【パイロット】課題研究:初心者昇級への道(2017年7月課題)

パイロット課題研究楷書編です。

今月の級位認定課題は、「夏スキーを楽しむ外国人が、 多く見られます。」です。

わかくさ通信の「課題の注意点」
・カタカナの字形に注意しましょう!テキスト「かな編」p.26~p.33をよく見て!
・「多」は縦並びになるように!
・二行目のひらがなが大きくなり過ぎないように!

誤字・脱字・規定外注意報!
・○「外国人」ですよ!×「外人」とか×「宇宙人」ではありあません!(間違いません(´・ω・`))
・「外」が意外と間違う人いるかも・・・


π_20170718_漢字比較
(画像は大きめのものを貼り付けてます。小さくて見づらい場合は、タップorクリックで画像だけ表示して拡大して見てください。)

「夏」は前回も出たので、先月の課題研究を見てください。
「楽」は、なんといっても「木」のヨコ画を長く書きましょう。活字では方形になりますが、書き文字では全体的に円形に収まるイメージです。
「外」は5画しかないので、大きくなり過ぎないように。旁の「ト」の字は最後の画を長めにとって、「タ」と同じくらいの幅になるように書きます。
「国」は、中の「玉」と「くにがまえ」の上下空きが同じくらいになるように書きます。僕はいつも注意されます(+_+)
「人」は、2画目を少し長めに書きます。活字のように左右同じではありません。1画目を少し立て気味に(立てすぎない)短めに書くとうまく行く気がします。
「多」は初心者には難しい字の1つですね。注意点にもあるように、タテに並べるイメージで書きます。三体では結構スリムな形になってるものが多いですが、1行目の「外国人」がそこそこ幅をとるので、あまりスリムに書きすぎると2行目がやせ細って見えます。少し幅を持たせる工夫が必要かもしれません。
「見」は、「目」の書き方の基本と最終画ですね。最終画は、底を少し反らせて、最後は上に跳ねます。

【ワンポイント講座】
ネタ切れなので、簡単にカタカナの話しです(^^;

カタカナは難しい、カタカナは苦手(+_+)
・・・と上級の方でも言います。僕も苦手です(´・ω・`)

理由は、いくつかあると思います。
1.形が単純で、ちょっとしたブレが見た目に大きく影響する。
2.漢字やひらがなと並べた時に調和して見えるように書くのが難しい。
3.単純な形すぎて字粒を揃えるのが、意外と難しい。

でも、たぶん一番は、カタカナの入った課題を書く機会が少なくて、普段もあまり練習してないからだと思います。

そんなカタカナですが、初心者のうちは、それ以上に形をとるのが意外と難しいと感じると思います。

初心者でカタカナを書くときに注意すべきは、次の2点です。

1.外形
カタカナは、字粒の大小がなく、すべてほぼ正方形に収まります。「ニ」「ヘ」「ハ」などの扁平な形、「ト」「リ」「ミ」などのように縦長の形はありますが、どれも同じ大きさの正方形の中に全部収まるイメージです。

パイロットのテキスト「かな編」34ページを見ましょう。
IMG_20170719_0005.jpg
この形を意識して書きます。

2.角度
外形が決まっていて、単純な線で構成されているので、画の角度が重要になります。たとえば、今回の「ス」「キ」を見ます。

   ス ス_B ス_C ス_D
(パイロットテキストのカナ A,B,C,Dの順)
少しずつ書きぶりは違いますが、これを重ねてみると・・・
ス重ね
角度がばっちり重なります。

※「ス」は、左へは払って、右は「トメ」ます。これ間違うと、必ずチェックはいります!


キ_A キ_B キ_C キ_D
「キ」も難しいですね。
キ重ね
若干、ブレが出てますが、やっぱり「角度」だと分かります。

カタカナは、線の長さと角度、これしかないので、実は簡単なこと・・・なはずなんですが(´・ω・`)練習しないとやっぱり書けませんね。



スポンサーサイト

【パイロット】2017年7月のお稽古

パイロット7月のお稽古の準備です。

先日、報告しましたとおり、わかくさ通信7月号第422回級位認定(「空を泳ぐ鯉のぼり・・・」)の結果は、なんと最高段位のトップになっちゃいましたm(__)m 始めた当初は、銀河の彼方・・・ほど遠く感じていたゴールにたどり着いちゃいました(←贔屓だ!たまたまだ!)いや、ほんと、たまたまです。これからコンスタントに七段の良い位置をキープして初めて本当の七段の実力となるのです。まだまだ続けますよ。

それに、パイロットの講座は、やっぱり一般向けの講座ですから、流派の競書で言えばまだまだ道中半です。

・・・まだまだ旅は続きます。

昇格されたみなさん、おめでとうございましたm(__)m


さて、今月は、「タテ書き」を学びます。
添削課題は、初級が104、中級が204、上級は304です。
B系統初級は、こちら。
B系統中級は、こちら。
B系統上級は、これです。
304_B_20170716081700ac9.jpg
昨年も書いたはずなのに、ぜんぜん覚えてない(´-ω-`)あ、そうだ、去年は体調不良でほとんど練習せずに出したんだった・・・今年は、ちゃんと練習して出しますm(__)m

級位認定課題は、「夏スキーを楽しむ外国人が、 多く見られます。」です。
また「夏」だ(+_+)しかも、夏スキーってどこでやってんだ!?

とりあえずの自作手本がこちら。
自作手本

自作手本は、あくまで目安にするために作っているものです。自分で適当に並べてるだけなので、本当のお手本じゃありません。初級のうちは、字形や布置もままならないので自作手本でも十分にお手本になりますが、中上級になるといろいろと工夫が要求されます。自作手本はあくまで参考程度に使うよう、くれぐれも注意しましょう。




【ペン時代】2017年6月の清書

ペン時代6月の清書をしました。

・・・(;´Д`)スキャンできてませんでした

多用でギリギリの清書になって、スキャナとPCの接続がなんだか不調?とか思いつつも動いたので油断して確認できてませんでした。

仕方がないので、添削していただいたのを載せときます。

いつもの四字熟語です。
森_20170716_四字熟語
雁とか歳とか、なんだか苦手だということが分かった課題でした。

自由出品は、久々のはがき文を書きました。
森_20170716_ハガキ
文面!(´・ω・`)
清書の時は、なんだか不調で固い清書になってしまいました。

スキャンも含めて、次回から気を付けますm(__)m



【パイロット】2017年6月の清書

パイロット6月の課題の清書をして、昨日投函しました。

梅雨真っ盛りで、紙が湿気てペン習ジャー(なに?)泣かせの季節です(´・ω・`)
先月あたりからデスクペンじゃなくて万年筆で書きたい病なのですが、5月の課題の清書で派手に擦ってインクで清書を汚しちゃったので、今月は我慢してデスクペン極細1号くんでの清書となりました。

π_20170707_添削
添削課題です。昨年は、行草書が縮んでしまってるという注意を受けたので、今年はできるだけ伸び伸びと書いたつもりですが・・・あんまり書き込んでないのはバレバレです(´・ω・`)

π_20170707_級位
級位認定課題の方は、清書直前になってなんだか崩れだして、イマイチな出来に(´・ω・`)(←いつも同じようなこと言ってますよ!)1行目がなんだかショボくなった気がします。

先月のと並べてみましょう。
最近比較

先生が書いたものや他人の書いたものは客観的に見ることができますが、自分が書いた作品はなかなか客観的に見ることができないので、ときどき自分が書いたものを並べて評価してみることって、すごく大事だと思います。

ここ数回の作品では、こんな感じ。やっぱり前回の「鯉のぼり」は万年筆で書いて線がいつもと違うという以外にも、全体的にバランスが取れています。「庭先のバラ」はこうして見るとやっぱりダメですね。字粒がバラバラです。清書時に「庭先」を大きくとか書きなおしたのが裏目に出てしまってます(+_+)今回の「蛍狩り」は、やっぱり1行目が貧弱なように思います。「夕」「蛍狩」「会」あたりをあとほんのちょっと伸び伸び感出して書いた方が良かった・・・。

まぁ、今回は時間切れということで(´Д`)もう一枚書く時間がないくらいギリギリになっちゃった。



【パイロット】七段になれちゃって(~_~;)(顛末)

パイロット6月の清書はまだですが、わかくさ通信7月号が届いています。

先月号(6月号)で、ついに七段に昇格したことについてビミョーな書き方で報告しましたが、7月号が届き、一応落ち着いた(?)感じなので、あらためて顛末を書きます(;´・ω・)

【パイロット】七段になれなくて( ノД`)(2017年4月編その1)
【パイロット】七段になれなくて( ノД`)(2017年4月編その2)
【パイロット】七段になれなくて( ノД`)(2017年4月編その3)
【パイロット】七段になれちゃって(~_~;)(2017年6月のお稽古)

先月、6月号が届いて、合格者の末尾に自分の作品が載っていて、ひと騒ぎ喜んだあと、他の方の作品を見ていると・・・

ん!?(。´・ω・)?

・・・ってなりまして・・・。

・・・なんか僕のとチガウ・・・(。´・ω・)?

・・・ってなりまして・・・。

字の並びが他の方と一部違う!(;´Д`)


・・・ってなりまして・・・。

そうです、賢明な皆さんには、もうバレバレなんだと思いますが、なんとやらかしてました(>_<)

漢詩の後半で、一文字語順が間違ってるではありませんか!!(;´Д`)

・・・自作手本を作る時に、わかくさ通信の課題文ではなくて、課題の「鳥鳴澗」の解説サイトを見ながら作っていたのですが、どうやらその部分の字を並べる時にチラ見してしまった「書き下し文」の順番に漢字を並べちゃったようです(´Д`)(←そそっかしいにもほどがある!)

えーーー!?( ゚Д゚;)嘘でしょ!?嘘だと言って!


・・・となったのは、いうまでもありませんが、でも、それでも合格者として載っちゃってます(+_+)なんたることか

しかし、審査は4系統の先生方でやってるはずで・・・複数の先生の目を通ってるはずで・・・あまりに平然と書いてるので、よもやそんな所で間違ってるわけない、とすべての先生が見落としたのか・・・それとも「あ、アホやなぁ・・・上手く書けてるのにもったいないなぁ・・・でも、六段も人数増えてきたし上げておいてやる?」みたいな話になって先生方みんなで目をつむってくださったのか・・・(;´Д`)

4年間、ずっとこの日を目指してきたのに、なんだかモヤモヤした結末に!(´-ω-`)


たしかに、「今回は、受かるはずない、秋の試験に向けてのお試し受験や」と本気で思っていたので、とにかく恰好つけて出すことだけ考えていて、清書前にチェックしたりとか課題文見直したりとかという作業をいい加減にしちゃったんですよね(´-ω-`)だって受かるとはホントに思ってなかったから・・・

あまりに、モヤモヤするし、正直に5月の清書の際に、通信らんに一応のお礼と「ほんとに合格でよろしいのでしょうか?お見逃しいただいたのでしょうか?」ということを書いてみたのですが、「合格取消し」の通知が来るわけでもなく・・・でも、ひょっとしたら、7月号で「先日発表しました合格者の中で・・・残念ながら・・・取消し」みたいな訂正が載るのでは?(´Д`)とかも思ったのですが、先日とどいた7月号にはそんな記載もなく・・・・

・・・しかも、なんと!七段で優秀作品に載っちゃってるではありませんか!(;´Д`)

ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!ゴメンナサ~イッ!(((;>Д<)))ガクガクブルブル

いや、これで合格となっては本当になんか申し訳ないので、斯くなる上は、七段で優秀作品に載るまで頑張るしかない(>_<)でないと七段名乗れない!

・・・と思ってたのですが、なんとナンチャッテ昇格してすぐにあろうことか載っちゃいました(;´Д`)本当にごめんなさい、ごめんなさい(+_+)(せんせ!贔屓にもほどがあります!やりすぎです!( ゚Д゚))

仕方がないので、本当にお上手で実力のある方々や不備なく頑張ってらっしゃる方々からお叱りを受けそうですが、合わせ技一本ということで、恐縮至極ではありますが七段を名乗らせていただきますm(__)m

・・・本当は、喜んで、はしゃぎまくって、部屋の中で飛び跳ねたあと、でんぐり返りでもして壁に頭ぶつけるくらい喜びたかったですが(´;ω;`)とりあえず、後しばらく、最高段位に恥じない作品を出し続けることでお認めいただきたいと存じ上げたてまつり候・・・(←誰?何?(~_~;))

ひとまず、区切りとして、いつものを貼っておきます。
201705まで


プロフィール

@Sai

Author:@Sai
ようこそ@Saiのブログへ!
本ブログは、私の趣味の記録です。趣味の勉強ノートと割り切ってるので、お見苦しい個所も多々ありますが、よろしければご笑覧ください。
このブログは、2013年6月より開始しております。
2013年3月からパイロットペン習字通信講座を開始しました。
2013年7月から競書誌ペン時代を始めました。
2015年4月から競書誌ペンの光を始めました。
2015年12月からお遊び毛筆始めました。
パイロットペン習字通信講座(B系統)、ペン時代、ペン習字、その他・・・


【常設記事】
ペン字・ペン習字用語集(随時更新)
ペン習字ブックガイド

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ペン字関連のお勧めサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR