スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2018年5月課題)

パイロット課題研究楷書編です。

今月の級位認定課題は、「山海の珍味あふれる豪華な 料理を、頂きました。」です。

わかくさ通信の3ページを確認しましょう。
まず、「昇級・昇段のチェックポイント」で前回の課題のチェックをします。ここを読み飛ばす人は少ないと思いますが、自分が大丈夫だったとしても、どういう間違いが起こりやすいのか、そもそも何が間違いになるのかをチェックするのは、後々のためにも大事です。

では、今月の課題の注意点を。
わかくさ通信の「課題の注意点」
・1行目を枠内に上手く収める工夫、2行目が間延びしない工夫をしましょう!
・2行目は下3文字分をあけるようにするとまとまりやすい!
・漢字:かな=10:8
・(中級以上)むやみに連綿しない!

誤字・脱字・規定外注意報!
・「珍」「豪」「華」の書き順や細かなところを正確に!
・句読点は、今回は2行目にあります!
・○「頂きました。」×「頂きます。」

では、A系統~C系統の三体字典の漢字を見比べます。
漢字比較_a 漢字比較2_a
(クリックorタップで画像だけ表示して拡大できます)

一応、注意点を朱で書いていますが、これ以外にもご自身で研究しましょう。とくに、書き順は大事なので必ず間違って覚えていないか確認します。

「山」は、タテ画の起筆をしっかりと打ち込みます。打ち込みは、〇印のところのように、トンと45度斜めに入って抑えます。2画目のヨコ画は少し反らせ気味に書きます。左右のタテ画は、少し外から内へ書きます。
「海」は、「さんずい」の書き方に注意します。「さんずい」は左側へ張り出すように、そして2画目と3画目の間隔を少しだけ広く取ります。 つくり の「毎」の部分も初心者には難しいかもしれません。とくに3画目の折り返した後の角度や長さに注意します。「母」や「毎」やよく使う形なので練習しましょう。
「珍」は、 へん の「王」の書き方に注意します。4画目は、右上へ跳ね上げます。旁の1画目2画目の部分は、「ひとやね」の形です。「人」という字のように1画目が必ず上へ出ているように書きます。中の「彡」は、微妙に放射状になるように角度を変えて、3本目が少しだけ長くなるように書きます。
「味」は、偏と旁の位置関係に注意します。「くちへん」も旁の「未」も基本ですのでしっかり形よく書けるようにします。
「豪」は、画数も多くて難しそうですが、画数が多い方が形を整えやすいように思います。画数多いと字が大きくなりがちですが、大きさに注意してまとめます。左への払いは、「彡」と同じように微妙に角度を変えて書きます。
「華」は、書き順に注意しましょう。長さの違うヨコ画が多いので、それぞれの長さに注意して、間隔もそろえて書きます。
「料」は、普段もよく書く字ですが、実は細かなところで書き癖がついていたりして、書けてる人と書けてない人の差が出る字でもあります。偏の斜めの画の書き方、旁の1画目と2画目の書き方に注意します。

「理」の偏は、「珍」と同じですね。「里」は、ヨコ画が多い字なので、ヨコ画の長さと間隔に注意します。
「頂」は、旁の「おおがい」の書き方をしっかり練習しましょう。

しっかりと、それぞれの系統の字や、もし持っているならお手持ちのペン習字の参考書などでも字を探して見比べましょう。そして、下のワンポイント講座も参考にしていただいて、しっかり個別の漢字の練習をしてから、全文の練習をするのがオススメです。

ワンポイント講座
今回も始めたばかりの人向けです。楷書の漢字の勉強の仕方を説明します。

楷書の書き方には、次の2つの考え方があります。
1.漢字の原産国である中国で古くから書かれてきた古典的な書をお手本にする。
2.文部科学省(旧文部省)で定められた「常用漢字」で示されている字形を参考にする。


少しややこしい話になりますが・・・
漢字は、お隣の中国が原産ですが、実は「楷書の漢字の美しい形」は、唐の時代(7世紀~8世紀)にはすでに完成されていて、日本のお習字でも当時に書かれたものをお手本に練習します。とくに楷書の基本的な書き方は、当時の古典の書の形が絶対的な美しさとして確立しています。

ところが、日本では戦後、GHQの指令により公に使用する漢字の統一が行われ(当用漢字)、その際に「字の望ましい形」も独自に決めてしまいました。そのルールが現在でも、常用漢字や教育での学校漢字に受け継がれています。それで、お習字のお手本である「中国の古典」と異なるところもできてしまいました。

毛筆のお習字では、現在でも「中国の古典」をお手本としますが、実用の意味が大きい硬筆習字、ペン習字では、「中国の古典」の美しい書き方をベースにしながら「常用漢字のルール」は守って書くということになっています。とくに「文科省後援」「硬筆書写技能検定準拠」と謳っている講座や流派では、楷書を書くときは「常用漢字のルール」は絶対となります。「文科省後援」とか「硬筆書写技能検定準拠」ではない講座や流派(とくに毛筆書道の流派に多い)では、その限りではありません。

上の考え方と楷書のカッチリとした形から、楷書では「美しく書くための絶対的なルール」がハッキリと決まっています。楷書を勉強する時には、まずこのルールを覚えなければいけません。

絶対守らないといけない主なルール
1.一点、一画を繋げずに書く
楷書の特徴は、カッチリした線で書こうが柔らかい線で書こうが、必ず点や画は繋げないということです。まぁ、これはいいですね?

2.接筆は、しっかりくっつける
画(線)と画(線)の接するところは、絶対にくっつけて書きます。これは、とても大事なんですが、書き癖のついている初心者には意外とできません。

ダメな例

接筆1
くっつけるべき所がくっついていません。

しっかりくっつけます。
接筆2

ただし、例外やどっちでもいい場合もあります。
接筆3
「日」「月」などのように囲いの中に何かがある場合は、囲いの左上に限り少し離してもいい場合があります。これは、隙間(空間)をあけてスッキリ見せる意味があり、古典のお手本にもこういう例が見られるので間違いにはなりません。ただし、流派によってはここもしっかりくっつけるように指導されるので、最初はしっかりくっつけて練習した方がいいかもしれません。また、「日」や「月」の中のヨコ画の右側や「来」の2画目のように「くっつきやすいけど、 くっつけてはいけない」字もあります。

3.美しく書くための細かなルールを覚える
大昔に「美しい形」が完成した楷書では、細かな字形のルールがはっきりしています。流派を問わず必ずお直しされるポイントで、はっきりしているので、公式のように覚えていくことになります。

とくに基本的なルールをいくつか紹介します。

結びの向き
結びの向き
テレビの美文字講座でも必ず紹介されるルールです。「口」のように中に何もなくて横長の四角は、最初のタテ画は少し下に出し、最後のヨコ画を少し右に出します。「田」や「目」のように中に画がある場合は、2画目のタテ画を少し下へ出します。「里」のような場合も中に画があるので少し下へ出します。

左右の払いのある字
左右払い
タテ画が中心にあって、左右に払いのある字は、必ずタテ画よりも上の位置で払います。「木」や「未」のような払いは、右払いを長く書きます。「小」のような左右に離れた短い「払いのようなもの」がある場合は、右の払いの位置を左よりも若干上に書きます。

偏の右側は揃える
へん
偏は、旁を邪魔しないように右側を揃えて書きます。

その他、漢字のパーツごとに「こう書くのが美しい」というパターンが沢山あります。
つくり

こうしたルールは、ペン習字のテキストの最初の方にまとめて示されていることが多いです。沢山あるので、全部を網羅するのは難しいのですが、少なくともテキストに書かれているルールは身につけないと昇級はしません。

【役に立つ参考書】
パイロットテキスト「漢字編」初級編
「ペン字精習」(上),狩田巻山著
「楷書の基本100パターン」,江守賢治著

漢字はパーツで練習しましょう!
漢字は、偏、旁、冠、構え、などパーツで構成されています。1つのパーツ(部分)の書き方を覚えたら、同じパーツの字すべてに応用できます。上の参考書でも、パーツごとに書き方を示してくれています。楷書の漢字を練習する時は、このパーツを意識して練習するのが近道です。今まで見ていて、これを意識できる人とそうでない人とでは、上達が大きく違うのが明らかなように思います。

では、今月も練習頑張ってくださいね!

 ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)< オマエモナー
(    )  \_____
| | |
(__)_)



スポンサーサイト

【パイロット】2018年5月のお稽古

パイロット5月のお稽古の準備です。

お手元のわかくさ通信5月号、第432回級位認定の結果は、いかがでしたでしょうか。私は、慌てて清書したわりには良い結果でした。課題の相性ってあるよね(-_-)

昇格された皆さん、おめでとうございました。

4月から始められた方は、まだ最初の発表がないのかな?でも、わかくさ通信は穴があくほど見てチェックしましょう。

さて、今月は「漢字」を学びます。
添削課題は、初級が102、中級が202、上級が302です。
B系統初級は、こちら
B系統中級は、こちらこちら
B系統上級は、こちらこちらで。
初級のお手本です。
102-B.jpg
懐かしいなぁ(´ω`*)
全然書けずに練習した記憶が・・・


級位認定課題は、「山海の珍味あふれる豪華な 料理を、頂きました。」です。
山海の珍味・・・なんだろう?食べたい(*´Д`)

とりあえずの自作手本です。
自作手本

タップorクリックすると画像だけ表示できます。
こうしてみると、字粒のバランス悪いかな?まぁ、あくまで目安なので書きながら微調整します。

今月は画数も多いし、小学生よりかはまだマシかな?感情移入もしやすそうだし、頑張って書きます。

今月こそ早めに課題研究書きますね(;^ω^)そのつもり・・・



【パイロット】2018年4月の清書

そして、パイロットの4月の清書です。
今月は、バランスというか、綺麗に見せるのが難しい文でした(+_+)全然綺麗に見えないので、途中で嫌になって練習不足のまま・・・。

まず、添削課題ですが、今月から初級に戻りました。
ひらがなです(笑)ちょっと新鮮(*´▽`*)
π_20180509_添削
・・・といいつつ、ヨタヨタしてます(+_+)書き込み不足も甚だしい・・・。先生、ごめんなさい(←最近、そればっかりやん)

そして、級位認定課題。
π_20180509_級位認定
書きなおそうと思ったのですが、時間と気力がもうなくて・・・。こりゃダメです。こなれ感で誤魔化そうとして失敗した・・・みたいな感じです。なにせ、「小学生」が難しくて、そこばかり書き込んで、その他まで手が回らないうちに時間切れになったという・・・。

もうちょっと書きやすくて、感情移入できる課題文プリーズ!(>_<)



【パイロット】課題研究:昇段を目指せ!(2018年4月の課題)

またもや遅くなりましたが、パイロット課題研究行書編ですm(__)m

こちらの行書編では、中級から上級の方で行書で書くのための(私自身のための)課題研究です。
行書漢字の比較とその他徒然に書いてます。

まずは、漢字比較。
行書比較1 行書比較2 行書比較3
行書には、いろんな書き方があります。それぞれの三体字典に載っているものだけではないので、いろんな字典を見て、相応しい字を探しますが、まずは楷書に近い簡単な行書で練習するのがいいです。

今月は、漢字が少ないですが、「小学生」とか「娘」「遊」とかバランス微妙に難しいですね(´・ω・`)

【連綿】
連綿ポイントは、「になった」と「びます」です。
無理せず1か所だけ入れるなら、最後の「ます」で決まりです。
「になった」の部分は、「にな」か「なっ」かですが、「っ」が半濁音なので「にな」だと据わりが悪いかな?「なっ」を連綿にするか、「にな」を意連にするか・・・。

【ワンポイント講座】
書くことないので、行書編でも4月ということでこれから行書を始める人向けに・・・。

楷書は、学校でも習うし普段も書いているので、なんとなく練習もすぐになじめますが、行書は現代では学校でも習わないので、始める時に戸惑います。とくに、楷書が上手い人は行書に苦手感持ちやすいようです。

私は楷書もヘタッピなので、行書の方が誤魔化せていいんですが・・・(誤魔化すな!)

行書の練習は、まずは、三体字典に最初に載っている楷書に近いものから練習しましょう。もちろん、お手本があればお手本通り書きます。最初は、書き順も「???」となるものもありますが、筆順字典を購入して調べます。

1.書き順字典を購入します。
筆順は、ある程度知ってるし、ネットやなんかでも調べることができますが、様々な形がある行書では、楷書と筆順が異なることも多く筆順字典が役立ちます。もってない場合は、是非購入しましょう。

2.楷書に近い行書から書き慣れましょう。
楷書は文科省が標準字体を上げていたり、点画がカッチリしているので綺麗に見せるための法則が多いですが、行書には、楷書のような決まりが少ないのでいろんな書きぶりができます。上級者や先生の崩した行書を見ると難しそうに感じますが、まずは楷書に近い崩し方の小さい行書で書いてみましょう。手持ちの参考書にも、崩し方の小さい行書と大きく崩した行書のお手本が載っていると思います。崩し方が小さくても「拙い書き方」なわけじゃありません。

3.書き慣れて、それっぽく書く練習をしましょう。

行書を書くのに一番大事なのは、「それっぽく書く」ことです。行書らしい柔らかい線で、「こなれた感じ」を出すのが、行書の妙味です。楷書に近い形でもいいので、少しでもこなれた感じを演出します。楷書で「きっちり、かっちり」書いてきたのに、いきなり「こなれた」と言われても感覚が分かりにくいと思いますが、お手本を何度も書いてみて、ある程度書けてきたら自分が書家にでもなったつもりで思い切って書いてみます。行書は、少々字形がぶれても、「それっぽく」見えた方が得なことが多いです。

4.どうしても難しい字は、トレーシングペーパーでなぞってみましょう。
トレーシングペーパー(トレペ)でなぞってみても、急には上手くならないので、私は基本的にはあんまりトレペは使わないんですが、行書を書き始めたころはどうしてもペンの動かし方がよく分からないこともあるので、トレペを活用しました。トレペでなぞるのは、ペンの動かし方の感覚を掴むのには有効です。その時には、何も考えずにひたすらなぞりましょう。理屈じゃなくて感覚を掴む練習です。お手本の大きさにトレーシングペーパーを切って、束ねて上をホッチキスで止めます。そしてお手本を下敷きにして、ひたすらなぞります。

5.ひらがなも、柔らかめに。
行書の崩し具合に合わせて「かな」も柔らかめに書きます。カタカナが入っている場合は、カタカナも柔らかめに書いた方がしっくりくるのですが、最初はカタカナまで意識しなくてもいいと思います。

あとは、もうとにかく書き慣れるしかありません(´-ω-`)
でも、書き慣れると楷書よりかはずっと楽だと思えるようになりますよ。




【パイロット】ペン習字講座を受講して(5年目のまとめ)

2月の提出と4月号でのその結果発表で、パイロットペン習字講座5年目が修了しました。

パイロットを始めた当初、テキストを見て、「こりゃ最低でも5年仕事だなぁ(+o+)」と思ったのを思い出します。ありがたいことに、5年目早々でナンチャッテで七段にしていただき、級位認定に関しては予想通り5年で修了できたことになります。

ここまで来れたのも、SNSやブログで励まし合っていただいた皆さんのお蔭ですm(__)mいつもながら、感謝申し上げます。

5年目の総括をしておきます。

これまでの総括は、こちら。
1年目のまとめはこちら
2年目のまとめはこちら
3年目のまとめはこちら
4年目のまとめはこちら

期間:2017年3月~2018年2月
添削課題:上級312-B~311-B
級位認定課題:
2017年3月 「町会の役員を頼まれたので、 忙しくなりそうだ。」
2017年4月 「例年より早く、庭先のバラが 美しく咲いている。」
2017年5月 「空を泳ぐ鯉のぼりを背景に、 写真を撮りました。」
2017年6月 「夏至の夕べに、蛍狩りの会が 開催されました。」
2017年7月 「夏スキーを楽しむ外国人が、 多く見られます。」
2017年8月 「知床への旅行で、涼しい夏を 過ごしたいですね。」
2017年9月 「十五夜に、月見だんごを飾って 秋の収穫を祝おう。」
2017年10月 「友人が、ショパンの練習曲を 巧みに弾いている。」
2017年11月 「文体が独特で面白い小説を、 一気に読みました。」
2017年12月 「五年ぶりに、お正月を田舎で 迎える予定です。」
2018年1月 「可愛い猫の写真カレンダーを、 居間の壁に掛けます。」
2018年2月 「雪を眺めつつ、自宅で優雅な 音楽を聴いている。」

5年目添削カード

秋の試験で七段に上がれたらいいな・・・くらいで始まった5年目でしたが、ナンチャッテ昇段で早々に七段にしていただけました。 ナンチャッテ昇段じゃ申し訳ないので、3回優秀作品に載ってから七段を名乗ろう・・・と思ってましたが、残念ながらまだ2回しか載せて貰えてません(´-ω-`)だから、まだしばらくナンチャッテ七段なので、パイロットは6年目も継続します。

七段で出書していて分かったのは、七段の方たちは皆さん上手なので、毎月の順位の変動が激しいということです。下の方に載ってたかと思ったら何かの拍子に上位に掲載されたり、きっと出来具合が拮抗してるのでほんのちょっとの印象の差で順位が決まってるんだろうと思います。まぁ、段位はたいていそうなんですが、とくに七段までくるとそう感じます。

2017_1_20180504113902155.jpg 2017_2_20180504113903cc0.jpg
並べてみると、ヘタッピです(+o+)まぁ、その中でも、自分なりに上手く書けたかなぁ、と見えるものはやっぱりいい評価いただいてる。書いているときは不満足だったり頑張ったつもりだったりですが、後からこうして並べてみると良し悪しがよく分かります。

使用した筆記具は、最近はずっとパイロットカスタム743(プラチナボトルインク)を使っています。

5年目を終えて
今年は、仕事で忙しかったこともあって、あまり集中して練習できませんでした。でも、4年目に引き続き、「自分が気持ちよく書く」ことと、前回までに出したもの以上には書きたいと思いながらは書いていました。昇段を意識しなくてよくなった分、清書は気が抜けていたかもしれませんが、練習の時に細かな気づきみたいなのを楽しんで書くことを意識してたように思います。

上級2年目となる添削課題は・・・先生、ごめんなさい(+_+)なことが多かったです。1年目よりかは上手く書けたと思えることは多かったですが、練習はほとんどできてませんでした。添削課題もそうですが、やっぱり何かプラスアルファしていこうという勉強をしないと上達の速度が緩むと思います。仕事やなんやで気持ちに余裕がなかったので仕方がないですが、今年は現状維持の年だった気がします。

最後に、蛇足かもしれないけれど、5年目を終えてのアドバイス的なことを書いておきます。

・上達に近道なし!だけど遠回りはある!
なんでもそうですが、何かを上達するには練習するしかありません。字を綺麗に書けるかどうかは、もって生まれた能力も大きくて、頭と手の連動がいい人と私のように頭と手がうまく繋がってない人とでは、圧倒的な差があります。連動がいい人は1年ほどで段位まで上がるし、悪ければ何年もかかります。それは仕方のないことなので、自分がどれだけ上達するかを楽しむのみです。ただ、やっぱり上手な人は、地道に書いているということ、そして、ただ書いてるだけじゃないということです。昨年も書いた気しますが、頭も使って、どうやったら綺麗に書けるのか、自分にはどういう練習が必要かをしっかり考えて練習するのが大事です。何も考えずに書いてるだけだったり、練習の仕方が悪かったりすると、足踏みしたり遠回りしてたりということがあります。試行錯誤は必要だけど、闇雲ではダメです。いちばんいいのは、ちゃんとした先生について習うのが近道といえば近道ですが、自力で独学する場合は、自分で頭使って練習しましょう。

その参考になればと、自分の試行錯誤したことや分かったことをこうして書いていますので、今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m(←今年は、ちゃんと記事を早めにアップしなさいよ!)




プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。