG_3629_20151231163546a6f.jpg
上の白毛の方で、馬毛と羊毛の兼毛(1,500円)です。馬毛が入ってるので、柔らかいけど腰があります。

練習用の半紙は、とりあえずで買ったやっすい半紙です。
半紙

この半紙に、全下ろしした筆で書くと・・・
べた
どうしても、べたっとなり、墨が水たまりになっちゃいます(>_<)
 
んー、と思いながら、参考書をペラペラめくっていると、こんな記述が・・・
takagi_hanshi.jpg 大人の手習い
(高木聖雨著「大人の手習い漢字書道入門」芸術新聞社)

おお!半紙の裏を使うとな!?(。-`ω-)そんなことしていいんですかっ!

やっすい半紙でいいけど、表はツルツルしてて筆が絡まないから、ざらざらした裏面を使うとよいと!早速やってみると、これがすごいいい感じ(*´▽`*)なんで今まで黙ってたん?(←いや、あんんたが読んでなかっただけ)

筆の毛がしっかり紙をつかんでまとまります。そして、紙面がしっかり墨を吸ってくれるので、これなら墨含みの良い筆がいいというのも納得です。

裏面
払いも、ちゃんと擦れます(*´▽`*)


この高木先生の本は、大人の入門者向けに書かれているということもあってか、結構「好きにして良い」という考え方で書かれていて、とても好きです。

なんか、「筆はこうじゃないといかん」とか「硯はこうでなくちゃいかん」とか、字を書くこと以外でのあんまり意味のないお作法というか決まり事みたいなのを言いません。硯で墨をするのも、気持ちを落ち着けて書に向かう意味があるけど、なにしろ練習しないといけない初心者は、とっとと墨液使って沢山書いた方がいい(とも言える)とか、柔軟なのです(゚Д゚)ノそうだそうだ!

さすがに、清書用紙を裏に書いて良いかは書いてないので、清書用紙はちゃんと表に書きましたよ。清書用紙は、やはり鳩居堂さんのちょっといい半紙を使っています。こちらはやっすいのと違って表のツルツル具合もそれほどではないのでなんとか書けます。

裏面使って書いてみて、これは・・・と思って、最初のころに使ってた呉竹さんの筆を持ちだしてみると、これまた書きやすい!
筆
こちらの筆は、初心者向けの硬めの腰がある筆です。鳳陽よりも硬くて腰があります。

最初のころこれで書いてみていたのですが、なんだか毛が毛羽立って綺麗な線にならない気がして、鳩居堂さんのに変えたのです。だけど、半紙の裏面で書くと、ちゃんと毛が紙に引っかかって毛先もまとまるし、しかも腰があって確かに初心者向け。・・・そういうことか・・・といろんなことが感覚的に納得できました(-ω-)

やはり、筆と紙は大事ということ、そして独学の場合いろいろ試してみるのも大事ですね。
やっすい半紙も残りわずかになったので、もう少しいい練習半紙を購入してみます。


プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR