FC2ブログ

【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2019年3月課題)

お久しぶりのパイロット課題研究楷書編です。
昨年の11月以来サボってましたm(__)m←気まぐれにもほどがある!!
もうすぐ新年度だし、今年はもう少し記事を書く努力をしたいと思います(**)

さて、今月の課題は、「はかま姿の女子学生たちが、 記念撮影をしている。」です。

すでに練習されていると思いますが、「女子学生、女子学生・・・」と私のようなおっさんが書いてたら、なんかヘンタイな感じになっちゃいます(;´Д`)おっさんの方は、練習用紙を家族に見られないように気を付けましょう。

わかくさ通信の課題の注意点
・漢字のヨコ画の間隔を等しく取るように!
・漢字の画数の多少による字粒の大小に注意!
・ひらがなの「か」の中心に注意!

今回は、なんだかかなり基本的な注意点です。2番目の画数の多少による字粒の大小の問題は、私はそんなに気を付けなくていいと思っています・・・というか「画数が少ない字を大きく書かないように」ということだと理解しています。画数が少ないので、普通に書けば小さく見えるはずなんです。画数少なくて書きやすいから「つい大きめに書いてしまう」というのが本当のところかと。まぁ、感覚的なことだけど・・・。

誤字・脱字・規定外注意報!
・「撮」や「影」は画数多いので、細かなところに注意しましょう。
・「している。」です。×「してる。」にならないように!


漢字比較です。
IMG_20190315_0001.jpg IMG_20190315_0002.jpg

「女」が2回、「子」が2回出てきます。確かにヨコ画が多いです。「記念撮影」は中心を取るのが難しいので、とくに「記」をどう書くかを注意して練習しましょう。
B系統の「女」は少し平たく書かれてますが、A系統やC系統も参考にしてかっこよく書きましょう。

ワンポイント講座
今回は、線の練習について。
初心者の方は、とにかくまずは字形をよく倣うことを強調してきました。手書きの漢字・ひらがなの字形は、活字とは違うし、最初はなかなか書けないものです。字形を習う一番の方法は、お手本を拡大して一字一字、点画の位置取りをしてとにかく大きく書いてみることです。前回(11月の(-_-))記事を見てください。

→【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2018年11月課題)

字形がある程度とれてきたら、線にも注意しましょう。
いわゆる「線質」は、感覚的なものなので、なかなか説明するのは難しいんですが、感覚的でいろんな要素があるので個性が出ることころでもあります。

線質に関係があると思う要素としては、ペンを正しく使えてると仮定して(ペン先の向きや角度がある程度正しく使えてるとして)、
1.筆圧(と筆圧の強弱)
2.筆速(と筆速の速遅)
3.そのミックスとして緩急
で決まるとここではとらえることにします。この3つでいかに「滑らかさ」「力強さ/繊細さ」をつけるかです。

まずは、「滑らかさ」です。滑らかさにも程度がありますが、最初は、「ガクブル」してない線を書く練習をしましょう。

1.筆圧
皆さん、ペンはデスクペンのEFニブを使われていると思います。書き慣れない万年筆のしかも極細のペン先で、最初は線を引くのもやっとだったと思います(私はそうでした(*_*))。紙はいろんなものがあって、表面が加工されたツルツルした紙もあるでしょうけど、ペン習字の場合は上質紙のコピー用紙(再生紙じゃないもの)がいいでしょう。コピー用紙も滑らかに見えながら表面はある程度ザラザラしていて、そこへ極細のデスクペンで書くわけですから、抵抗があって線がガタガタしてしまうわけです。

私は、とにかくガタガタせずにまっすぐ線を引くために、最初の1年は筆圧をかけて力ずくで摩擦に抵抗していました。上手くねじ伏せれば、これでもガタガタは少なくなるかと思いますが、ペンを上手く使えてるとは言い難い武骨無粋な線になってしまいます。ペンの弾力もへったくれもありません(´・ω・`)

万年筆の良さは、インクがスムーズに出て、力をかけずに字を書き続けることができるということです。私もそうだったので他人のことは言えないのですが、お高い万年筆を買いそろえてながら、筆圧でねじ伏せて書いてる人は、宝の持ち腐れ・・・な人なわけです。

基本的に万年筆(デスクペンも)は、ペンを手のひらに載せて引きずるだけで線が書けます。しかも、普通に書くより滑らかな線になります。力が加わらない分、摩擦が減るから線もガタガタしません。
これは、ペン軸のお尻をつまんで引きずってるだけです。
つまり、できるだけ筆圧を抜いた方が摩擦が減って滑らかに書けます。

筆圧強い人が筆圧抜いて書くのは練習が要りますが、筆圧弱めて書けるようになったら強めて書くのは簡単です。

2.筆速
書くスピードによっても、線は変わります。毛細管現象によって、インクはどんどん紙に出ていくので、ゆっくり書くと濃い線になります。たとえば、点画によって軽くハネないといけないところをジワジワ動かすとシャープなハネにはなりません。行書の続けるところなんかも、早く動かさないと連綿ぽくなりません。一字の中でもゆっくり書くところと早く書くところがあり、それが線の立体感みたいなものを生みます。

ただし!
久しぶりにペンを持ったら、上手く字が書けない・・・とかなるのは、たいてい書くスピードが速いからだと思います。上手く字形をとって書くには慎重さも必要で、落ち着いてゆっくりと書くことも大事です。字が下手くそになるのは、書くスピードを落としましょう。意識しないと意外と難しいですよ。

3.ミックスして緩急を出す
筆圧とスピードを併せて使うことで、1字、1文の中に緩急を表現することができます。いきなり一字一文でやると大変なので、まずは1画1画で書いてみます。
スマホで撮りながらなのでぶれちゃってますが、筆圧を少しずつ弱めたり、スピードを変えながら書いてみます。もちろん、タテ画だけじゃなくてヨコ画や左右の払いなんかも。ヨコ画書くときには、等間隔で書く練習も一緒にすればいいと思います。打ち込むところ、一定の筆圧をかけ続けるところ、抜くところ、を意識して書きます。

最初は、なかなかうまく書けないかもしれないですが、これを練習の前後や合間にやって、課題を書くときに一番良さそうな筆圧やスピードを意識して書きます。点画が気持ちよく書けたら、1字を意識して書いてみます。この繰り返し。

私は、暇さえあれば手遊びでずっとこんな落書きしてました。

最近の優秀作品を見ると、皆さん線が綺麗で羨ましいです(´・ω・`)
私はいまだに安定しません。サボり明けとかで上手く書けない時には、ときどき思い出して意識してコントロールしてます。


【パイロット】2019年3月のお稽古

というわけで、2019年3月のお稽古の準備です。久しぶり!サボりすぎ!

2月の提出で、パイロット6年目が終了しました。継続案内も届いて、どうしようかと思いつつ継続手続き完了。まぁ、いくらでも継続はできるんですが、「講座」としてはもう初級~上級まで2回ずつやって、段位も最上段になって、本来は卒業すべき段階にきてます。まぁ、別に辞めなくてもいいんですけど・・・七段で10年とか続けてらっしゃる方もいらっしゃるようですし。ただ、講座の学習としては、「もう終わりですよ~」ってところに来ているということです。「添削課題が毎年一緒でつまらない」とかいう話もチラホラありますが、まぁ、それは「講座」とはそういうもんですにょ(^▽^;)って思います。

さて、わかくさ通信3月号が届いています。
第442回級位認定課題(「着物で参拝した神社・・・」)の結果は、いかがでしたでしょうか。私は、評価が良かった年末の課題とくらべるとあまり書けなかった・・・と思ってたのですが、これまた存外にいい順位でした。まぁ、自分が書けたかどうかと、「他の作品と競べてどうか」はまた違うので、それなりに評価していただける良いところもあったんだろうな・・・と、・・・もしくは私の知らないところで何かのタクラミが???(-_-)

昇格されたみなさん、おめでとうございました。

さて、今月は「タテ書き」を学びます。
添削課題は、初級が112、中級が212、上級が312です。
3月入会の私は、初級の続きで112を書きます。4月からどうしようか(´・ω・`)
112-B.jpg
懐かしい、長身のかれ!初めて出した課題です。

級位認定課題は、「はかま姿の女子学生たちが、 記念撮影をしている。」です。

とりいそぎ作った自作手本がこちら。
自作手本
ちょっと並べ方が雑いかな(-_-)
「女」は、B系統の字典の字がひらべったい感じだったので、PCで少し縦方向に引き延ばして使ってます。いや、もともと「女」はひらべったい字だったので、ひらべったいのがイケないのではないんですけど、他の字に合わせてということです。

何度も書いてますが、切り貼りで自作手本を作る方は、あくまでそれは「切り貼り」であって「お手本」じゃないということに注意です。そもそも単体で書かれたバラバラの字を切り貼りしただけなので、それに忠実に書いても良い作品にはなりません(初級1年目の人は別として)。あくまで参考なだけで、書きながら最終的に自分なりに調整して書くことが大事です。

あと、切り貼りは自分の系統の字典を使ってますが、級位認定自体は、系統に関わらず自分なりに研究した書きぶりや字形で提出することになっています。「B系統らしくないから昇級させない」とかではありません。審査する先生も系統の先生が当たってるとは限らないとのことです。

ではでは、今月も頑張りましょう。


【パイロット】2019年2月のお清書

パイロット2月の清書をしました・・・
いや、あまり清書になっていないのですが・・・(--;

書いてはみたものの、級位認定の方はなっとくいかず、添削課題の方は明らかに失敗してますが、ちょっとバタバタしていて書きなおす気力も余裕もなく、そのまま投函。良い子は真似しないでね(+o+)

添削課題です。
π_20190309_添削

他はともかく、しんにょうは完全に失敗です。書いた瞬間「あっ(;´Д`)」ってなるやつ(笑)
他も、線がグダグダです(+o+)せんせい、ごめんなさい。

級位認定課題
π_20190309_級位認定
級位認定課題の方は、「級」の字が最後まで書けず・・・「級」ばかりに気が行って2行目の「ように」もグダグダに・・・orz 線がグダっているのはいつものことながら、ひらがなが続くこの部分は美しく締めないといけません。ヨコ画も多いので、右上がりの癖が出るとクドイ感じになると思ってはいたけれど、なんとも中途半端な感じです。

最近、本人の存外にいい評価いただいてるので、かなりプレッシャーになりつつある(ーー; まぁ、思い切って一度沈めば、また気が楽になるかも。

ブログに載せてるからって良い作品とは限りません。よいこは真似しないでね!

【パイロット】2018年11月~1月のお清書

あけましておめでとうございますm(__)m ←えっ!?いまごろ?

ご無沙汰しております(^^; 年末からブログをサボりにサボって、え?もうバレンタインデー過ぎたの?もうひな祭り?みたいな感じになっています。

年明けから1月2月と、自分でもなにがなんだか分からないまま過ごしてしまいました。なんかもうこの2カ月で1年分過ごしたような・・・いやあっていう間だったような・・・今年はなんだか不思議なスタートでした。

ネタ切れのショボいブログなのですっかり忘れられてるかもしれませんが、ぼちぼちとブログも書いていきたいと思います。

とりあえず、更新してない間も、パイロットとペン時代は出書してました。肩慣らしに11月から1月までのパイロットの清書を晒したいと思います。

11月の級位認定課題
π_20181209_級位認定
ここんとこ、月末あたりから急いで練習して出してる感じで、この回もなんとか書いたって感じです。ちょっと勢いで誤魔化してます(--;余裕がないというか、余白が足りないというか・・・あと、右上への跳ね上げが次の画に繋がってないとか・・・あまり良い出来ではない気がしますが、順位的にはまぁまぁいい評価をいただきました。

添削課題
π_20181209_添削
宛名書きです。級位認定の帳尻合わせで時間がなくなって、何枚か試し書きしただけです。先生、ごめんなさい(**)

12月の級位認定課題
π_20190108_級位認定
上の透明水彩と違って、ソフトに落ち着いて書きました。2行目の「して」を失敗して伸びやかに書けなかったし、最後の方の字粒も自分のイメージより微妙に大きくなったのですが、これも締切りに追われて諦めてそのまま出しました。が、評価はびっくりの高評価!(@_@)びっくり

添削課題
π_8308_掲示文 
掲示文です。書初め気分でお正月に3日くらい練習しただけです。毎年掲示文はそんな感じ。1年目よりかは少しまし・・・っていう程度(-_-)年に1回しか書かないからね・・・掲示文。

最後に1月の級位認定課題
π_20190209_級位認定
練習不足すぎて、線が思ったように書けないままの清書でした。「し」からの連綿が書けないなら書くなよ・・・(--;って自分で自分にツッコミながら・・・

添削課題
π_20190209_添削課題
ひらがなは、誤魔化してきたけど、初級のひらがなを書くと本当の実力が知れちゃいますね(**)
この初級のひらがなをきちんと書けないと、「先生」にはなれないだろうな、と思います。

この半年、締切り前に帳尻合わせしてギリギリに清書する感じになってます(回数で言うと100回も書いてないかも・・・)。もう昇格関係ないし、まぁいいか・・・で出してるのですが、思いのほか高評価をいただいていてビックリしてます。パイロットの級位認定形式に最適化されてきたのかな?あと、締切りギリギリなので、全体のバランスにだけ気をつけてできるだけ素直にまとめようとしてるのが功を奏してるのだと思います。


【パイロット】2018年12月のお稽古

パイロット12月のお稽古の準備です。
もう今年最後の課題・・・きっと投函は年明けにするけれど(-_-)・・・ですね。早いものです。

わかくさ通信の12月号が届いてますね?届きましたよね?ね?(←なんですか?)
第439回級位認定(「次男が、初めて公式テニスの・・・」)の結果は、いかがでしたか?私は、思いのほかいい結果でした。ここんとこ、練習不足の駆け込み書き込みの割には、安定していい結果が出ています。たぶん、審査する先生は毎月まちまちなはずなので、安定して評価してもらえてるのは良いことでしょうか。練習不足なので上手くなってる気はしないですが、唯一心がけてるのは、パッと見の安定感なので、やっぱりパッと見の印象が大事なんだと思います。ぱっと見がいいのにも、きっといろいろあって、「豪快でいい」とか「バランスがいい」とか「明るく見える」とか、自分のいいところを活かしてぱっと見よく見える感じに書くことですね。

昇格されたみなさん、おめでとうございました。

さて、今月は「掲示文」を学びます。
添削課題は、初級が109、中級は209、上級は309です。
B系統中級は、こちら
B系統上級は、こちら
B系統初級は、こちら。
パイロット109B (2)

今年もこの季節がやってきました。掲示文は、自分でB4用紙を用意し、油性マーカーで書きます。
初めて書く人は、用紙とマーカーに十分注意してください。マーカーは、硬筆書写技能検定で指定されている丸芯の「油性」マーカーのことです。用語では、「フェルトペン」となっていますが、小学校のころに書き方で使ったあの細いフェルトペンとは違います。中字の丸芯の油性マーカーを使いましょう。

初めて書く方は、こちらの記事を参照してください。

臭い中字マーカーは、廃盤となったようです(そりゃね、あんだけ臭いと・・・あ、ここで臭い臭いって書いたからか?もしかして・・・(´・ω・`))。後継製品は臭くはないようです。
分からない人は、素直にパイロットで用意してくれている掲示文セットを買うのも手です。

級位認定課題は、「久しぶりに、母校の同窓会に 参加して楽しんだ。」です。
とりあえずの自作手本がこちら。
自作手本

印象では、書きやすそうな課題なので、バランスや書きぶりで結構ハイレベルな戦いになるのでは?と思います。

では、年末忙しいでしょうが、横着せず練習してくださいね。(←だから、お前もな(-_-))


プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR